1. クレジットカードDX
  2. 即日発行可能
  3. アコムACマスターカード即日発行までの6つ手順

アコムACマスターカード即日発行までの6つ手順

 2018/06/09 即日発行可能   4,331 Views

急な出張や海外旅行などできるだけ早くクレジットカードを作りたいというシーンに出会った時、どうしますか?

現在、世界では数えきれないほどのクレジットカードが発行されていますが、即日発行が可能なクレジットカードは決して多くはありません。

その中で、消費者金融アコムが発行するACマスターカードは即日発行可能なクレジットカードです。

それと同時に一般的なクレジットカードとは少し変わった特徴を持つ一枚でもあります。

それでは、ACマスターカードの特徴や、即日発行によるカードの申込み、発行方法を見ていきましょう!

発行スピード 最短即日
国際ブランド Master card
還元率 0.25%
年会費 無料
付帯サービス なし
カード受け取り方法 自動契約機/店頭窓口/郵送
申し込み資格 20歳〜69歳までの安定した収入を持ち、返済能力があること
支払期日 35日ごとの支払い、毎月支払いのいずれか
ショッピングリボ手数料 10.0%〜14.6%
アコムACマスターカードのお申込みはコチラ
Sponsored Link

ACマスターカードのメリット

ACマスターカードは、消費者金融大手のアコムが発行する年会費が永年無料のクレジットカードです。

今まで消費者金融を利用したことがない人や、自動契約機を使ったことのない方は、「危険」「怖い」「怪しい」などのイメージを持つかもしれません。

しかし、アコムはあの三菱UFJフィナンシャル・グループ企業かつ、東証一部上場企業なので何も不安に感じる必要はありません。

アコムと同じ東証一部上場にはトヨタ自動車や日産自動車、ソニーやイオン、パナソニック、ソフトバンク、NTTドコモなど誰もが知っている国内トップクラス企業が軒並み揃っています。
アコムもこれらの大企業に並ぶ立派な企業ですので、信頼性に富んでいると思って良いのです。

また、ACマスターカードは世界シェア第二位の国際ブランドであるMaster cardからアコムがライセンスを受けて発行しているクレジットカードです。

消費者金融系のカードは他にもありますが、消費者金融自体がライセンスを受けて発行しているクレジットカードは、現在ACマスターカードだけということも是非知っておいてくださいね。

発行スピード 最短即日
国際ブランド Master card
還元率 0.25%
年会費 無料
付帯サービス なし
カード受け取り方法 自動契約機/店頭窓口/郵送
申し込み資格 20歳〜69歳までの安定した収入を持ち、返済能力があること
支払期日 35日ごとの支払い、毎月支払いのいずれか
ショッピングリボ手数料 10.0%〜14.6%

即日発行が全国各地の自動契約機でできる

ACマスターカード最大のメリットは全国各地で即日発行ができることです。

即日発行に対応しているクレジットカードは多数ありますが、受取窓口が限られているため地域によっては近隣に受け取り窓口がなく諦めるしかない場合もありますね。

しかし、ACマスターカードなら全国各地1,000か所(2019年3月時点/一部対応不可あり)にある店舗や自動契約機で受け取りができるので、安心です。

更にキャッシングや返済が出来るATMは全国に51,737台(2019年3月時点)にものぼるため、即日発行をした後の利用や返済も便利です。

審査も発行もキャッシングまで超スピード対応

アコムACマスターカードのスゴイところは、何をとっても超スピード対応であること。

申し込み前にカードが発行できるかを診断できる「3秒診断」に始まり、申込後の審査は「最短30分」で、審査に通過した場合には自動契約機(むじんくん)でその日のうちに」アコムACマスターカードを受け取ることができます。

3秒、30分、即日がACマスターカードの大きな魅力ですね。

そして更に「1分」というハイスピード対応もあるんです。

それが振込による借入。
ACマスターカードを持っているけど、ATMへ行く時間がなかったり、どうしてもその場から離れられないなんて時には、ネットや電話で24時間365日振込による借入を申し込むことが出来ます。

振込だと手数料が心配ですが、ACマスターカードの振込による借入は手数料無料なので安心です。

券面にアコムや消費者金融の表記がない

消費者金融に対して「怖い」「不安」などのイメージを持っている人は、クレジットカードを提示した時に家族や知人にアコムのカードだとわかってしまうことを懸念するでしょう。

しかし、ACマスターカードの券面にはアコムや消費者金融の表記が一切ないため、店頭で提示してもアコムのカードだとわかる人はほぼいないのでこちらも安心してください。

利用明細書の電磁交付で家族にも知られない

アコムではACマスターカードユーザーのプライバシーを徹底的に保護してくれます。

消費者金融ならではの考え方ですが、例え同居の家族であってもACマスターカードの様々な情報がわからないように利用明細書の郵送にも気を使ってくれるんです。

一般的にクレジットカードの利用明細書は自宅に送付されますが、アコムではACマスターカードの利用明細書を「電磁交付」方式に設定することができます。

利用明細書を電磁交付に設定した場合は、自宅に明細が郵送されることはなく、会員サービス画面にログインして内容を確認することができますし、郵送の明細を希望する場合は他社のクレジットカードのように自宅に郵送してもらうことが出来ます。

また、アコムでは支払いに滞納などの問題が生じた場合であっても第三者に知られないように会員本人へのコンタクトをしてくれます。

ショッピングとキャッシングを合わせた最高限度額が800万円!

一般的なクレジットカードの最高利用限度額は、一般カードで100万円、ゴールドカードでも300万円程度ですし、ゴールドカードはもちろん高額な年会費がかかります。

しかし、アコムのACマスターカードはショッピング枠とキャッシング枠を合計した最高利用限度額が800万円です。

これはクレジットカードの中では文句なしの最高クラス。

尚、800万円はあくまでもショッピングとキャッシングを合計した場合の最高利用限度額となり、ショッピングのみの最高利用限度額は300万円です。

他社の審査に落ちた人に人気の独自審査

ACマスターカードの申し込みを検討している人の中には、少なからず審査に不安がある人が多いと思います。
過去に金融事故を起こしてしまった人、覚えはないのに何故か数社の審査に落ちてしまった人などその理由は様々でしょう。

ACマスターカードは一般的なクレジットカード会社の審査基準とは異なり、アコム独自の基準で審査をするため、他社の審査に落ちた人でもアコムなら審査に通る可能性があります。

ACマスターカードが作りやすい理由

上でお伝えした通りACマスターカードの審査は、他社の審査に落ちた人でも通過できる可能性を秘めています。

それはアコムの審査が甘いわけではありません。
アコムACマスターカードの審査に期待できる理由を詳しく解説しましょう。

一般的なクレジットカード会社は、個人信用情報機関に登録されている過去のクレジットカード履歴や金融事故履歴、支払履歴などの信用情報を元に審査をします。

この履歴に事故や支払の滞納がある場合は、その人物の信用力が欠けていると判断されて審査に落ちてしまうのです。

対してアコムACマスターカードの審査は、「過去ではなく、今」を重視した基準をもっています。

今現在の収入が安定しているのか、安定した継続勤務可能な勤務先であるか、他社からの借入残高が今現在どれくらいあるのかなど、どの点においても「今」を基準に審査をします。

また、アコムでは居住種類や居住年数なども重視しており、賃貸住宅よりも持家の方が審査では有利です。

とにかく今現在の返済能力が審査基準になるということでしょう。

クレジットカードの中には雇用形態で審査に落ちたり、申し込みができなかったりする場合がありますが、アコムACマスターカードの場合は、返済能力があればパートやアルバイトでも問題ありません。

クレヒスに自信がない人におすすめ!

上で解説した通り、ACマスターカードは独自の審査基準で審査をするため一般的なクレジットカードの審査に落ちた人におすすめのクレジットカードです。
その中でも特にクレジットヒストリー(クレヒス)に自信がない人におすすめなんです。

【クレヒスとは】
「クレヒス」はクレジットヒストリーの略で、過去にクレジットカードやカードローン(金融商品全般)などを利用してきた履歴のことを指します。

様々な金融商品を利用した情報が積み重ねられていくため、今まで一度もクレジットカードやカードローンを利用したことがない人は、クレヒスがありません。

20代の若者であればクレヒスがないことも不思議ではありませんが、30代半ばになってクレヒスがまったくない場合は審査材料がないことや金融事故者と怪しまれることでクレジットカードの審査に通りづらいことがあります。

そのような場合は、積極的にACマスターカードに申し込みすることをおすすめします。

アコムは、独自審査基準はもちろんのこと、貸金業者としてお金を貸すことを生業としているため、今まで借りたことのない人にも積極的に契約をする傾向にあるんです。

他社のクレジットカードの審査に落ちてしまった人は、ACマスターカードにチャレンジしてみましょう!

ただし、直近にクレジットカードの申込みで審査に落ちている場合は、最低でも6か月間空けてからACマスターカードの申込みをしましょう。

クレジットカード会社は短期間に多数の申し込みがあったり、他社の審査に落ちたりしている場合は、審査に落とす可能性があります。

クレジットカードの審査を受けると個人信用情報機関に6か月間はカード申込の記録が残っているので、申し込み履歴が消えてからACマスターカードに申し込みする方が安心です。

クレヒスが原因でクレジットカードを作れなかった人もACマスターカードを使ってクレジットヒストリーを積むことで、他のクレジットカードも作りやすくなります。

ACマスターカードのデメリット

ACマスターカードには、即日発行や独自審査基準などクレジットカードを発行するまでの過程に非常に多くのメリットがあります。

しかし、一般的なクレジットカードと異なる特徴を持つため、人によってはデメリットに感じる部分もあるでしょう。

一般的なクレジットカードにあるサービスがほとんどない

ACマスターカードは、昨今クレジットカード各社が競っているポイント還元やスマホ決済、旅行傷害保険など多くの付加サービスがついていません。

  • 家族カード発行なし
  • ETCカード発行なし
  • ポイント還元なし
  • スマホ決済非対応
  • 旅行傷害保険なし
  • 優待サービスなし

実用一点張りのカードですが、ショッピングやキャッシングであれば国内はもちろん海外でも普通に利用できます。

尚、ポイントプログラムの代わりとして、カード利用代金の0.25%が自動的に利用代金に充当される「キャッシュバックプログラム」があります。

一般的なポイントプログラムの場合、最低でも0.5%程度の還元率がありますので多少物足りないかもしれませんが、利用代金から直接値引きしてくれるのは嬉しいものです。

考え方によっては、ポイントと異なり有効期限や使い道の心配をする必要がなく、年会費も無料なので、利用頻度が低い人でも安心して持ち続けることができるというメリットと考えられます。

3Dセキュア(本人認証サービス)は使えない

ACマスターカードのスマホ決済は、サイトによってできる、出来ないと異なる情報が混在していますが、スマホ決済はできません。

Apple Payでは、登録クレジットカードの対象外ですし、楽天ペイは利用にあたり3Dセキュアと言われる本人認証サービス(Mastercard® SecureCode)の利用ができないため使えません。

3Dセキュア(本人認証サービス)は、ネットショッピングの決済時に使われる本人認証サービスでVISA、Master card、JCB、アメックスそれぞれでサービス名が異なります。

ACマスターカードにはMaster cardがついているため本人認証サービスが利用できると思われがちですが、残念ながらサービス対象外のため覚えておきましょう。

リボ払いのみのため支払に工夫が必要

ACマスターカードは、支払い方法がリボ払い一択です。

一般的なクレジットカードでは、一括払いや分割払いなどリボ払い以外の選択肢がありますが、ACマスターカードの場合は店頭で1回払いと指定しても全て自動的にリボ払いになります。

消費者金融のカードローンを利用したことがある人はわかると思いますが、一般的にカードローンはリボ払いが基本です。
このような特徴は実に消費者金融のアコムらしいと言えるでしょう。

カードローンやクレジットカードのリボ払いを利用したことがない人にとってリボ払いは、毎月多額の手数料が発生する嫌煙すべき支払い方法だと思います。

その通りで、リボ払いは毎月決められた一定額と残高に対する手数料を支払う方法のため、クレジットカード利用代金を全額支払うことが出来ず、常に借金をしている状況になります。

ACマスターカードが「怖い」「怪しい」という意見を聞くことがありますが、恐らくこの自動リボ払いの仕組みを知らない人が、「勝手に手数料を取られた」、「指定していないのにリボ払いに変更された」などと勘違いしている可能性もあるでしょう。

ACマスターカードを検討していた人の中には、支払い方法がリボ払いに限定されることから申し込みを諦めようと思っている人もいると思います。

しかし、ACマスターカードの仕組みをきちんと理解していれば、実質一回払いとして手数料がかからずに利用することができるので安心です。

ACマスターカードを実質1回払いで利用する方法

先に解説した通り、ACマスターカードは何も知らずに利用するとクレジットカード利用代金すべてがリボ払いになり、毎月手数料を支払うことになってしまいます。

しかし、実はACマスターカードを実質一括払いで利用する簡単な方法があるんです。

 

ズバリ!毎月6日までに前月利用分を全額返済することです。

 

詳しく解説しましょう。

ACマスターカードの支払いは、新規利用分を毎月20日で締め、翌月7日から35日間の支払い期間内にに返済するサイクルです。(口座振替の場合は6日が引落日)

支払い期間に入ってしまうと手数料が発生しますが、支払い期間前…要するに翌月6日までは手数料がかかりません。

この支払いサイクルを上手く利用することで自動的にリボ払いになるACマスターカードを一般的なクレジットカードの1回払いと同じ様に利用することが出来ます。

但し、口座振替を利用日ている場合、毎月6日に手数料込の金額が引き落としされてしまうため、引落し額との差額を任意に支払う必要があります。

これらの返済は、提携ATMやインターネット返済を利用することが出来ます。
提携ATMも多数ありますが、アコム自動契約機のATMコーナーやインターネット返済ですと返済手数料が無料になるためおすすめです。

ACマスターカードの即日発行に失敗しないコツ!

即日発行に対応しているACマスターカードですが、申し込みに不手際があったり、審査に落ちてしまったりしては、即日どころかACマスターカードを手にすることすらできません。

即日発行に失敗しないためのコツをしっかり押さえて、確実にACマスターカードを即日発行できるように準備しましょう。

とにかく時間に注意すること

クレジットカードの申し込みから受け取りまでにかかる時間は、「申込」「審査」「受け取り」に大きく分けることができるでしょう。

当日20時までに申し込みを完了する

まず「申込」についてですが、ACマスターカードの場合24時間365日受付けていますので早朝深夜関係なく、いつでも都合の良い時間に申し込みすることが出来ます。

しかし、即日発行を念頭に置いた場合、申し込み時間によっては翌日扱いとなってしまい当日中にACマスターカードを受け取ることが出来なくなります。

アコムの営業時間は年末年始を除き、土日祝日を含めた9:00~21:00ですが、審査する時間を考えると遅くとも20:00までには申込を完了しておきましょう。

審査時間を短縮して確実に通過する

ACマスターカードを発行する上での最重要ポイントは、やはり審査でしょう。

どんなに頑張って申込をしたところで、審査に落ちてしまってはまったく意味がありません。
審査はアコムが実施するため申込者が出来ることは少ないですが、出来ることはやって審査を有利に進めたいですよね。

審査において注意してほしいことを細かく言えば多々ありますが、一番重要なポイントはキャッシング希望額を50万円以下にすることです。

どんなに早く自動契約機に行けても、審査に時間がかかってしまえば即日発行が叶わない場合もあります。

ACマスターカードの利用上限額は、「カードローン契約極度額」か「クレジット利用限度額」のどちらか大きな額のほうとなります。

先に解説している通り、クレジット利用限度額は10万円から300万円、カードローンの最高契約額は、クレジット利用額と合計で800万円、契約額は審査により1万円単位で決まります。

カードローン契約額つまりキャッシングできる額を出来る限り低くしておくことで、審査にかかる時間も短くなります。

2010年6月の賃金業法改正により消費者金融から50万円を超える借金をする場合は、収入証明を確認のうえ、審査をすることが義務付けられました。

ACマスターカードの即日発行で50万円以上のキャッシング枠を希望する場合は、収入証明の提出が必要になるのはもちろんのこと、50万円以下の場合よりも詳細の審査が必要になるため時間がかかってしまいます。

審査にかかる時間を短くできれば、より確実な即日発行に近づけます。

総量規制に注意しよう

既に他の消費者金融やクレジットカードなどでキャッシングをしている場合は、総量規制に注意しましょう。

総量規制額は、過度な借入から消費者を守るために2010年6月の賃金業法改正で新たに施行された法律です。

総量規制では、賃金業者から借入できる金額は年収の3分の1までとなります。

また、先に貸金業者側では50万円を超える借入には収入証明書が必要な旨をお伝えしましたが、他社借入の合計額が100万円を超える際も、収入証明書の提出が求められます。

審査のステップがそれだけ増えるので、できるだけカードローン契約極度額は低くしておきましょう。

ACマスターカードの発行ができる自動契約機をチェック

即日入手が可能な百貨店系のクレジットカードなどは、通常カードを受け取れるカウンターが設置されています。

ACマスターカードは、店頭窓口での受け取りも可能ですが、主にアコムの「自動契約機」でカードを受け取ることができるのです。

ただし、自動契約機全店舗でACマスターカードが受け取れるわけではなく、カードローン専用の自動契約機もありますので、事前にアコムの公式サイトでお確かめください。

地元の自動契約機で受け取り不可でも、県庁所在地、またはそれに準じる大きな街に行けば、だいたいACマスターカードが受け取れます。
複数の自動契約機の置かれた店舗では、ACマスターカード対応と非対応の自動契約機が混在していることもあります。

20:00までに申し込みを完了し、21:00までに最寄りの自動契約機に受け取りに行くとスムーズです。

アコムのATMを自動契約機と勘違いして行ってしまった場合、改めて自動契約機に移動している間に営業時間が終了してしまう可能性もあります。

アコムの自動契約機むじんくんは、対応エリアも広く、店舗数も多いので、事前にしっかりチェックしておけば他の即日発行のクレジットカードよりも有利です。

移動中の場合でも大きな駅などは高確率で自動契約機がありますので、通過ポイントでサッとACマスターカードの受取りをしてしまうこともできるでしょう。
自動契約機(むじんくん)とは?

自動契約機(むじんくん)とは、アコムの自動契約機の名称であり、自動契約機のある店舗のことでもあります。
自動契約機は、街中の雑居ビルや、ロードサイドにあることが多いですが、赤いアコムの看板が出ていますからすぐに見つけることができるでしょう。

アコムの場合、ビル1階で、直接外から出入する店舗は少なく、多くの自動契約機はビルの階段を使って出入りする環境です。
自動契約機の店舗内は本当に無人で、通常は誰もおらず、人が出入りするのは清掃や、現金回収くらいでしょう。

さらに、カードローンの借入れの方法も多様化していますので、他の利用者が店内にいることも少ないです。

実のところ、女性でもほとんど人目を気にせず利用ができますので安心してくださいね。

店内には、ATMコーナーと、自動契約機の個室があり、ATMコーナーでは手数料無料で支払(返済)ができますので、カード入手後も利用価値があります。

また、自動契約機の入室中は鍵が掛かりますので操作中に他人が入室することもなく情報保護や防犯性にも優れています。

自動契約機では一からACマスターカードの申込みをすることもできますが、審査の間も自動契約機内で待機する必要があり、もし審査に落ちてしまった場合は、せっかく出向いたのに手ぶらで帰宅することになります。

貴重な時間も無駄になってしまうので、自動契約機に行く前にWebから申し込みをして審査結果を受けてから自動契約機(むじんくん)でACマスターカードを受け取る方法がおすすめです。

必要書類を揃えておくこと

ACマスターカードに限らずクレジットカードの申し込みには本人確認書類などの提示が必要な書類があります。

ACマスターカードの場合、本人確認書類とキャッシング希望額によっては収入証明書、本人名義の金融機関口座が必要です。

【本人確認書類】
運転免許証/保険証/パスポート/マイナンバーカード

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードは顔写真が掲載されているため、1点のみで本人確認書類となります。

少々準備が必要になるのが、本人確認書類に顔写真のない「保険証」を利用する場合と運転免許証などの本人確認書類の記載住所と現住所が異なる場合です。

どちらの場合も追加書類として別途、公共料金の領収書や住民票の写しが必要になります。

特に公共料金の領収書が自分ではなく家族名義の場合は、住民票の写し準備が必要なため時間と手間がかかります。

住民票の写しは人によっては役所まで行かなければなりません。
誰もが知っての通り役所は開所時間が限られているため、多忙な人にとってはいきなりハードルが上がりますので、事前に準備できる余裕を持っておきましょう。

【アコム指定の収入証明】
源泉徴収票(推奨)/市民税・県民税額決定通知書/所得証明書/確定申告書・青色申告書・収支内訳書/直近の給与明細書

キャッシングの希望額や他社から既に借入している金額によっては収入証明書の提出が必要になります。

収入証明書のほとんどは手元にあるはずの物ですが、中には見たら破棄している人もいるでしょう。

その場合には、改めて所得証明書や源泉徴収票を発行してもらわなければなりませんので、自分の借入状況を確認のうえ事前に準備しておくようにしましょう。

尚、他社借入がなくキャッシング希望額を50万円以下にしている人でもその場に収入証明書があれば、短時間で50万円以上の審査をしてもらえる場合があります。
もしも手元に収入証明がある場合は、念のため持参しておくと良いでしょう。

在籍確認が出来ない時間を避ける

アコムでは審査の際に勤務先への在籍確認を実施しています。

インターネットからの申し込みの場合、ある程度の審査が進み、申込者本人に確認の電話が入った後のタイミングで在籍確認の連絡をすることが多いようです。

アコムの在籍確認は基本的に電話になりますが、状況によって別の方法で確認してくれることもあるため、不安がある場合は事前にアコムへ連絡して相談すると良いでしょう。

また、申込完了後にアコムへ依頼すれば、在籍確認の時間を指定することもできます。

 

しかし、これらはすべて即日発行に拘らない場合です。

 

在籍確認の日時を指定したり、別の方法を希望したりしていては即日発行の対応可能時間が過ぎてしまう可能性が出てきます
確実に即日発行でACマスターカードを手に入れるためには「勤務先の営業時間内に在籍確認を完了」させる必要があるんです。

これは、職種によっては非常に難しいことだと思います。

職種にもよりますがほとんどの場合、仕事が終わってからか仕事が休みの日にACマスターカードに申し込みをするでしょう。
そこから即日発行で審査を受けて、在籍確認となるとアコムが勤務先に連絡するのは退社後の夜か休みの日ということになります。

サービス業などシフトで勤務している場合は、自分がいなくても別の方が電話に出てくれるので問題ありませんが、一般的な会社員の場合は終業時間で電話が留守電になってしまったり、自分が休みの日は勤務先も休みだったりするでしょう。

要は申込者が申込をした数時間後に勤務先の電話が繋がる状態でなければならないんです。

電話さえ繋がり、電話口の人が「〇〇は休みです。」、「〇〇は席を外しています。」と回答してくれれば在籍確認が終了しますが、電話が繋がらなければ在籍確認が取れないということになります。

在籍確認は審査の一部ですので、在籍確認ができなければ審査に通過できません。

もちろんその場で審査に落ちるのではなく、会社の営業日や時間を待って改めて在籍確認ができてから審査結果が出るということになります。

しかし、即日発行を希望している場合、それでは遅いですよね。

一番安全なのは勤務先の営業時間内に在籍確認が取れるようなタイミングで申し込みをすることです。

中には勤務先への電話ではなく、源泉徴収票と直近の給与明細を提示することで在籍確認の代わりにしてもらった事例もあります。
クレジットカード会社の中には、マニュアル通りの対応しかしてくれない会社もありますが、アコムは比較的顧客に寄り添った対応をしてくれますので、即日の在籍確認が難しい場合は相談してみると良いでしょう。

ACマスターカードの基本事項と申込手順

ACマスターカードのメリットやデメリット、審査についてわかったところで改めてACマスターカードの基本事項を振り返ってみましょう。

ACマスターカードの申込資格

ACマスターカードの申込資格は、「20歳〜69歳までの安定した収入を持ち、返済能力があること」です。

これだけ見ると学生は申込できないように見えますが、20歳以上でアルバイトなどで安定した収入があれば、学生でも申込み可能です。

また、正社員に限らず、非正規従業員でも申込できますが、年金生活者や、自分自身の収入のない専業主婦は申し込めません。

アコムの場合は「今現在、収入と返済する能力があるか」が審査の要になるためこのような申込資格となっていると考えられますね。

ACマスターカードWeb申込みの手順

1.公式ホームページの入会申込フォームに必要事項を入力
2. メールまたは、電話で申込内容確認連絡を受ける
3.本人確認書類をメールまたはアプリで提出
4.審査結果連絡を受ける
5.全国設置の自動契約機(むじんくん)で発行手続き

ACマスターカードは公式ホームページ経由のweb申込の他、電話、店頭窓口、自動契約機から申込ができます。
どの申込方法でも審査結果や審査時間は変わりませんが、即日発行を希望する場合はweb申込を推奨します。

尚、公式ホームページの申込フォームはクレジットカードであるACマスターカードの他、通常のカードローン申込も出来ますので間違えないようにしましょう。

返済期日と返済方法の選び方

ACマスターカードでは返済期日を2パターンから、返済方法を6パターンから任意で選択することが出来ます。

一般的なクレジットカードの場合、ほとんどが指定日に金融機関の口座から自動引き落としになるところ、任意で選択することが出来るので返済を自由にコントロールできるんです。

【返済期日】

■指定日返済
自分の好きな日を決めて、毎月その日までに返済する方法

■35日ごと返済
前回返済日の翌日から35日目に返済する方法
(初回返済は借入日の翌日から35日後)

指定日返済のメリットは、給料日など自分の収入に合わせた日を選ぶことで苦痛なく返済することが出来ます。

また、35日ごと返済は、消費者金融を利用したことがない人には馴染みがないかもしれませんが、アイフルなどでも採用している返済期日です。

毎月、前回の返済日の翌日から数えて35日後が返済日になり、その間に新規の利用をしても返済期日は変わりません。
この返済期日はメリットを感じにくいかもしれませんが、非常に返済の自由度が高くなるおすすめの返済期日です。

35日後が返済日となっていますが、その前に返済すればその返済日から35日後が新たな返済日となりますので、35日を待つ必要はありません。

【返済方法】

■アコムATM
手数料無料で返済が可能

■インターネット返済
24時間365日スマホやパソコンからネットバンキングで返済

■口座自動引き落とし
毎月6日に金融機関の口座から引き落とし

■店頭窓口
平日9時30分~18時に窓口で相談しながら返済

■銀行振込
アコム指定銀行口座に振込で返済
但し、振込手数料は自己負担

■提携ATM
コンビニをはじめとする全国の提携ATMで返済
但し、手数料が発生

一般的なクレジットカードと異なり、返済方法も自由度が高いのがACマスターカードの特徴であり魅力でしょう。

金融機関口座からの引落しは口座の使い方によっては手間がありませんが、入金を忘れてしまったり、他の引落で気づかないうちに残高不足になっていたりと意外と不便が多いと感じている人もいるでしょう。

ACマスターカードでは口座引落以外にも多数の返済方法が用意されています。

おすすめはアコムATMまたは、インターネット返済です。

これらは手数料がかからず、自分のタイミングで返済することが出来るので35日ごと返済と組み合わせると返済自由度が非常に高くなり、柔軟にコントロールすることができるんです。

提携ATMや店頭窓口、銀行振込は、手数料がかかったり、営業時間が限られているためあまりおすすめしません。

外出が多い人なら外出のついでに出先にあるアコムATMでサクっと返済できますし、外出機会が少ない人であればスマホやパソコンからネットバンキングで楽に返済が可能です。

この返済期日や返済方法は、ACマスターカードをリボ専用カードとして利用するか、実質1回払いとして利用するかに大きくかかわってきます。

1回払いとして手数料をかけずに利用する場合は、毎月20日に締めた利用代金を翌月6日までに支払う必要があります。

口座引落の場合は、返済日が毎月6日に限られており引き落とし時点で手数料が発生してしまいます。
実質1回払いとして利用するのであれば、口座引落以外の返済方法で返済期日を35日ごと返済にすると良いでしょう。

その上で毎月21日~翌月6日までに利用代金全額を支払うことで、手数料が一切かからずにACマスターカードを利用できます。

ACマスターカード申込みの注意点

■メールは大切な連絡手段
ACマスターカードの審査結果連絡はEメールで届きます。
申込時に申告するメールアドレスが間違っていたり、受信拒否設定をしていたりするとメールが受け取れませんので注意してください。

■事実と異なることを申告しない
審査に通過したいばかりに収入や居住状況などで嘘を申告してしまう人がいます。
しかし、相手は審査のプロですので、すぐにバレてしまいます。

嘘が判明した場合には、本当は審査に通過できる内容であっても嘘が原因で審査に落ちてしまうこともあります。
審査に不安があっても嘘の申告はせずに今現在の真実を申告しましょう。

ACマスターカードの審査に落ちる原因

独自審査基準を持ち、一般的なクレジットカードの審査に落ちた人でも期待を持てるACマスターカードですが、誰でも審査に通過するわけではありません。

ACマスターカードの審査に落ちる場合、下記のような原因が考えられます。

・2~3か月間の大きな延滞など、金融事故を起こした経験がある
・返済の短期遅延を何度も繰り返している
・多重申し込みをしている
・他社の借入残高が多く、総量規制の対象となっている
・他社のショッピング残高が多額

審査に落ちてしまいその原因に思い当たることがある場合は、一旦原因となる事項を解決してから改めて申込すると良いでしょう。

但し、申込状況は個人信用情報機関に6か月間登録されていますので、再申込は審査に落ちた申込から6か月以上経過してからにするようにしてください。

ACマスターカードの基本情報

年会費 永年無料
国際ブランド Master card
申込条件 20歳〜69歳までの安定した収入を持ち、返済能力があること
家族カード 発行不可
ETCカード 発行不可
旅行傷害保険 付帯なし
その他付帯保険 盗難補償
発行日数 最短即日発行
還元率 0.25%
ポイントプログラム なし
※0.25%のオートキャッシュバックあり
電子マネー モバイルSuica
スマホ決済 利用不可

まとめ

消費者金融アコムが発行するACマスターカードは、独自の審査基準を持ち他社クレジットカードの審査に落ちた人でも期待を持てる人気のクレジットカードです。

消費者金融が発行しているということや手数料についての誤解により「怖い」「怪しい」「危険」などよろしくないイメージを持つ人もいるようですが、きちんと仕組みを理解すればACマスターカードが優秀なクレジットカードであることがわかるでしょう。

クレヒスで困っている方やクレジットカードにキャッシング機能を求める方、審査に不安がある方は、是非ACマスターカードに申し込みをしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカードDXの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカードDXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ETCも即日発行できるセゾンカードインターナショナル

  • 即日審査に対応しているプロパーカードJCB一般カード

  • エムアイカードが進化したエムアイカードプラス(MICARD+)

  • 優待が多い!特別感満載のセゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード

  • パルコ(PARCO)カードはリニューアルでどう変わった?

  • 即日審査に対応している唯一のプロパーカードJCBゴールドカード