即日発行可能なクレジットカード9選【クレジットカードDX】

即日発行可能なクレジットカード

「海外旅行にクレジットカードが必要なんて知らなかった!」
「給料日まで少しの間、お金が足りない?!」
「クレジットカードを持っていないと割引価格で購入できない!」

様々な理由で今すぐにクレジットカードを作りたい場面に遭遇することがありますよね。
私自身、上記すべてに遭遇したことがあります(^^;

しかし、改めて調べてみるとほとんどのクレジットカードは、申し込みから手元に届くまでに数週間かかることがわかります。
即日発行やスピード発行に対応しているクレジットカードはごく少数なんですよね。

また、クレジットカードは長期的に利用していく前提の場合が多いので、即日発行できるクレジットカードの中で更にライフスタイルに合った利用ができるクレジットカードを選択したいところです。

様々なことを考えた場合、どんなに急いでも下記4項目は確認するべきでしょう!

【最低限確認すべきこと】

  1. 申し込みから発行までの流れ
  2. 年会費が無料か有料か
  3. ライフスタイルに合った使い方ができるか
  4. 利用したい支払い方法があるか

緊急で時間のないあなたに結論からお答えします!
選んで失敗のない、発行スピード&利便性が高いクレジットカードをランキング形式でご紹介します。

Contents

即日発行可能なクレジットカード9選

クレジットカード即日発行おすすめランキング
※当社調べ

「今すぐに使える即日発行のクレジットカードがほしい」
そんな人に今すぐ役立つ即日発行可能なクレジットカードをご紹介します。

即日発行のクレジットカードは審査が厳しそう…
今すぐにキャッシングしたいけど、キャッシング枠もつけられるかな?
自分では選べないからおすすめを教えてほしい!

皆さんのいろいろな希望に応えられるようラインナップが揃っていますので、是非参考にしてくださいね。

1位 アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

【おすすめポイント】

  • 消費者金融の審査基準で安心感のある審査
  • 今すぐお金を借りたい人にも対応できるキャッシング枠
  • 豊富な支払い方法で無理なく完済できる

アコムACマスターカード最大の魅力は最短30分の審査時間と最短即日の発行スピードです。
即日発行のハードルとなるクレジットカード受け取りも全国各地610か所(2018/10/01時点)に設置のアコムの自動契約機(むじんくん)があるので無理なく受け取ることができます。営業時間も一般的な窓口より長く、平日はもちろん、土日祝日も毎日8時〜22時まで営業しています。即日発行の可能性が最も高いクレジットカードです。

また、通常即日発行のクレジットカードでは難しいといわれるキャッシング枠もしっかり審査してくれるので、即日融資を受けることもできます。

おすすめ度 評価5
申込方法 ネット、自動契約機、郵送、店頭窓口、電話
受取方法 店頭窓口、自動契約機、郵送
審査スピード 最短30分
利用可能まで 即日利用可能
年会費 永年無料
国際ブランド Master card

【即日発行までの流れ】

申込方法、クレジットカードの受取方法共に豊富に用意されているアコムACマスターカードですが、即日発行をより確実にするためには「ネット申込+自動契約機受け取り」がおすすめです。

アコム公式ホームページのクレジットカード「今すぐお申し込み」に進み必要事項を入力

  1. アコムからの本人確認の連絡を受ける(電話かメール)
  2. 本人確認書類のコピーをスマホアプリかFAXで送信
  3. 審査が開始され、可決となれば「契約手続きのお願い」メールを受信
  4. 契約手続きに同意
  5. ACマスターカード発行に対応している自動契約機でカードの受け取り
【即日発行の注意点】
クレジットカード発行に対応している自動契約機は全国に610カ所(2018/10/01時点)。多くの方にとって身近にある可能性がありますが、必ず事前にアコム公式ホームページから近くにある自動契約機がクレジットカード発行に対応しているかを確認しましょう。

【支払い方法】

支払方法 リボ払いのみ
返済方法 口座振替
ネットバンキング
店頭窓口
ATM(自社、提携、コンビニ)
銀行振込
ショッピングリボ手数料(年率) 10.0%~14.6%
キャッシング利息(年率) 3.0%~18.0%

アコムACマスターカードはいわゆるリボ専用カードになります。
店頭でクレジットカード決済をする時に支払い回数を聞かれた場合に、1回と答えてもそのまま決済できますが、クレジットカード上はリボ払いになってしまうんです。
リボ専用となるとやはり気になるのは手数料ですよね。
アコムACマスターカードの場合、毎月の締め日である20日から翌月6日までは手数料が発生しません。
言い方を変えれば、20日から翌月6日までに請求額すべてを支払うことで1回払いと同じ使い方ができます。

【支払いのポイント】
返済方法が豊富なアコムACマスターカードですので、リボ専用を1回払いとしてうまく使えるような支払い方法を選択すると良いでしょう。
通常のクレジットカードのように口座振替を選ぶこともできますが、口座振替は返済の自由度が非常に低くなってしまいます。
自由度の高いATM返済を選択しておけば、ATM返済はもちろんネットバンキングでの返済もでき、支払額の調整もしやすくなります。

ACマスターカードのお申込みはこちら
【今すぐ現金が必要な方】

今日中にクレジットカードを受け取りに行かれない!
でも絶対に今日中に必要なのに・・・

そんなカードを受取る時間がない方ならアコムの無利息キャッシングがおすすめ

おすすめ理由①
アコムのキャッシングならネットと電話だけで契約まで完了

おすすめ理由②
審査通過後はネットから借入申し込みをすれば口座に振り込まれる

おすすめ理由③
契約日翌日から30日間は何度キャッシングしても無利息

アコムのキャッシング(3秒診断)はこちら

2位 JCBカード

【おすすめポイント】

  • 日本が誇る国際ブランドが発行するプロパーカードのステータス
  • 使い方次第で有料年会費カードを無料で持てる
  • 18歳以上の学生でも申し込みできる

ステータス性が高く人気のJCB一般カードは、プロパーカードにも関わらず即日発行に対応しているクレジットカードです。
但し、カードの受け取り方法が郵送のみになるため、手元に届くのは申込翌日になります。
郵送の手続きなどがあるため、申込は平日11時までに完了させる必要があるので、注意が必要です。

おすすめ度 評価4
申込方法 ネット、郵送
受取方法 郵送
審査スピード 最短即日
利用可能まで 最短翌日
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
国際ブランド JCB

【即日発行までの流れ】

JCBカードの中でもJCBカードWのように即日発行できない券種もあります。
申込時には即日発行に対応している券種であることを確認してください。

  1. JCBカード公式の「カードを申し込む」をクリック
  2. 通常申し込みと最短当日発行を間違えないように「申し込む」をクリック
  3. お客様情報を入力
  4. ネットで口座振替設定(入会申込受付完了後)
  5. カード受け取り
【即日発行の注意点】
有料の年会費ですが、MyJチェック(ネット明細書)登録と年間税込50万円以上のショッピング利用で無料にすることができます。保険なども充実しているプロパーカードですので、年間利用金額がクリアできるのであればMyJチェック登録で年会費を無料にすることをおすすめします。

【支払方法】

支払方法 1回、2回、ボーナス一括、分割、スキップ、リボ
返済方法 口座振替
ショッピングリボ手数料(年率) 15.00%
キャッシング利息(年率) 15.0%~18.0%(ザ・クラス会員は14.10%)

JCBスキップ払い」はJCBカードならではの支払い方法で、1回払いの支払い月を後から最長6か月先までスキップできる方法です。月利0.66%~1.50%の手数料が発生してしまいますが、支払いに困った時の緊急手段として活用できますね。

【支払いのポイント】
支払い方法が豊富で使いやすいJCBカードですが、利息が気になる人や臨時収入があった場合には「まとめ払い」で繰り上げ返済も可能です。増額返済は電話で申込をするだけ。月々の支払い日に口座振替するか指dZ定口座へ振り込んで繰り上げ返済することも可能です。積極的に利用して、手数料の負担を軽減しましょう。

JCBカードのお申込みはこちら

3位 エポスカード

エポスカード

【おすすめポイント】

  • 年会費無料&即日発行定番の安心感
  • 豊富な優待で日常生活が快適に
  • 4回開催のマルコとマルオの7日間に10%オフ優待

丸井に設置のエポスカウンターで申し込みから発行までを即日対応できるエポスカード。年会費はもちろん事務手続きや発行費用、解約手数料などすべて無料で発行できるクレジットカードです。
また、高校生を除く18歳以上でも申し込みができるため、未成年でも利用できるクレジットカードとしても高い人気を誇っています。

おすすめ度 評価4
申込方法 ネット、アプリ、店頭窓口
受取方法 店頭窓口、郵送
審査スピード 最短数分
利用可能まで 即日利用可能
年会費 永年無料
国際ブランド VISA

【即日発行までの流れ】

店舗数は少ないものの北海道から九州まで全国に展開しているマルイ系施設に設置のエポスカウンターで、即日発行が可能です。
ネット、アプリ、店頭窓口、全ての申し込み方法で即日発行に対応していますが、時間を有効に活用するためにネットかアプリの利用がおすすめです!

  1. エポスカードの「ネットからお申し込み」
  2. 希望のカードデザインを選択
  3. 同意事項、規約などの確認と同意
  4. 申し込み内容の入力と、カード受け取り方法の選択(マルイ店舗での受け取り)
  5. マルイのエポスカウンターでカードを受け取り
  6. 口座振替の手続き
【即日発行の注意点】
各エポスカウンターの営業時間や受け取り可能クレジットカードが異なるため、申込前に受け取り予定カウンターの情報を確認しましょう。関東を中心に展開されている丸井で便利に活用ができるエポスカードです。地方では活用の幅がないということではありませんが、飲食店での割引優待など毎日の買い物へのメリットという点では不足します。

【支払方法】

支払方法 1回、2回、3回~36回、リボ、ボーナス1回
返済方法 口座振替
店頭窓口
ATM(自社、提携、コンビニ)
ペイジー(ネットバンキング)
ショッピングリボ手数料(年率) 15%(分割払いも同じ)
キャッシング利息(年率) 18.00%
【支払いのポイント】
リボ払いを選択した場合でもATMや店頭窓口での支払いが可能なので、余裕ができたら増額返済が簡単にできるメリットを持っています。
反対に1回払いやボーナス一括を予定していたものの支払いが難しくなったらリボ払いに変更することもできる比較的柔軟な特徴があります。
エポスカードのお申込みはこちら

4位 セゾンカードインターナショナル

【おすすめポイント】

  • 1、第3土曜日は西友、LIVIN、サニーで5%オフ
  • ETCカードも同時に即時発行可能
  • 専業主婦も学生も申し込み可能

専業主婦が申し込みでき、即日発行にも対応していることから常に人気がの高いクレジットカードです。
審査対応時間が10時から20時と長時間対応しており、1930分までに申し込み手続きが完了していれば即日発行対応が可能です。
即日発行の受取はセゾンカウンターになり、全国展開しているものの店舗数が51店舗と多くありませんので、即日発行を希望する場合には必ず事前に「近くにあるセゾンカウンター」の確認をしましょう。

おすすめ度 評価4
申込方法 ネット、店頭窓口、郵送
受取方法 店頭窓口、郵送
審査スピード 最短数十分
利用可能まで 最短1時間程度
年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメックス

【即日発行までの流れ】

セゾンカードインターナショナルはETCカードも同時に即日発行できる数少ないクレジットカードとしても有名です。通常郵送になるETCカードが即日発行できるのは非常に高い魅力ですね。

  1. インターネットの「オンライン申し込み」に必要事項を入力
  2. 受付完了メールを受信
  3. 申し込み確認の電話を受ける
  4. メールで審査結果を受け取る
  5. セゾンカウンターでカード受け取り

 

【即日発行の注意点】
ETCカードをオンライン申し込みでクレジットカードと同時に即日発行する場合、ETCカード申し込み欄で「申し込まない」を選択し、カード受取方法で「セゾンカウンターで受け取り」を選択する必要があります。
間違えやすい点のため、注意してくださいね。

【支払方法】

支払方法 1回、2回、リボ、ボーナス一括、ボーナス2回
返済方法 口座振替
自社ATM(繰り上げ返済のみ)
提携ATM(繰り上げ返済のみ)
銀行振込(繰り上げ返済のみ)
ショッピングリボ手数料(年率) 14.52%
キャッシング利息(年率) 12.0%~18.0%

一般的な支払い方法が選択でき、インターネットサービスNetアンサーを利用することで1回払い、2回払い、ボーナス一括払いで購入した明細を後からリボ払いに変更することができます。
但し、1回払いを2回払いやボーナス払いに変更することはできないので、購入時によく考えてから決済しましょう。

【支払いのポイント】
セゾンカードインターナショナルのリボ払いは「標準コース」と「定額コース」2つのコースから選択ができます。標準コースは最低支払額が1万円からのリボ払い残高により変動する一般的なリボ払いになりますが、定額コースは最低支払額が3万円からとなり、積極的に返済をしたい人向けのコースとなります。

セゾンカードインターナショナルのお申込みはこちら

5位 ルミネカード

【おすすめポイント】

  • ルミネ、NEWoManでいつでも5%オフ
  • 年4回開催のルミキャンで10%オフ
  • ビューカードだからSuicaや定期券機能も搭載

ルミネカードはその名の通り、ルミネやNEWoMan、アイルミネでの優待に優れている女性に人気の高いクレジットカードです。
ネットや郵送での申し込みも可能ですが、即日発行する場合には申込カウンターがあるルミネ各店舗で申し込みが必要です。即日発行の場合、仮カードが発行されますが、ルミネでの利用はもちろん優待等も本カード同様に受けることができるので安心です!
ルミネ以外のお店で国際ブランドとして利用するためには、本審査終了後に発行される本カードが必要になりますので、2週間程度の期間がかかります。

おすすめ度 評価4
申込方法 ネット、店頭窓口、郵送
受取方法 郵送(仮カードのみ即日発行)
審査スピード 最短30分
利用可能まで ルミネのみ即日利用可能
年会費 初年度無料/2年目以降953円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB

【即日発行までの流れ】

即日発行に対応しているクレジットカードの多くはネット申し込みが一番早い申し込み方法になりますが、ルミネカードの場合、ネットは即日発行に対応していません。即日発行を希望する場合は必ず店頭でタブレットを利用して申し込みしてくださいね。

  1. ルミネ(対象店舗)のカードカウンターで申込
  2. タブレットで必要事項を入力
  3. 審査(約30分)
  4. 店頭発行カードの受け取り(ルミネのみで使用可能)
【即日発行の注意点】
ルミネカードの即日発行は必ず即日発行に対応しているルミネカウンターで申し込みが必要です。
即日発行に対応しているルミネカウンターは関東を中心に16店舗のみになりますので、ルミネを利用する可能性がある場合は、事前にネット申し込みなどでルミネカードを保有しておく方が安心です。

【支払方法】

支払方法 1回、ボーナス一括、分割、ボーナス併用、リボ
返済方法 口座振替
駅設置ATM「VIEW ALTTE」(繰り上げ返済のみ)
銀行振込(繰り上げ返済のみ)
ショッピングリボ手数料(年率) 13.20%
キャッシング利息(年率) 18.00%

リボルビング払いは、5,000円、10,000円、20,000円、30,000円の4コースから選択することができ、残高に応じて一定金額ごとに返済額も増額します。
しかし、支払額の中に元金と利息が含まれる元利定額方式のため、支払額の中の利息が占める割合が多くなり、元金が減りにくくなる可能性が高いので注意が必要です。

【支払いのポイント】
ルミネカードをはじめとするビューカードは支払い方法にクレジットカードでは珍しいボーナス併用払いが選択できます。ボーナス併用払いの基本は分割払いで、ボーナス月のみ増額返済できるため、高額なお買い物でも安心して無理なく購入できます。
もちろん金利は発生しますので、積極的に繰り上げ返済することをおすすめします!

ルミネカードのお申込みはこちら

6位 ビックカメラSuica

【おすすめポイント】

  • ビックカメラで最大還元率が11.5
  • 年1回の利用で年会費477円が無料に
  • 貯まったポイントはSuicaチャージで使いやすい

ビューカードの中でも還元率が高いことで人気の高い家電量販店ビックカメラとの提携クレジットカード「ビックカメラSuicaカード」です。
即日発行で受け取れるクレジットカードは仮カードのみのため、利用可能額10万円となり、ビックカメラ、ソフマップ、コジマのみで使えます。Suica機能や国際ブランドとしての利用は、23週間後に届く本カードが必要です。

おすすめ度 評価4
申込方法 ネット、店頭窓口、郵送
受取方法 郵送(仮カードのみ即日発行)
審査スピード 最短30分
利用可能まで ビックカメラ、ソフマップ、コジマのみ即日利用可能
年会費 初年度無料/2年目以降477円(税抜)
国際ブランド VISA/JCB

【即日発行までの流れ】

ビックカメラSuicaカードの即日発行は一部のビックカメラ店頭のみで対応しています。
ネット申し込みもありますが、仮カードは発行されず本カードが届くまでに1週間ほどかかってしまうため、ビックカメラでのお買い物を急いでいる場合は店頭申し込みによる即日発行をするようにしましょう。

  1. 即日発行できる店舗で申込
  2. 審査(約30分)
  3. 店頭発行カードの受け取り(ビックカメラ・コジマ・ソフマップのみで使用可)

 

【即日発行の注意点】
即日発行できる店舗は、東京16店舗、神奈川5店舗、埼玉・千葉・群馬・茨木併せて6店舗、北海道、新潟各1店舗、愛知2店舗となっています。
関東地方の人はある程度近くに即日発行対応店舗がありますが、その他の地域の人は必ず近くの店舗が即日発行に対応している店舗か確認してくださいね。

【支払方法】

支払方法 1回、ボーナス一括、分割、ボーナス併用、リボ
返済方法 口座振替
駅設置ATM「VIEW ALTTE」(繰り上げ返済のみ)
銀行振込(繰り上げ返済のみ)
ショッピングリボ手数料(年率) 13.20%
キャッシング利息(年率) 18.00%

支払い方法は同じビューカードということで上に紹介したルミネカードと同じ方法になりますので、ボーナス併用払いやリボルビング払いなど高額なお買い物にも安心の支払い方法があります。
リボ払いや分割払いを利用しても、駅に設置されているATMVIEW ALTTE」で繰り上げ返済が可能なので、積極的に返済することができます。


【支払いのポイント】
ビックカメラSuicaカード最大のメリットである還元率11.5%を出すにはビックカメラSuicaカードでチャージしたSuicaで支払いが必要です。
Suicaチャージは1回払いのみに対応していますので、計画的に利用してメリットを活かせるようにしましょう。

ビックカメラSuicaカードのお申込みはこちら

7位 エムアイカード

エムアイカード

【おすすめポイント】

  • 三越伊勢丹グループで最大10%のポイント還元
  • エムアイカードプラス改変でポイントの使い道が豊富に
  • 優待加盟店でも最大還元率3.0%の高還元

三越伊勢丹グループ百貨店の利用でお得に利用できるエムアイカードは、2018年に一新されました。
現在、即日発行に対応しているクレジットカードはエムアイカードプラスとエムアイカードプラス ゴールドのみになります。
年会費無料のエムアイカードスタンダードもありますが、即日発行には対応していないため即日エムアイカードを作りたい場合は年会費有料のエムアイカードプラスになります。
年会費有料と聞くとその時点で損をした気分になってしまう人もいるかと思いますが、エムアイカードプラスはポイントアップシステムやボーナスポイントシステムが充実しており最大還元率が10%と高く、ショッピングの分割、リボ手数料もスタンダードより低くなっているので、三越伊勢丹グループでショッピングをする機会が多い人なら持って損はないクレジットカードです。

 

おすすめ度 評価4
申込方法 ネット、店頭窓口、郵送
受取方法 店頭窓口、郵送
審査スピード 最短数十分
利用可能まで 最短1時間
年会費 初年度無料/2年目以降2,000円(税抜)
国際ブランド VISA/アメックス

【即日発行までの流れ】

エムアイカードプラスの即日発行は仮カードではなく、通常のクレジットカードが発行されるため、受け取ったその時から三越伊勢丹グループ以外での利用も可能です。
受け取り店舗の営業時間内であれば土日祝日でも対応しているのも嬉しいポイントですね!

  1. ネットの入会申込ページで必要事項を入力
  2. 申込時に「よく利用する店舗」を選択(エムアイカードプラス受け取り希望店舗)
  3. エムアイカードプラス受取方法で「来店」を選択
  4. 審査結果メールを受け取る
  5. 審査通過を確認し、指定受け取り店舗にてカードを受け取る
    (カードつけ取りには本人確認書類の他、キャッシュカードと銀行届出印が必要)

 

【即日発行の注意点】
即日発行に対応している三越、伊勢丹、丸井今井などグループ百貨店は全国展開しているものの関東以外の地域では店舗数が若干少なめ。
近くの店舗が即日発行に対応していない場合は、郵送受け取りで申し込みが可能ですが、カード受取までに1週間から10日前後かかりますので、注意してください。

【支払方法】

支払方法 1回、2回、ボーナス1回、分割、ボーナス時支払額指定分割、リボ
返済方法 口座振替
エムアイカード・イオン銀行共同ATM
銀行振込
ショッピングリボ手数料(年率) 14.40%
キャッシング利息(年率) 18.00%

ボーナス時支払い額指定分割払いは一見難しそうに見えますが、7月または12月のボーナス月に支払う金額をあらかじめ指定できる支払い方法になります。
但し、ボーナス月に指定できる金額は購入金額の50%以内となっており、更に分割手数料も通常の分割払いと変わらないため、手数料無料のボーナス1回払いにできるのであればその方が余計な出費がなく済みますね。

【支払いのポイント】
エムアイカードプラスの請求額は基本的に口座振替になりますが、その他にエムアイカードATMでの返済もできるので、比較的臨機応変な支払いができます。
請求にあがっていない明細でもレシート毎にATMですぐに返済ができるので、現金主義の方でもポイントを貯めるために使うことができますよね。
尚、残金一括返済はATMではなく事前にコールセンターへ連絡のうえ、銀行口座への振込になります。

エムアイカードのお申込みはこちら

8位 セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

【おすすめポイント】

  • アメックスが実質年会費無料で持てる
  • 年1回のカード利用で年会費無料
  • 西友、LIVIN、サニーで特定日に5%オフ

優待が豊富な国内外問わず一目おかれるアメックスを年会費無料で保有できる「セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード」です。
ステータスの高さを一番の魅力に持つアメックスカードは国内で利用可能店舗が少ないと思われがちですが、実はJCBと提携しているため、国内のJCB加盟店で利用ができます。
稀に中間決済代理店が入っていた李、昔の加盟店契約などの理由により利用できないことがありますが、ほと
んどのJCB加盟店で利用できますので、覚えておきましょう!

おすすめ度 評価4
申込方法 ネット、店頭窓口、郵送
受取方法 店頭窓口、郵送
審査スピード 最短数十分
利用可能まで 最短1時間程度
年会費 初年度無料/2年目以降1,000円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド アメックス

【即日発行までの流れ】

セゾンカードインターナショナル同様、セゾンカウンターで即日発行が可能です。
各セゾンカウンターで営業時間が異なり、21時まで営業しているところもありますが、即日発行の申し込みは受取カウンター関係なく一律1930分までです。

  1. インターネットの「オンライン申し込み」に必要事項を入力
  2. 受付完了メールを受信
  3. 申し込み確認の電話を受ける
  4. メールで審査結果を受け取る
  5. セゾンカウンターでカード受け取り

ETCカードも同時に即日発行が可能ですが、場合によっては発行までに追加で12日程度がかかる場合がありますので、必ず即日必要な場合は事前に電話などで即日発行が可能か確認することをおすすめします。

【即日発行の注意点】
セゾンカウンターは多数ありますが、即日発行に対応していないセゾンカウンターもあり、更に即日発行の対応券種も異なります。申し込む際は近くのセゾンカウンターは「即日発行対応」で、更に「セゾン・パール・アメリカン・エキスプレスカード」の即日発行も行えるカウンターであるか必ず確認しましょう。

【支払方法】

支払方法 1回、2回、リボ、ボーナス一括、ボーナス2回
返済方法 口座振替
自社ATM(繰り上げ返済のみ)
提携ATM(繰り上げ返済のみ)
銀行振込(繰り上げ返済のみ)
ショッピングリボ手数料(年率) 14.52%
キャッシング利息(年率) 18.00%

インターネットサービス「Netアンサー」を利用することで支払い方法やコース、支払い金額を簡単に変更することができます。支払方法はごく一般的ですが、Netアンサーをうまく活用してライフスタイルに合った支払いができるので安心です
但し、リボ払いへの変更が容易にできてしまうので、計画的な利用を心がけてくださいね。

 

【支払いのポイント】
2回以上の分割払いがないため、高額商品を2回以上に分けて支払いたい場合はリボ払いしか選択肢がありません。
リボ払いは金利が嵩むことからおすすめしていませんが、リボ払い長期コースを利用すれば毎月の支払額を3万円以上1万円単位で指定することができますので、通常のリボ払いよりも早く返済を終えることができますので、指定額をコントロールすればほぼ分割払いと同様の利用ができますね。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカードのお申込みはこちら

9位 PARCOカード

パルコカード

【おすすめポイント】

  • ETCカードも同時に即日発行可能
  • 年間利用額10万円でいつでもPARCO5%オフ
  • 2019年秋にポイントサービスにリニューアル決定

2019年秋に現在の割引優待制度からポイント制度へ変更など大幅なリニューアルが決定しているPARCOカード。
前年度のPARCOでのショッピング合計額10万円以上で1年間PARCOでのショッピングが5%OFFになるPARCOカードクラスSは継続するようなのでかなりお得に使えるクレジットカードになりそうですね。
学生や専業主婦でも申し込み可能で優待に優れているクレジットカードなので、利用目的が定まっていないけど早くクレジットカードが欲しいという人にもおすすめです。

おすすめ度 評価4
申込方法 ネット、店頭窓口
受取方法 店頭窓口、郵送
審査スピード 最短60分程度
利用可能まで 最短即日
年会費 無料
※アメックスのみ3,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメックス

【即日発行までの流れ】

PARCOカードの審査は発行元のセゾンカードで行われますので、審査時間も比較的短く、早い人だと1時間後にはPARCOカードを受け取れることもあります。
また、PARCOカードは入会後1年間はPARCOでのお買い物が5%OFFになるので、即日発行した際は是非その足でPARCOショッピングを楽しんでください。
くれぐれも審査結果を待っている間にPARCOでお買い物をしないようにしましょう!

  1. インターネットの「オンライン申し込み」に必要事項を入力
  2. 受付完了メールを受信(申し込み後30分以内)
  3. 申し込み確認の電話を受ける
  4. 審査結果メールを受信
  5. PARCO・セゾンカウンターでカード受け取り
【即日発行の注意点】
即日発行は店頭申し込みも可能ですが、店頭で申込からスタートすると審査の待ち時間などもあり時間効率が悪くなりますので、オンラインをおすすめします。
審査に自信がある人はオンライン申し込み後、受け取り予定店舗へ移動すれば更に時短されますし、もちろん審査結果のメールを確認してから店舗へ向かってもOKです!

【支払方法】

支払方法 1回、2回、ボーナス一括、リボ
返済方法 口座振替
自社ATM(繰り上げ返済のみ)
提携ATM(繰り上げ返済のみ)
銀行振込(繰り上げ返済のみ)
ショッピングリボ手数料(年率) 14.52%
キャッシング利息(年率) 12.0%~18.0%

PARCOカードはPARCOでのショッピング総額が年間10万円以上の場合、翌年1年間PARCOのショッピング利用が5%OFFとなる特典があります。
この特典を目的に入会する人も多いですが、10万円以上利用するために無理な利用をしてしまい、結果リボ払いのお世話になる…なんてことになっては意味がありません。
楽しく利用し続けるためにも計画的な利用をしてくださいね!

 

【支払いのポイント】
PARCOカードはセゾンカードと同じく、利用残高をATMで簡単に返済することができますし、反対に1回払いや2回払いで決済したものをリボ払いに変更することもできます。
残債は一部返済、一括返済どちらも可能なので、自分で支払いのコントロールをして楽しいショッピングをしましょう。

PARCOカードのお申込みはこちら

翌営業日~3営業日発行OKのクレカランキング

「早めにクレジットカードは必要だけど、即日発行じゃなくてもOK!」
「数日なら待つ余裕がある」

そんな場合は、更に選択肢が広がりステータス性の高いクレジットカードも選択できるようになります。
申し込み翌営業日から3営業日以内で手にできるクレジットカードをご紹介します。

1位 ライフカード/学生専用ライフカード

【おすすめポイント】

  • 誕生日月はポイント3
  • 一定金額の利用でボーナスポイントあり
  • ポイント交換先が豊富

2017年にポイント還元率など一部の改悪があったものの、現在もポイントが貯まりやすいクレジットカードとして人気の高いライフカード(学生専用ライフカード)。
通常の還元率は0.5%と至って普通ですが、年間利用額や誕生日月のポイントアップや年会費無料(一部有料あり)による使いやすさがメリットになっています。
中には年会費が無料なのでサブカードとして保有し、誕生日月のみ積極的に利用する人もいますよ。

おすすめ度 評価4
申込方法 ネット完結、ネット+郵送、郵送
受取方法 郵送
審査スピード 最短5分
利用可能まで 約5日~7日程度(発行は3営業日)
年会費 永年無料
※旅行傷害保険付は初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
※学生専用ライフカードは在学中のみ年会費無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB

【即日発行までの流れ】

ライフカード(学生専用ライフカード)は最短3営業日で発行可能なスピード発行対応のクレジットカードですが、利用可能までには発行後に郵送で手元に届くまでの日数が数日かかります。概ね1週間弱と考えればよいでしょう。
また、オンライン申し込みの締め切り時間が短く、12時を過ぎると翌営業日扱いとなるため夜間や営業時間外でも良いので申込を希望する場合はなるべく早くオンライン申し込みを済ませましょう。
ETC
カードはスピード発行対象外になるため、最短6営業日発行になることも覚えておいてください。

  1. ライフカードサイトの「お申し込みはこちら」から必要事項を入力
  2. 引き落とし口座を設定
    WEB完結可能な金融機関に口座を保有している必要があります。
  3. 審査(待ち時間)
  4. 在籍確認(ない場合あり)
  5. 親権者同意確認(未成年のみ)
  6. 審査結果メール受信
  7. カード発行 ≪ここまでが最短3営業日≫
  8. カードを受け取る
【スピード発行の注意点】
ライフカード(学生専用ライフカード)はネットを利用した申し込み方法が2通りあります。
スピード発行で申し込みをする場合は、Web完結型である「オンライン限定カンタン申込」の利用が条件になります。
「オンライン限定カンタン申込」は、オンラインで支払い口座登録が可能な金融機関に口座を保有している必要があり、口座がない場合はオンライン申し込み後に書類のやり取りが必要になるため発行スピードが格段に落ちてしまいます。

【支払方法】

支払方法 1回、2回、ボーナス一括、リボ
(ライフカード加盟店のみ:分割、ボーナス併用分割)
返済方法 口座振替
銀行振込(繰り上げ返済のみ)
ショッピングリボ手数料(年率) 15.00%
キャッシング利息(年率) 15.0%~18.0%

ライフカード(学生専用ライフカード)の支払い方法は加盟店により異なるため注意が必要です。
国際ブランド加盟店で利用する場合は上表の通り4種類しかありませんが、ライフカード加盟店の場合は更に便利な支払い方法を選択することができます。

【支払いのポイント】
ライフカード(学生専用ライフカード)は原則口座振替での支払い方法しかありません。
繰り上げ返済をする場合のみライフカードの支払い指定銀行口座へ振り込むことが可能ですが、昨今増えているATM返済ができないため、安易にリボ払い等を利用すると長期化してしまう可能性がありますので注意してください。

ライフカードのお申込みはこちら

2位 MUFGゴールド

MUFGカード ゴールド

    【おすすめポイント】

    • 大手銀行系のゴールドカードで抜群のステータス
    • 格安年会費でゴールドカードが持てる
    • 空港ラウンジが無料で利用できる

    格安の年会費でゴールドカードを持てることで人気の高いMUFGカードゴールドが、最短翌日発行に対応しています。
    格安年会費のゴールドカードは他にも存在するものの券面でハイステータス感を感じにくいゴールドカードが多いいですよね…。
    そんな中、MUFGカードゴールドは大手金融グループらしいハイステータス感抜群の券面を持ち、そのネームバリューと併せてどこで利用してもカッコイイ大人のクレジットカードを演出してくれます。

    おすすめ度 評価4
    申込方法 ネット、郵送
    受取方法 郵送
    審査スピード 最短数時間程度
    利用可能まで 約4日~5日程度(発行は最短翌営業日)
    年会費 初年度無料/2年目以降1,905円(税抜)
    国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメックス

    MUFGカードゴールドの審査時間は人によりとても幅があり、早い人で4時間前後、遅い人の場合は翌日、翌々日になることもあります。
    一般カードの場合は当日中に審査結果が出る場合が多いため、不安に思ってしまう人もいると思いますが、
    審査が遅いから審査に通らないということはなく、数時間で否決連絡を受ける場合もあるので、焦らずに待ちましょう。

    また、国際ブランドがVISAMastercardは最短翌日発行になりますが、JCBは翌々日発行になるため、カード受け取りがその分遅くなります。
    急いでいて、特に国際ブランドにこだわりがないのであれば、VISAJCBを選択することをおすすめします。

     

    【スピード発行までの流れ】

    尚、翌日発行扱いとなる申込締め切り時間は9時までと他社と比較して非常に早い時間になりますので、覚えておきましょう。

    1. オンライン入会申込に必要事項を入力
    2. 申込受付メール受信
    3. 審査(待ち時間)
    4. 在籍確認(ない場合あり)
    5. 審査終了メール受信
    6. 審査結果をWEBにて照会
    7. カード発行≪ここまでが最短翌営業日≫
    8. カードを受け取る
    【スピード発行の注意点】
    通常審査結果内容がメールに記載されていることが多いですが、MUFGカードゴールドの場合は、審査が終了した旨を知らせる内容のみ記載されています。
    メール記載の照会画面にアクセスし、同じくメールに記載されている照会番号と生年月日を入力すると審査結果が表示されます。
    メールを受信した際は内容をよく確認し、焦らずに結果をチェックしてくださいね。

    【支払方法】

    支払方法 1回、2回、ボーナス1括、分割(3~24回)、リボ、楽Pay
    返済方法 口座振替
    銀行振込(繰り上げ返済のみ)
    提携ATM(キャッシング繰り上げ返済のみ)
    ショッピングリボ手数料(年率) 15.00%
    キャッシング利息(年率) 14.95%~17.95%

    最近のクレジットカードでは2回以上の分割払いを選択できるカードが減少していますが、MUFGカードゴールドは最大36回までの分割払いが可能です。
    リボ払いよりも手数料が低くなるため、高額なショッピングにも対応しやすいですね。
    但し、分割払いは加盟店との契約により回数が制限されることがあります。
    高額なショッピングをする際は事前に分割可能回数を店舗に確認した方がよいでしょう。

    【支払いのポイント】
    MUFGカードゴールドの返済は原則口座振替のみになっています。
    キャッシングのみATMで繰り上げ返済が可能ですが、ショッピングの繰り上げ返済はコールセンターへ連絡したうえで指定口座へ振り込む必要があり、若干手間がかかります。
    様々な支払い方法がありますが、繰り上げ返済に手間がかかることを想定して支払い方法を選択しましょう。

    MUFGゴールドのお申込みはこちら

    3位 三井住友VISAカード

      【おすすめポイント】

      • 銀行系クレジットカードのステータスと重厚感ある券面デザイン
      • 条件クリアで年会費優遇あり
      • ポイントアップモールで還元率が最大20倍

      重厚感のある券面デザインと大手銀行系プロパーカードのステータスで常に人気上位に位置する三井住友VISAカード。
      実は、一言に三井住友VISAカードといっても非常に多くの種類が発行されているんです。
      今回はその中でも定番中の定番「三井住友VISAクラシックカードA」をおすすめします。
      「三井住友VISAクラシックカードA」は「三井住友VISAクラシックカード」より若干年会費が高いものの、旅行傷害保険が充実しているため、とても使いやすいクレジットカードなんです。

      おすすめ度 評価4
      申込方法 ネット完結、ネット+郵送、郵送
      受取方法 郵送
      審査スピード 最短申込日当日
      利用可能まで 約5日~7日程度(発行は最短3営業日)
      年会費 1,500円(税抜)
      ※ネット入会で初年度無料
      ※条件クリアで無料または、割引あり
      国際ブランド VISA/Master card
      ※VISA、Master cardのデュアル発行(2枚発行)も可

      【スピード発行までの流れ】

      大手銀行系クレジットカードである三井住友VISAクラシックカードAは過去に受付デスクがあり、即日発行に対応していました。しかし、現在は受付デスクもなくなり即日発行はできません。
      しかし、Web完結型の「らくらく発行」を利用することで最短3営業日でのスピード発行が可能です。
      スピード発行は当日1930分以降に受け付けたものは翌日扱いになるので注意してくださいね。

      1. 三井住友VISAサイトの申込から必要事項を入力
      2. 引き落とし口座を設定
        WEB完結可能な金融機関に口座を保有している必要があります。
      3. 各金融機関サイトで口座を設定
      4. 本人確認連絡を受ける
      5. 在籍確認(ない場合あり)
      6. 審査結果メールを受信
      7. カード発行ここまでが最短3営業日≫
      8. カードを受け取る
      【スピード発行の注意点】
      最短3営業日で発行される「らくらく発行」を利用するためにはいくつかの条件があります。
      下記条件を満たしていない場合は、ネット申込後に郵送手続きが必要になるため、スピード発行はできないので注意してくださいね。

      <「らくらく発行」対象外条件>

      • 申込者が未成年の場合
        申込者が未成年の場合、親権者同意書類が必要なため郵送手続きになります
      • 他社借入額が100万円以上でキャッシング枠を希望する場合
        収入証明書の提出が必要なため、郵送手続きになります
      • 設定支払い口座がネット手続き非対応の金融機関の場合
        口座振替依頼書の提出が必要なため、郵送手続きになります
      • 写真入りICカード発行を希望の場合
        入会申込書を請求のうえ、顔写真添付で申し込みが必要なため、郵送手続きになります

      【支払方法】

      支払方法 1回、2回、ボーナス1括、分割(3~24回)、リボ
      返済方法 口座振替
      銀行振込(繰り上げ返済のみ)
      提携ATM(繰り上げ返済のみ)
      ショッピングリボ手数料(年率) 15.00%
      キャッシング利息(年率) 15.0%~18.0%

      リボ払いで購入した場合、後日臨時返済できるクレジットカードは多数ありますが、三井住友VISAクラシックカードAはリボ払いの毎月の支払い額を減額申請することができます。
      当サイトでは無理なリボ払いによるクレジットカード利用はおすすめしていませんが、どうしても支払いが難しくなった場合は便利なサービスですね。
      但し、減額サービスに慣れてしまうと支払いが滞ってしまう原因にもなりますので、注意しましょう。

      【支払いのポイント】
      三井住友VISAクラシックカードAは利用時に3回~24回の分割払いを選ぶことができますが、加盟店契約の内容によっては選べる回数が限られてしまいます。
      そんな場合は、一旦1回払いで購入し、三井住友VISAのサービス「あとから分割」を利用しましょう。
      「あとから分割」なら1件の利用が1万円以上の1回、2回、ボーナス一括の支払いを後日分割払い(3回~36回から選択)に変更できます。
      決済時には24回までしか選べない分割回数も「あとから分割」なら30回、36回が選択できます。

      三井住友VISAカードのお申込みはこちら

      4位 VIASOカード

      VIASOカード

      【おすすめポイント】

      • ネットショッピングで最大還元率10
      • 貯まったポイントは安心のオートキャッシュバック
      • ETC、携帯、プロバイダー料金はポイント2倍

      時代に流れに調和したネットショッピングに強いクレジットカードとして若年層に人気の高いVIASOカード。
      ネットショッピングの最大還元率が10.0%と高く、ETCや携帯電話、プロバイダーの支払いは還元率が2倍になるため、ポイント重視のユーザーにおすすめです。
      また、貯まったポイントは自動的にキャッシュバックされるため、ポイントの有効期限切れや使い道に困ることがないのも大きなメリットです。

      おすすめ度 評価4
      申込方法 ネット完結、ネット+郵送、郵送
      受取方法 郵送
      審査スピード 最短申込日当日
      利用可能まで 約3日~5日程度(発行は最短翌営業日)
      年会費 永年無料
      国際ブランド Master card

      【スピード発行までの流れ】

      VIASOカードのスピード発行は当日9時までに完了した申込が対象になります。
      締め切り時間としては非常に早いですが、ネット申込は夜間や早朝でも対応できるので時間のある時になるべく早く申し込みをしましょう。
      また、申込時に「利用明細ネット切替サービス登録に同意」欄があります。
      このネット利用明細に同意できないとオンライン申し込みができないので、VIASOカード発行もスピード発行ではなくなりますので注意してくださいね。 

      1. 公式サイトの申込ボタンを押す
      2. 会員規約に同意
      3. 利用明細ネット切替サービス登録に同意
        ※郵送明細書を希望の場合はオンライン申込ができません
      4. 必要事項を入力
      5. 支払い口座設定
        ※オンライン口座登録可能な金融機関に口座を保有している必要があります
      6. 申込受付メールを受信
      7. 審査終了メール受信
      8. 審査結果を照会
      9. カード発行≪ここまで最短翌営業日≫
      10. カードを受け取る
      【スピード発行の注意点】
      最短翌営業日発行をするためには書類手続きをなくす必要があります。
      書類手続きが必要になるケースは下記2通りです。
      ・カード利用明細の郵送を希望する場合
      ・支払い希望口座の金融機関がオンライン登録に対応していない場合

      カード利用明細は後日変更することもできるので、スピード発行を優先することができますが、金融機関に関しては申込時に確定している必要があります。
      もしも申し込みを検討している段階の人は、事前に金融機関がオンライン登録対象かを確認しましょう。

      【支払方法】

      支払方法 1回払い、2回払い、ボーナス1括払い、分割払い、リボ払い、楽Pay
      返済方法 口座振替
      銀行振込(繰り上げ返済のみ)
      提携ATM(繰り上げ返済のみ)
      ショッピングリボ手数料(年率) 15.00%
      キャッシング利息(年率) 18.00%

      クレジットカードに付帯されていると嬉しい保険、ショッピング保険。クレジットカードで購入した商品の破損や盗難を補償してくれる保険なので、是非とも付帯してほしい保険ですよね。
      もちろんVIASOカードにも付帯されていますが、条件付帯なんです。
      海外利用分は無条件で付帯になりますが、国内利用は下記条件をクリアした場合にのみ適応されます。
      ・支払い方法がリボ払い、分割払いの商品に適応
      ・「楽Pay」登録がある場合は支払い方法問わず適応
      「楽Pay」はクレジットカード利用分のすべてがリボ払いになる設定なので、結局のところ商品購入に対して何らかの手数料が発生する場合にのみショッピング保険が付帯されるということです。

      正直、ショッピング保険のために支払い手数料を払う必要があるのか疑問に感じますが、どうしてもショッピング保険を付帯させたい場合は「楽Pay」の支払い額を高額設定することで手数料を回避できます。

      「楽Pay」では毎月の支払い額を最高10万円に設定でき、その支払額を超えた分が翌月にリボ払い利用分として繰り越される仕組みです。
      この仕組みを活用すると、毎月の支払い額を超えない範囲で利用するのであれば「楽Pay」に登録しても手数料を支払う必要はなくなります。

      【支払いのポイント】
      VIASOカードをはじめとするUFJニコスのクレジットカードはショッピングリボで購入した残高の一部のみ提携金融機関やコンビニATMで返済することが可能です。
      全額返済や分割払いの繰り上げ返済はコールセンターへ連絡後、指定口座への振込となるため若干手間が増えます。
      当サイトでは、万が一、1回払い以外で購入する必要が出た場合にはできるだけ早期に完済させることをおすすめしています。
      1回払い以外を利用するときには上記を参考に自分の返済しやすい方法で利用してくださいね!

      VIASOカードのお申込みはこちら

       

      最短1週間発行OKのクレカランキング

      クレジットカードは即日発行やスピード発行を除き、一般的に申し込みから2~3週間程度で手元に届くことが多いです。
      クレジットカードを早く手にしたい場合は、即日発行やスピード発行が適しているもののその数は非常に限られてしまいます。

      クレジットカードは一度保有したら長期的に利用することが多いので、なるべくなら自分のライフスタイルに合ったカードを選びたいですよね。

      そんな時におすすめなのが最短1週間で発行できるクレジットカードです。
      発行スピードとしては中級クラスというところですね。

      1週間発行ということは手元に届くまでには10日前後かかりますが、10日前後待つことで長期的に自分にメリットの多いクレジットカードが手に入ることになります!

      では、さっそく最短1週間で発行できるクレジットカードを見ていきましょう。

      1位 ビューカード

      ビューカード・プロパー

        【おすすめポイント】

        • クレジットカード、定期券、Suicaが一体でお財布がスマートに
        • 定期券購入とSuicaチャージはポイント3
        • WEB明細利用で年会費以上のポイント還元率

        主にJR東日本を利用する人にメリットが多いビューカードですが、実はその数20種類以上。
        その中でも定番中の定番であり、長年人気を保っているのが今回ご紹介するビュー・スイカカードです。
        数多いビューカードの中でSuica、定期券、JREポイントカードが1枚に集約できる貴重な1枚なんです。
        また、年会費が有料になりますが、カード利用明細をWEB明細にするだけで年会費以上のポイントが付与されるので安心してくださいね。
        選択できる国際ブランドも豊富で、モバイルSuicaの年会費が当面無料と年会費を支払っても損のないクレジットカードです。

        おすすめ度 評価4
        申込方法 ネット完結、ネット+郵送、郵送
        受取方法 郵送
        審査スピード 最短申込日当日
        利用可能まで 最短1週間
        年会費 477円(税抜)
        国際ブランド VISA/Master card/JCB

        【スピード発行までの流れ】

        ビュー・スイカカードは、最短1週間発行のクレジットカードということで紹介していますが、実は手元に届くまでの期間が最短1週間なんです。逆算すると最短45営業日発行くらいでしょう。
        尚、最短発行を希望する場合はWEB完結のネット申し込みを利用する必要があります。


        審査結果の通知はありませんが、VIEW’s NETサービスIDの通知メールが届くため、審査に通過したことがわかります。
        通知メールの受信は申込日当日という人もいれば、数日かかったという人もいるためかなり幅が広いようです。この審査に時間を要した場合、最短での発行が難しくなってしまいます。

        1. ビューカードサイトの申し込みから必要事項を入力
        2. 引き落とし口座を設定
          ※オンライン登録可能な金融機関に口座を保有している必要があります
          ※オンライン口座登録ができない場合はスピード発行対象外となります
        3. 審査
        4. VIEW’s NETサービスID通知メール受信
          ※否決の場合は、書面が郵送
        5. 郵便局より「本人限定受取郵便」通知が届く
        6. カードを受け取る
        【最短発行の注意点】
        ビュー・スイカカードのWEB完結申し込みは申込時に本人確認書類を提出しないため、カード受け取り時に本人確認ができる郵便局の「本人限定受取郵便」を利用しています。
        本人限定受取郵便はその名の通り宛名の本人しか受け取ることができないため、郵便局の稼働時間に時間を空ける必要があります。
        せっかく早くカードが発行されても自分の都合で受け取りができなければスピード発行の意味がなくなってしまいますので、注意してくださいね!

        【支払方法】

        支払方法 1回、ボーナス一括、分割、リボ、ボーナス併用(JR東日本びゅうプラザのみ)
        返済方法 口座振替
        銀行振込(繰り上げ返済のみ)
        駅のATM「VIEW ALTTE」(繰り上げ返済のみ)
        ショッピングリボ手数料(年率) 13.20%
        キャッシング利息(年率) 18.00%

        JR東日本の定期券は主要国際ブランドのクレジットカードであれば購入可能ですが、ビュー・スイカカードで購入することでポイント倍率が3倍になります。
        通常0.5%と寂しい還元率のビュー・スイカカードでも定期券購入とSuicaチャージでは還元率が一気に1.5%になるんです。


        今では年会費無料の還元率が高いクレジットカードが多数発行されていますので、定期券購入だけに利用する場合は年間定期代が7万8千円を超えないと還元率1.0%のクレジットカードに負けてしまいます。
        しかし、Suicaオートチャージを利用すると一気に勝ち組に!
        Suica
        は乗車だけでなく様々なショッピングにも利用できますので、Suica一緒に活用しましょう。

        【支払いのポイント】
        上記でおすすめしたSuicaオートチャージですが、使い過ぎに注意してください。
        クレジットカードは現金がその場で動かないため、計画的な利用をしないと後々返済地獄に陥ってしまうことは既に周知の事実ですよね。
        そこに更に拍車をかけるのがオートチャージです。
        オートチャージは自分がどれだけ利用しているか把握して計画的に利用しないといくらでも使えてしまいます。
        明細を見てビックリ!なんてことにならないように注意しながら利用してくださいね。

        2位 Yahoo!JAPANカード

        Yahoo!JAPANカード

          【おすすめポイント】

          • 基本還元率がいつでも1.0
          • Yahoo!ショッピングは還元率が3.0%にアップ
          • 貯まるポイントは使いやすい共通ポイントのTポイント

          元々還元率が1.0%と高めのクレジットカードとして人気があったYahoo!JAPANカードですが、最近ではコード払い「PayPay」で3.0%の還元を受けられるクレジットカードとして更に人気を伸ばしています。
          Yahoo!JAPAN
          カードでPayPayにチャージして利用すればYahoo!JAPANカードで1.0%、PayPayボーナスで3.0%、合計4.0%のポイントが貯まる超協力クレジットカードなんです。
          また、専業主婦や学生でも申し込みができ、最短2分の審査では機械審査を導入しているため比較的審査に通りやすいことも人気の理由でしょう。

          おすすめ度 評価4
          申込方法 ネット完結、ネット+郵送
          受取方法 郵送
          審査スピード 最短2分
          利用可能まで 最短4日程度
          年会費 永年無料
          国際ブランド VISA/Master card/JCB

          【スピード発行までの流れ】

          上にも書いた通りYahoo!JAPANカードの審査は最短2分。
          申し込み情報を元に機械を利用した審査を行うことでこの最速スピードを出せています。
          急速にカード会員数を伸ばしているYahoo!JAPANカードですが、2分で全員OK!なんてことはありません。
          この初期審査で問題ありと判断された場合は、更に細かい審査になるため審査時間もかかり、結果カード発行も遅くなる可能性がありますので注意してくださいね。

          1. Yahoo!JAPAN IDを取得する
          2. 公式サイトの申し込み画面にて必要事項を入力
          3. 引き落とし口座を設定
            ※オンライン登録可能な金融機関に口座を保有している必要があります
          4. 審査
          5. 審査結果メールを受信
          6. Yahoo!JAPANカード発送
          7. カードを受け取る
          【最短発行の注意点】
          スピード発行のクレジットカードではオンライン口座設定がスピード発行の条件になることが多いですが、Yahoo!JAPANカードの場合はオンライン口座設定ができなくても発行スピードは変わりません。
          オンラインで設定できた方がユーザーとしては楽ですが、対象金融機関に口座がない場合は安心して郵送口座登録を選択しましょう。

          【支払方法】

          支払方法 1回、2回、ボーナス一括、分割(3回~48回)、リボ
          返済方法 口座振替
          銀行振込(繰り上げ返済のみ)
          ショッピングリボ手数料(年率) 18.00%
          キャッシング利息(年率) 18.00%

          Yahoo!JAPANカードの分割払いは最大48回を選択できるのが特徴です。
          多くのクレジットカードでは最大分割回数が24回かせいぜい36回が限界のところ48回払いです。
          これ地味ですが高額なショッピングをする際には非常に役立つ回数なんです。
          高額ショッピング=リボ払いというイメージがある人が多いですが、実は分割払いの方が手数料も安く、完済の目途もたつことから使い勝手が良いんです。
          利用可能枠で購入できるくらいの金額であれば48回まで分割が使えればリボ払いの必要はほぼないでしょう。

          【支払いのポイント】
          Yahoo!JAPANカードは店舗を持たないこともあり、返済方法が口座振替しかありません。
          振替日は毎月27日のため、給料日が月末や月初の人にとっては少し支払い管理が難しいクレジットカードになります。
          特にネットショッピングに強いクレジットカードになると登録しているカード情報で簡単に買い物をしてしまうこともできるので、支払日と支払い額は常に意識して利用するようにしましょう。

          3位 楽天カード

          楽天カード

            【おすすめポイント】

            • いつでもどこでも還元率が1.0
            • 楽天市場の利用はいつでも還元率が3.0%以上
            • 楽天Edyチャージでポイントが貯まる&貯めたポイントは楽天Edyで利用可能

            基本還元率1.0%、楽天市場では最大ポイント倍率が何十倍にもなるため、ポイントがザクザク貯まるクレジットカードとして急速に会員数を伸ばしている楽天カード。
            貯まる楽天スーパーポイントは共通ポイントとして利用できる店舗が多いだけでなく、楽天Edyにチャージして電子マネーとして利用することもできるので使い方次第では最強のメインカードになる1枚です。
            また、楽天は楽天カードと様々な楽天サービスを併用することでお得が何倍にもなります。
            楽天カードを持つ場合にはその他の楽天サービスにも目を向けてみることをおすすめします!

            おすすめ度 評価4
            申込方法 ネット完結、ネット+郵送
            受取方法 郵送
            審査スピード 最短2分
            利用可能まで 最短4日程度
            年会費 永年無料
            国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメックス

            【スピード発行までの流れ】

            楽天カードの申込みはネットに限られています。
            楽天は徹底的に経費を削減することで高い還元率を実現していることから、郵便料金や用紙費用の発生する郵送申し込みをなくし、ネットのみにしているんですね。
            楽天カードの公式サイトでは、審査日数を翌営業日~2営業日と告知していますが、実は審査システムはYahoo!JAPANカードとほぼ同じ。
            そのため、最短約2分程度で審査に通ったことがわかる「カード発行手続き完了のお知らせ」メールが送られている人もいます。信用情報などに問題がない場合は、概ね午前中に申し込めば当日中に審査結果がわかると思っておいてよいでしょう。

            1. 楽天会員IDを取得する
            2. 公式サイトの申し込み画面へ推移
            3. 楽天会員ログインをクリック
            4. 申し込みカードを選択
            5. 入力フォームに必要事項を入力
            6. 引き落とし口座を設定
              ※オンライン登録可能な金融機関に口座を保有している必要があります
            7. 申し込み完了メールを受信
            8. 審査
            9. 「カード発行手続き完了のお知らせ」メールを受信
            10. 「カードお届け直前のご案内」メールを受信
            11. 簡易書留にてカードを受け取る
            【最短発行の注意点】
            楽天カードの受取方法は3通りありますが、申込者による指定はできません。
            オンライン口座登録で引き落とし口座を登録した場合は、郵便局の簡易書留で届きますが、オンライン口座登録ができない場合は下記2通りのどちらかになります。
            ・郵便局/本人限定受取郵便(特伝型)
            ・佐川急便/受取人確認サポート
            大きな違いは受取人が異なる点です。
            オンラインで口座を登録した場合は、受取時の本人確認書類は不要なため、本人の他、在宅している家族でも受け取りが可能です。

            一方、オンライン口座登録ができない場合は、楽天カード受取時に本人確認書類を提示する必要があるため、本人しか受け取ることができません。

            【支払方法】

            支払方法 1回、2回、分割(3回~36回)、ボーナス1回、リボ
            返済方法 口座振替
            銀行振込(繰り上げ返済のみ)
            ショッピングリボ手数料(年率) 15.00%
            キャッシング利息(年率) 18.00%

            楽天カードでは1回払いで利用したものを後日、分割払いに変更することができます。
            リボ払いに変更することができるクレジットカードは多いですが、分割払いに変更できるカードは少ないので嬉しいメリットですね。
            分割払いはリボ払いよりも格段に手数料が安く、完済までの回数が決まっているので計画が立てやすくなります。
            但し、リボ払いのように様々なショッピングの合算に対して一定金額の支払いをするのではなく、一つのショッピングに対して分割払い金額が決まるため、いくつものショッピングで分割払いを選択すると徐々に毎月の支払い額が多くなってしまいます。

            【支払いのポイント】
            楽天カードには「自動リボ」という支払いシステムがあります。
            多くのクレジットカードにもある利用したすべてがリボ払いになるというもの。

            このシステム自体は当サイトで推奨しないものの、活用している人には良いのですが、問題はキャンペーン等のお知らせメールです。
            「今、自動リボに登録して〇〇円利用すると****ポイントプレゼント」などのDMを見て、「なんだかお得」「ポイントをもらえるなら一時的に登録してみよう」と登録してしまう人が多いんです。
            結局、登録解除を忘れてしまったり、毎月の支払い額が減ることだけにメリットを感じてそのまま利用を続けてしまうと、金利手数料が嵩んでいってしまいます。
            楽天カードは計画的に利用すればとてもお得なクレジットカードなので注意してくださいね!

             

            即日発行クレカの選び方

            今すぐクレジットカードがほしい!と思っている人は、「即日発行」という単語だけに目を奪われてしまいがちです。
            「即日使えるクレジットカードなら何でもいい!」
            なんて思わずに数十分…いや、数分でも良いので「選ぶ」ことをしてみませんか?

            即日発行できるクレジットカードは非常に数が少なく、限られていることは事実ですが、選べるくらいの種類はあります。
            急いで申し込んだクレジットカードが自分のライフスタイルに合わなかったら、とても残念ですよね。

            即日発行できるクレジットカードの選び方にはポイントがあります。
            是非、参考にしてください!

            ①即日到着できる地域に受け取り場所があるか

            まず、即日発行のクレジットカードを選ぶ際に最優先すべきは、発行されたクレジットカードを当日中に受け取れるかどうかです。
            クレジットカードの即日発行は、100%指定された場所にクレジットカードを受け取りに行くかなければなりません。

            その受け取り場所が現実的に行くことができる範囲にあるかを確認してください。
            受け取り場所が遠い場合は、クレジットカードが即日発行されても当日中に受け取れないリスクがあるからです。

            即日発行のクレジットカードには、申込方法が2通りあります。

            ・オンライン(ネット)申し込み
            ・店頭窓口申し込み

            指定場所が近隣であればどちらの方法でも手間はないと思いますので、好きな方法を選んでよいでしょう。

             

            もし、指定場所までの移動時間が多くかかるのであれば、オンライン(ネット)申し込みをおすすめします。
            オンライン(ネット)申し込みが完了したら受け取り予定の指定場所に移動しましょう。

            この方法を使えば時間を有効的に使うことができますので、申込時間にもよりますが当日中にクレジットカードを受け取ることができますよね。
            但し、万が一審査に通過しなかった場合は無駄足になってしまうことはご承知おきください。

            更にそれでも時間的余裕がない!という人は、スマホを利用して受け取り場所へ移動しながら申し込みをしても良いでしょう。

            ②審査に通過できる状態か

            あなたは今、クレジットカードに申し込みをして審査に通る状態ですか?

            「審査に通過できるかなんて、自分でわかるはずないでしょ!」
            「審査に通らない可能性があっても、すぐに必要だから申し込んでみるしかないっ!」

            なんて言われてしまいそうですが、本当にクレジットカードを即日発行したいのであれば一旦ストップしてください。
            これは、審査に落ちてしまった場合、どんどんクレジットカードが作りにくい状態に陥ってしまうからです。

            クレジットカードには多重申し込みによる審査落ちという結果がよくあります。
            もちろん申込者本人にはその旨の通知はせず、審査否決の結果を伝えるだけですが。

            これは私が過去に某信販会社の審査を担当していたから知っている事実です。

            クレジットカードに申し込んだ履歴は信用情報機関に登録され、各カード会社が審査の時に参照します。
            その際、各カード会社で多少基準は異なりますが、だいたい1か月に3種類以上のクレジットカード申し込みがあると「怪しい」と判断されてしまうんです。

            何故怪しまれるのか。
            短期間に何枚ものクレジットカードに申し込むということは、「相当お金に困窮しているのではないか」と考えられ、返済能力を疑われてしまうんです。
            しかも即日発行となれば「今すぐにお金が必要」とも考えられますよね。

            極端な例ですが、多重申し込みだけが原因で審査に落ちることもあります。

            もしも今、審査に通る自信がなく、その理由が思い当たる人は一旦申し込みをストップして思い当たる理由を解消することをおすすめします。

            また、思い当たる理由はないけれど審査に自信がない、という理由で複数枚のクレジットカードに同時申し込みをしようとしている場合は、一番審査に通りやすそうなクレジットカード1枚に絞って申し込みしましょう。

            同時申し込みも多重申込みと同じことなのでせっかく通るはずの審査も落ちてしまう可能性があります。

            ③年会費とサービス内容が自分と合っているか

            時代の流れのせいか年会費が有料のクレジットカードを嫌煙してしまいがちです。
            もちろん無駄な出費はなるべく抑えたいところですが、クレジットカードの年会費に関しては一概に無料が良いとは言えません。

            判断基準は自分の求めるサービスがあるかどうかです。自分が利用したいサービスが年会費無料、有料どちらのクレジットカードにあり、その他のサービスはまったく利用しないのであれば年会無料のクレジットカードで十分でしょう。
            一方、自分が利用したいサービスが年会費有料のクレジットカードにしかないのであれば、年会費を支払う価値はあるのではないでしょうか。
            それが券面デザインやステータスの高さだとしても同じです。

            主なサービスごとに年会費無料、有料の違いを見ていきましょう。

            年会費 有料 年会費 無料
            ステータス 高いカードが多い ステータス性に欠ける
            還元率 1.0%を超える還元率が高いカードが多い
            ポイントアップシステムがある
            0.5%程度の一般的なカードが多い
            ポイントアップが少ない又は、条件が狭い
            優待・特典 レストラン系優待が多い
            直接値引きされる優待が豊富
            海外で利用できる優待がある
            数は多いが内容が乏しい
            優待や特典を受けるために条件がある
            ほぼ海外対応の優待・特典がない
            旅行傷害保険 国内外旅行傷害保険が付帯
            国内旅行傷害保険が自動付帯
            補償額が高め
            補償内容が多い
            家族も対象になる
            旅行傷害保険が付帯されていない
            国内旅行傷害保険は利用付帯
            補償額が低い
            補償内容が少ない
            会員本人のみが対象
            その他の保険 紛失・盗難補償が付帯
            ショッピング保険が付帯
            渡航便遅延保険が付帯
            自動車ロードサービスが付帯(一部)
            ゴルフ保険(一部)
            キャンセル保険(一部)
            紛失・盗難補償が付帯
            ショッピング保険は付帯がないカードがある
            サポートデスク
            (問合窓口)
            ほぼフリーダイヤル
            ハイステータスカードは繋がりやすい
            対応が迅速丁寧
            コンシェルジュ対応がある
            有料ダイヤルのカードがある
            電話が非常につながりにくい
            基本はネット上のみで対応
            空港ラウンジ 無料で利用できることが多い カード特典はなし
            キャンペーン 少なめ
            多くの会員が楽しめることが多い
            多い
            条件がリボ利用等出費ありきが多い
            ETCカード 発行手数料無料が多い
            発行制限枚数が多め
            発行手数料有料が多い
            発行制限枚数が少ないor1枚のみ
            家族カード 本会員同様のサービスが受けられる サービス範囲が狭い
            券面デザイン 重厚感のある出したくなるデザインが多い デザイン性には富むものの重厚感はない

            ※上記は年会費有料、無料共に傾向をまとめています。すべてのクレジットカードが該当するわけではありませんのでご注意ください。

            上表を見ると、付帯保険に一番差がでることがわかります。
            特に旅行傷害保険はその差がわかりやすいですよね。

            年会費無料のクレジットカードでも海外旅行保険が付帯することは多いですが、その内容は補償項目も補償額も年会費有料カードには及ばず。

            また、国内旅行保険は付帯条件が大きく異なり、年会費無料カードは、旅行代金や旅行に関係する交通費(電車賃や空港運賃)をそのクレジットカードで決済した場合にのみ付帯される利用付帯がほとんどです。
            この点は実際に年会費有料クレジットカードを選択する主な理由になっています。

            還元率もやはり違いが顕著に出る部分です。
            特にゴールドカードになるとその違いは一目瞭然で、ある程度のクレジットカード利用がある人の場合は確実に年会費よりも高いポイントや商品券を受け取ることができます。

            希望する使い方ができるか確認

            クレジットカードを即日発行するからには利用目的があることでしょう。
            その目的に沿わなければいくらクレジットカードが即日発行されても喜びは半減してしまいませんか?

            あくまでも目的は「クレジットカードを即日発行すること」ではなく、「希望する用途に合ったクレジットカードを即日発行すること」ですよね。

            海外旅行へ行くのに国際ブランドにJCBしか選択できないクレジットカードでは心もとないでしょう。
            お金を借りたいのにキャッシング枠がつかなければ即日発行されてもまったく意味がありません。
            50
            万円のショッピングをしたいのに利用可能枠30万円だったら買い物ができませんよね。

            クレジットカードがその日に発行されれば何でも良い!と考えている人がいるのであれば、考え直しましょう。

            海外旅行目的ならVISAMaster cardが選べ、年会費無料で海外旅行傷害保険が充実しているエポスカードや医療費が高額な国でも安心できる高額補償のセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードを選びたいところです。

            お金を借りたいのであれば、キャッシング枠に不安が残るクレジットカードではなくほぼ確実にキャッシング枠がつくアコムACマスターカードか、カードローンにすべきでしょう。

            高額なショッピングをしたいのであれば、確実ではないにせよ利用可能枠が比較的高額なことが多い楽天カードやライフカード、アコムACマスターカードに期待してみましょう。

            即日発行に限らず、クレジットカードには向き不向きがあります。
            「今すぐにクレジットカードがほしい!」ではなく「今すぐに〇〇できるクレジットカードがほしい!」と考えることでより満足度の高いクレジットカードに出会えますよ。

            ⑤支払方法を確認

            クレジットカードには支払方法が複数用意されていることはご存知ですよね。
            1
            回払いでのショッピングを考えている人にはあまり関係のない話ですので、読み飛ばしてもOKです!

            高額な商品を1回払い以外で購入したい人は、必ずそのクレジットカードが対応している支払い方法を確認してください。

            クレジットカードの支払い方法は大きく分類すると以下の4つがあります。

            1回払い 購入金額を一括ですべて支払う方法(手数料無料)
            ボーナス1回払い 購入時期により定められた夏・冬いずれかのボーナスで支払う方法(手数料無料)

            例:JCBの場合
            12
            16日~615日利用分→夏のボーナス一括として8月支払い
            7
            16日~1115日利用分→冬のボーナス一括として1月支払い
            616日~715日、1116日~1215日は利用不可

            分割払い 購入金額を複数回に分割して支払う方法
            (分割回数に応じた手数料が発生)
            カード会社、利用店舗により取り扱い可能な分割回数が異なる
            リボルビング払いと比較して手数料が低い
            リボルビング払い 利用金額、件数問わず、毎月一定額を支払う方法
            (残高に対して一定利率で手数料が加算される)
            元利均等返済と元金均等返済がありカードにより異なる
            利息が高く、支払いが長期化することが多い

            1回払いはリボ専用カード以外どのクレジットカードでも選択できる支払い方法ですし、注意する点もほぼないなので問題ありません。

            1回払いで支払えない場合に、自分が希望する支払い方法を取り扱っているクレジットカードがチェックポイントになりますね。
            リボルビング払いはすべてのクレジットカードで取り扱っていますが、分割払いは取り扱いがあってもカード会社によって回数が異なります。

            そして一番注意していただきたいのは、「分割払い」と「リボルビング払い」の選択です。

            「分割払い」はクレジットカードにより決められた回数が異なり、特に最大分割回数は大きく異なります。
            このページでご紹介しているクレジットカードだけでも最高分割回数が24回、36回、48回といろいろです。

            分割払いは単純に分割回数分の月数支払いが継続するので、回数によって長期に渡りますが、分割回数を少なくすれば早期に完済でき、リボルビング払いよりも利率が低いです。
            一方、リボルビング払いは期間や回数ではなく支払い額を一定にする方法のため、高額商品の場合は支払いが非常に長期になります。また、利率も高く多くのクレジットカードが18.0%になっています。

            【知らないと怖い!分割払いとリボルビング払いの選び方】
            1回、2回払い以外で購入をしたい人はこの分割払いとリボルビング払いをしっかり理解して、適した支払い方法を選択してほしいんです。

            まず1つ、下記の例をご覧ください。

            例:Yahoo!JAPANカードで30万円の商品を購入する場合(公式ページ利率より算出)
            48
            回払い→毎月の支払い額8,290円
            (計算式:購入金額300,000円+手数料97,920円=397,920/48か月)

            リボ払い→毎月の支払い額はリボ払い残高20万円以上で1万円、20万円以下で5千円のため
            初回~18か月目 10,000円/19か月目以降 5,000円
            返済期間77か月(6年5か月)

            (利息計算式:毎月のリボ払い残高×18.0%/12か月)

            同じ金額の商品を48回払いとリボルビング払いで購入した時の簡易シミュレーションです。

            分割払いの手数料は購入時に1回計算され、購入額と手数料の合算を支払い回数で分割します。
            対してリボルビング払いは毎月リボルビング払いの残高に対し、手数料を計算するため完済するまでの手数料合計額が非常に高額になります。

            上記の例の場合、初回に支払う1万円の内元金として支払われる金額は5,500円になり、約半値が手数料になります。
            残高が減れば手数料も減っていくため元金返済額が増えますが、多くのクレジットカードでは残高が一定額以下になると毎月の支払い額も減るように設定されています。
            Yahoo!JAPAN
            カードの場合はそのボーダーが20万円で、支払額が5,000円に減ります。
            上記の例ですと19回目の支払いから5,000円の支払いになり、元金に充てられる金額が一気に下がり2,117円のみです。

            この計算を繰り返すと支払い期間は6年以上になり、支払う手数料の総額は16万円を超えてしまいます。

            この例を参考に購入する商品の金額と支払い方法をよく考えて利用してくださいね!

             

            即日発行やスピード発行のクレジットカードに関するよくある質問

            海外留学や海外旅行でも使いやすい即日発行、スピード発行のクレジットカードは?

            海外で使いやすいカードの条件は、国際ブランドにVISAMaster cardを選ぶことができ、更に内容が充実した海外旅行傷害保険が自動付帯していることでしょう。
            保険内容では死亡保障に目を奪われがちですが、現実的に海外で死亡する可能性は低いことから障害や疾病保険の内容を注視してくださいね。
            傷害や疾病は複数のクレジットカード保険を合算できますので、最低でも300万円の補償を確保すると安心です。
            また、アメリカン・エキスプレスカードは国内外問わず信頼性に高いクレジットカードなのでおすすめです。
            ※パルコカードの国際ブランドがアメックス以外の場合、国内外旅行傷害保険が付帯されません。

            未成年でも作れる即日発行、スピード発行のクレジットカードはどれ?

            高校生を除く18歳以上から申込ができるクレジットカードです。できれば年会費無料またはクリアしやすい年会費無料条件(年間1回利用など)のカードを選ぶことをおすすめします。

            学生でも作れる即日発行、スピード発行のクレジットカードはどれ?

            学生の中でも成人した方と未成年で作れるクレジットカードが変わってきます。
            審査に安心感のあるアコムACマスターカードは学生であっても20歳以上でアルバイトなどの安定した収入があれば申し込みができます。
            学生の方は、年会費無料を重視したい方も多いですし、通学には交通系電子マネーや定期券を利用する人も多いでしょう。その場合は、年会費実質無料、Suicaや定期券機能、Suicaオートチャージ対応で更に還元率が高いフルスペックの代表はやはりビックカメラSuicaカードですね。
            即日発行にこだわらないのであれば、学生にメリットが多い学生専用ライフカードやステータス性の高い三井住友VISAカードもおすすめです。いずれも在学中は年会費無料です。

            店頭で本カードを受け取りできる即日発行のクレジットカードはどれ?

            「即日発行」と一口に言ってもその中には即日本カードが発行されるクレジットカードと、発行店舗もしくは系列店舗でのみ即日利用できる仮カードが存在します。
            もしも目的が発行する店舗でのみ当日利用したいのであれば、本カード、仮カードにこだわる必要はないでしょう。
            しかし、発行店舗以外で国際ブランドとして利用したい人は申し込み当日に本カードを受け取れるクレジットカードを選択しなければなりません。
            また、店頭で申し込みから受け取りまで一括して対応可能な店舗が多いですが、審査をしている間の待ち時間が長くなる可能性もあります。
            時間を有効活用するためにもネットで申し込み、審査結果がわかってから店頭へ行くと良いでしょう。

            短時間で審査結果がすぐわかる即日発行、スピード発行のクレジットカードは?

            即日発行可能なクレジットカードは、基本的に審査時間が短く結果がすぐにわかります。
            また、楽天カードやYahoo!JAPANカードは郵送のため即日発行はできないものの審査時間は最短2分と非常に短い時間で終了します。
            但し、どの場合も公開されている情報は最短審査時間です。
            受付が混み合っている場合はもちろん、詳しい審査が必要と判断された場合には審査時間が長くなることを想定しておきましょう。

            即日発行、スピード発行で還元率が高いクレジットカードはどれ?

            ビックカメラSuicaカード、エムアイカードプラスはそれぞれ提携店舗での還元率が非常に高いため、それぞれビックカメラ、三越伊勢丹グループでお買い物をする人にはおすすめの即日発行クレジットカードです。
            一方、楽天カードやVIASOカード、Yahoo!JAPANカードは限られた店舗ではなく総合的に還元率の高いクレジットカードになります。
            VIASO
            カードはネットショッピング最強クレジットカードと呼ばれている通り、ネットショッピングで高い還元率を発揮しますので、ネットショッピングを頻繁にする人には大変おすすめです!

            特典や優待が充実しているお得な即日発行、スピード発行のクレジットカードは?

            一般カードの中で特典や優待においてエポスカードの右に出るクレジットカードはありません。
            幅広いジャンルの優待に優れ、年会費が完全無料なうえに即日発行にも対応している優秀なクレジットカードです。
            また、PARCOカードやルミネカードはそれぞれ提携店舗で受けられる優待を目当てにクレジットカードを作る人がいるほど高い魅力の優待があります。
            ポイント還元率は一般的ですが、その分カード提示やカード決済時、カード引き落とし時に直接値引きされるなどお得にショッピングできる優待が詰まっています。

            新社会人が初めて持つのにおすすめの即日発行、スピード発行クレジットカードは?

            社会人であればやはりステータス性の高いクレジットカードをおすすめします。
            年会費が発生するクレジットカードもありますが、ステータス性の高いクレジットカードは年会費が有料なだけありそれぞれにメリットがあります。
            社会人になると上司や取引先、ゆくゆくは部下を連れて出歩くこともあるでしょう。その際に券面に重厚感あるクレジットカードが出てくると印象も違ってきます。

            特にMUFGカードゴールドカードはゴールドカードの中でも年会費が低く、それでいてステータスも十分な大人のクレジットカードなのでおすすめです。

            専業主婦でも作れる即日発行の、スピード発行クレジットカードはどれ?

            専業主婦におすすめの即日発行できるクレジットカードはやはりスーパーなど日常的なお買い物に強いクレジットカードです。
            一般的に還元率の高いクレジットカードが人気ですが、専業主婦の場合はポイントを貯めるよりも毎日のお買い物がお得にできる方が嬉しいですよね。
            上記に挙げたクレジットカードはそれぞれ特定日に割引優待があり、即日発行ができるクレジットカードです。
            また、クレジットカードを使う機会が少なかったり、使っても少額だったりという人は、ポイントの期限が切れてしまう可能性があります。セゾンカードの永久不滅ポイントはその名の通りポイント有効期限がありませんのでおすすめですし、貯めたポイントを共通ポイントに交換できるイオンカードセレクトも使いやすいでしょう。

            まとめ

            専業主婦におすすめの即日発行できるクレジットカードはやはりスーパーなど日常的なお買い物に強いクレジットカードです。
            一般的に還元率の高いクレジットカードが人気ですが、専業主婦の場合はポイントを貯めるよりも毎日のお買い物がお得にできる方が嬉しいですよね。
            上記に挙げたクレジットカードはそれぞれ特定日に割引優待があり、即日発行ができるクレジットカードです。
            また、クレジットカードを使う機会が少なかったり、使っても少額だったりという人は、ポイントの期限が切れてしまう可能性があります。セゾンカードの永久不滅ポイントはその名の通りポイント有効期限がありませんのでおすすめですし、貯めたポイントを共通ポイントに交換できるイオンカードセレクトも使いやすいでしょう。