1. クレジットカードDX
  2. 還元率
  3. 年間利用額別に比較する還元率が高いクレジットカード12選

年間利用額別に比較する還元率が高いクレジットカード12選

 2019/11/21 還元率   546 Views

クレジットカードの還元率は利用する人によって変動することがあるのを知っていますか?

クレジットカードの中には基本還元率は低いけど一定の利用額ごとにボーナスポイントが付与されたり、年間利用額によって翌年度の還元率がアップしたりするものがあります。

いわば、全員には与えられない特定の人にのみ与えられる裏還元というところでしょうか。

また、一定額を利用することで年会費が無料になるクレジットカードもありますし、年会費が高いぶん還元率も高いクレジットカードもあります。

これらはすべて年間にどれくらいクレジットカードを利用するかによって変動してきます。

反対に年間利用額が少ない人におすすめの還元率が高いクレジットカードもあります。

ここでは年間利用額別におすすめの還元率が高いクレジットカードをご紹介しますので、自分の年間利用額を想像しながらご覧くださいね。

Sponsored Link

年間利用額100万円未満の人におすすめの高還元クレジットカード6選

クレジットカードはたまにしか使わない、使ってもさほど金額が多くないという人は結構いると思います。

クレジットカードの使い方は人それぞれなので、利用頻度が低かったり、利用額が少なくても何ら問題はありません。

ただ、唯一不安があるとすれば使っているクレジットカードと使い方が見合っているのかどうか。
現在、クレジットカードを作ろうとしている人であれば、見合ったクレジットカードを選べるかどうかです。

クレジットカードの還元率は利用額に対してポイントが還元される割合になるので、年間利用額が少なければ還元されるポイントも少ないことになります。

しかし、クレジットカードの年会費は利用額に関係なく発生しますよね。

これらを総合的に考えて自分の年間利用額に見合ったクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

ここでは年間利用額が100万円未満の方におすすめの還元率が高いクレジットカードをご紹介します。

リーダーズカード

リーダーズカード

おすすめポイント

  1. 年間利用額30万円以上で2,500円の年会費が無料になる
  2. 基本ポイント還元率が1.25%の高水準
  3. 楽天Edy以外の電子マネーチャージでポイントが付与される
還元率 1.25%~1.68%
年会費 初年度無料/2,500円(税抜)
※前年度30万円以上利用で無料
国際ブランド Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※楽天Edyはポイント付与対象外

年間利用額が少ない人にとって重要なポイントをすべて抑えているのがジャックスが発行するリーダーズカードです。

利用額が少ない場合に一番大きな負担となるのがクレジットカードの年会費です。
年会費が有料のクレジットカードにはそれなりにメリットがあるものの利用額が少ない人はそのメリットが十分に発揮されないことも多いもの。

その点リーダーズカードは年間30万円以上利用することで翌年度の年会費2,500円(税抜)が無料になります。

また、キャッシュレス時代の今、クレジットカードを利用しなくても電子マネーを利用する人は多いでしょう。
電子マネーチャージでポイントが付与されないクレジットカードが増えた中、還元率が多少落ちるもののチャージでポイントが付与されるのは大きなメリットです。

リクルートカード

リクルートカード

おすすめポイント

  1. 基本ポイント還元率が1.2%の高還元
  2. 年会費は永年無料なのでカードを利用しなくなっても安心
  3. 電子マネーチャージでも還元率1.2%でポイント付与
還元率 1.20%~4.20%
年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※JCBは楽天Edy、SMART ICOCAへのチャージ不可
※チャージポイントはすべての電子マネーチャージ合計が月額30,000円まで

還元率の高いクレジットカードの常連であるリクルートカード。

還元率1.0%で高還元と言われる現在、1.2%の還元率はかなり貴重です。
たった0.2%の違いですが、継続利用で積もり積もれば結構な還元になりますよね。

またリクルートカードはポンパレモールやじゃらんnetなど特定のサービスや店舗で支払いをするとポイントがアップする特典がありますが、合計利用額によるボーナスポイントなどはありません。
その点から年間利用額が多くても、少なくても大きな損得が出ないので年間利用額が100万円に満たない人にもおすすめできるんです。

更に年会費が永年無料なので万が一クレジットカードを1年間使わない期間があったとしても損をすることはありません。

楽天カード

楽天カード

おすすめポイント

  1. 「ポイントで支払いサービス」開始でキャッシュバックに対応
  2. 楽天ペイを活用すれば還元率が1.5%になる
  3. 楽天グループの利用なら最低還元率が3.0%と超高還元
還元率 1.00%~3.00%
年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※モバイルSuica、SMART ICOCAポイント付与対象外

メインカードとしてここ数年高い評価を受け続けている楽天カードは、年間利用額に関係なく高い還元を受けられるクレジットカードです。

楽天カード一番のメリットはやはり貯まるポイントが共通ポイントの楽天スーパーポイントであること。
楽天グループでのショッピングに利用できるだけでなく、楽天Edyにチャージすればコンビニやスーパーなど日常生活に密着したショップで現金同様に利用できます。

更に2018年からは「ポイントで支払いサービス」は貯まった楽天スーパーポイントをカード利用額に充当できる、いわゆるキャッシュバックに対応しています。

最低還元率も1.0%と高還元クレジットカードの条件を満たし、年会費はもちろん無料、更に使いやすいポイントプログラムとお得な条件が揃いに揃った楽天カードは万人におすすめです。

ヤフーカード

Yahoo!JAPANカード

おすすめポイント

  1. PayPayとの相性No,1で実質還元率20.0%の実績を持つ最強カード
  2. 対応店舗数No,1の共通ポイントTポイントが貯まる
  3. Tポイントの有効期限は実質無期限で貯めやすい
還元率 1.00%~3.00%
年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※楽天Edyはポイント付与対象外
※nanacoチャージはJCBのみ

楽天カードと並んで使いやすく還元率の高いクレジットカードとして人気のヤフーカード

今までは若干楽天カードに追いつけずにいたヤフーカードですが、2019年10月の増税を機に開始したキャッシュレス・消費者還元事業のPayPayが大当たり。
PayPayとヤフーカードを紐づけるだけで還元率がドーンとアップするため、一気に会員数を増やしました。

不定期に実施される「100億円あげちゃうキャンペーン」ではヤフーカード+PayPayで実質還元率は20.0%となり、その恩恵を受けた人は数えきれないほど。

貯まるポイントが共通ポイント最大手のTポイントという点も大きなメリットです。
クレジットカードのポイントは貯めるだけで使い道に困る人が多い中、ヤフーカードで貯まるTポイントは対応店舗が多く、現金同様に使えるため無駄がありません。

また、年間利用額が少ないとポイントが貯まる速度もゆっくりなため有効期限が気になりますが、Tポイントは最終利用日(貯める・使う・交換する)から1年間の機嫌になるため、ヤフーカードを使い続ける限り実質有効期限なしとなります。

レックスカード

おすすめポイント

  1. 国内最高水準の還元率1.25%かつ年会費無料
  2. 貯めたポイントはキャッシュバックで利用額と相殺
  3. モバイルSuica、SMART ICOCAチャージもポイント付与
還元率 1.25%~1.50%
年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

国内最高水準の還元率1.25%を誇るREXカード(レックスカード)は、JACCSと価格.comが提携して発行する超高還元クレジットカードです。

言うまでもなく最大のメリットはその還元率。
一般的なクレジットカードの還元率0.5%と比較すると2.5倍にもなります。

ポイントは毎月の税込合計金額に対して付与されるので、1回のショッピングが少額でも安心ですし、消費税が10%の今、税込金額に対して付与されるのはかなりお得。
但し、付与単位は利用合計金額2,000円(税込)ごとになるので、2,000円に満たない場合は例え1,999円であっても端数切捨てになるのが残念なところ。

貯めたポイントはJデポに交換することで毎月の請求額から相殺するタイプのキャッシュバックに対応しているので、ポイントの使い道に困ることもありません。

年間利用額が少ないからこそ、基本還元率の高いREXカード(レックスカード)を使ってほしいと思います。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

おすすめポイント

  1. 信頼のプロパーカードなのにいつでも還元率が1.0%
  2. コンビニ3社とマクドナルドはいつでもポイント5倍
  3. 対象店舗から指定する最大3つの店舗はいつでもポイント2倍
還元率 1.00%~1.50%
年会費 初年度無料/1,250円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

安心、安全に加え長年の歴史から信頼度も高い三井住友カードの中で、18歳~25歳の方に限定した超お得なクレジットカードが三井住友カードデビュープラスです。

年間利用額に関係なく、前年度1回以上利用があれば翌年度も年会費が無料になりますし、還元率は常に通常の三井住友カードの2倍の1.0%。

更に若年層がよく利用するコンビニ3社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)とマクドナルドでの利用はいつでもポイントが5倍になる特典も付帯されています。

またコンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食店など約50店舗の中から選んだ店舗での利用はいつでもポイントが2倍になります。
店舗は最大3店舗選択することができ、若年層に人気のスターバックスやマツモトキヨシなども含まれているので、利用頻度が高い店舗を指定すればザクザクポイントが貯まります。

年間利用額100万円以上の人におすすめの高還元クレジットカード6選

日常的にクレジットカードを利用している人は年間利用額が簡単に100万円を超えてしまうことでしょう。

そう言う私も基本的にすべてをクレジットカード決済にしているため、毎月20万円ほどの利用があり、突発的な利用も併せると年間利用額は300万円近くになります。

これだけの利用がある場合、わずかな還元率の違いも年間で考えると大きな差となってしまいますよね。

例えば年間利用額が200万円の場合、一般的な還元率と言われる0.5%のクレジットカードを利用している人は年間で獲得できるポイントが1万ポイントですが、1.0%のクレジットカードなら倍の2万ポイントになります。

「%」で表示されるとあまりピンとこない人もいると思いますが、1万円と2万円と考えると大きな違いですよね。

年間利用額が多い人がお得に使えるクレジットカードをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

ライフカード

ライフカード

おすすめポイント

  1. 年間利用額100万円以上で還元率が1.8倍、200万円以上なら2倍に
  2. 年間50万円以上の利用で300ポイントプレゼント
  3. 獲得ポイントの有効期限は繰越手続きで最大5年間に
還元率 0.50%~1.50%
年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

還元率の高いカードとして紹介されるわりに基本還元率は0.5%と一般的なライフカード。

一部の方からはライフカードはポイントが貯まらない、誕生日月だけポイント3倍になっても意味がないという声も聞こえますが、ライフカードは使えば使う程お得になるクレジットカードなんです。

だからこそ年間利用額が100万円を超える人に使っていただきたいと思っています。

通常時0.5%の還元率のライフカードが導入しているステージ制プログラムでは、年間利用額が100万円を超えると還元率が1.8倍の0.9%に、年間利用額が200万円を超えれば2.0倍で1.0%の還元率になります。

還元率が1.0%となれば楽天カードヤフーカードなど高還元クレジットカードの仲間入りです。
入会から1年間は新規入会キャンペーンポイントとして常に還元率が1.5倍になるので、年間利用額が多い人は還元率0.5%で使うことはありません。

更に年間50万円以上の利用があればプレゼントとして300ポイントが付与されます。300ポイントと言えば利用額にして6万円分なのでかなり大きいですよね。

使えば使うほどお得になるライフカードは年間利用額が多い人こそ使うべき高還元クレジットカードです。

P-oneカード

P-oneカード<G>

おすすめポイント

  1. 100円以上のショッピング利用は常に還元率1.0%のキャッシュバック
  2. キャッシュバックとは別にポケットポイントも貯まる
  3. 年間100万円以上カードを利用する人だけが得出来るクレジットカード
還元率 1.00%~1.60%%
年会費 3,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

多数のクレジットカードが出回る昨今では知名度こそ低いものの使い勝手最強のクレジットカードがP-oneカードなんです。

通常クレジットカードの還元では、利用金額に応じてポイントが貯まり、ポイントを交換することで直接的な還元を受けられる仕組みになっていますよね。
しかし、P-oneカードは毎月の請求時に自動的に各お買い物の請求金額から1.0%が割り引かれる請求時キャッシュバックタイプの還元方法になっています。

ポイントの有効期限を気にすることも、ポイントを交換する手間も、ポイントの使い道に困ることもないんです。

更にP-oneカードはカード利用1,000円毎にポケットポイントが1ポイント貯まるポイントプログラムも並行して付帯されているため、割引を受けながらもポイントを貯めることができる2重にお得なシステムになっています。

請求時の1.0%オフとポイントプログラムを合わせると最大還元率は1.6%になります。

但し、ゴールドカードで年会費が3,000円(税抜)発生するため、年間利用額100万円を超えない人は得するどころか損をしてしまうので注意しましょう。

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード プライムGOLD

おすすめポイント

  1. 条件次第で年会費1,500円(税抜)でゴールドカードが持てる
  2. 年間利用額によるステージアップで還元率アップ
  3. 年間50万円以上利用で50万円達成時及び、その後10万円毎にポイントプレゼント
還元率 0.50%~2.50%
年会費 初年度無料/5,000円(税抜)
※WEB明細書サービス、マイ・ペイすリボ登録により割引あり
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

三井住友カード プライムゴールドは、信頼の三井住友カードが20歳~29歳限定で発行する若年層向けゴールドカードです。

通常のゴールドカード同様に空港ラウンジの無料利用や最高5,000万円おn海外旅行傷害保険などが付帯されていますが、年会費は半額の5,000円(税抜)。
更に条件達成することで最大3,500円(税抜)の年会費割引を受けられる超お得なゴールドカードなんです。

一見還元率が0.5%ということでお得なクレジットカードに見えませんが、年間利用額が多ければそれだけ還元率が上がり、ボーナスポイントも付与されるため、実はお得な設計になっていることが特徴です。

年間利用額により翌年度のステージがV1・V2・V3とランク分けされ、年間100万円以上300万円未満の場合には還元率は0.15%アップします。

とはいえ、元の還元率が低いのでさほど威力はありませんよね。
実は還元率よりもボーナスポイントの威力が大きく、100万円以上利用の場合は50万円到達時に150ポイントがプレゼントされ、その後10万円利用するごとに30ポイントがプレゼントされるんです。
通常1,000円で1ポイントが付与されるので、150ポイントは15万円利用分のポイント、30ポイントでも3万円利用分のポイントがプレゼントされることになるのは大きいでしょう。

※2021年2月開始予定の新たなボーナスポイントシステムとして毎月のショッピング金額に応じてもれなくボーナスポイントが付与されるサービスが開始される予定になっています。このサービスがスタートした場合、現在のステージに応じたボーナスポイントは2021年1月支払い分にて終了となります。

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード

おすすめポイント

  1. 基本還元率0.5%をカバーする破壊力抜群のボーナスポイント
  2. 誕生日月はポイント2倍となり、マルイでの利用なら還元率2.0%に
  3. 実質年会費2万円で持てるインビテーション不要なプラチナカード
還元率 0.50%~2.00%
年会費 30,000円(税抜)
※年間100万円以上利用で翌年度20,000円(税抜)
※インビテーションにて入会は20,000円(税抜)
国際ブランド VISA
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA

優待や特典の多いクレジットカードとして有名なエポスカードのプラチナカードとなるエポスプラチナカード。

サービスや特典はプラチナカードとして遜色ないにもかかわらず、インビテーション不要で申し込みができ、年間100万円以上利用があれば年会費が2万円となるコスパの良いプラチナカードです。

肝心の還元率は0.5%と低く、マルイの利用のみ1.0%にアップ。
誕生日月はそれぞれが2倍になるので、誕生日月にマルイでショッピングをすれば2.0%と高い還元率になりますが、かなり限定的ですよね。

実はエポスプラチナカードの還元は基本還元率をカバーすべく設定された超高額ボーナスポイントにあります。

年間利用額100万円以上で2万ポイント、200万円以上なら3万ポイント、300万円を超えれば4万ポイントと最大10万ポイントまでボーナスポイントが付与されちゃうんです!
もちろんボーナスポイントの他に、通常ポイントも付与されます。

還元率0.5%対象店で100万円利用した場合、通常ポイントとして5,000ポイントが付与され、ボーナスポイントとして2万ポイント付与されるので合計25,000ポイント獲得できることになります。
100万円で25,000ポイント(1ポイント1円相当)と考えると還元率は2.5%となり、超高還元率になることがわかりますね。

ジャックスカードプラチナ

ジャックスプラチナカード

おすすめポイント

  1. 年間利用額100万円以上で還元率1.85%、300万円以上なら2.0%に
  2. ポイントのJデポ交換レートが1.05%と等価交換以上に
  3. 年間利用額100万円以上でJデポ2,000円分、300万円以上なら1万円分プレゼント
還元率 1.50%~1.65%
年会費 20,000円(税抜)
国際ブランド Master card
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※楽天Edyはポイント付与対象外

国内最高水準のリーダーズカードを発行するJACCSのプラチナカードとなるジャックスカードプラチナ。
基本還元率も十分に高い1.5%となりますが、それでは収まらないのがジャックスです。

ジャックスカードプラチナの還元率最大の特徴は年間利用額による還元率の変動とボーナスポイントにあります。

還元率は年間利用額50万円毎にアップし、年間100万円以上で1.85%、200万円以上で1.95%、300万円以上なら2.0%となり、年間利用額が多ければ多いほど文句なしの高還元クレジットカードになるんです。

また、年間利用額に応じたステージごとにJデポがプレゼントされる特典もあり、年間100万円以上なら2,000円分のJデポ、200万円以上なら5,000円分のJデポ、300万円以上で1万円分のJデポがプレゼントされちゃうんです。

これらを総合して計算すると年間150万円利用で還元率は2.10%、年間200万円利用で還元率が2.20%、年間300万円利用なら2.33%もの還元率になります。

高額な年会費を考えても年間220万円以上利用するのであれば、リーダーズカードやREXカードよりもお得になります。

インヴァストゴールドカード

インヴァストゴールドカード

おすすめポイント

  1. 元手0円、知識も操作もなにもせずに投資積み立てができる
  2. 貯めたポイントはインヴァスト証券取引口座へ自動的にキャッシュバック
  3. 月額税込合計金額200円ごとに3ポイント付与で無駄がない
還元率 1.50%~2.0%
年会費 初年度無料/5,000円(税抜)
国際ブランド Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

インヴァスト証券と高還元率でお馴染みのJACCSが提携して発行するインヴァストカードの上位カードとして2019年7月から募集を開始したインヴァストゴールドカード。

基本還元率が1.5%と高いことはもちろん、貯めたポイントは自動的に現金化されインヴァスト証券の取引口座にキャッシュバックされ、投資積み立てとして運用されます。

貯めたポイントの使い道に困ったり、交換忘れでポイントを失効する心配もありません。

キャッシュバック後はインヴァスト証券提供の積み立て投資サービス「マネーハッチ」により自動売買で投資できるので元手も知識ゼロの初心者でも投資をすることができるんです。

投資スタイルも個々に合わせたリスク重視型、バランス重視型、リターン重視型の3タイプから選択することができるので、安心です。
尚、現在公表されている年平均リターン率ではどのタイプも元本割れは見られませんが、投資はポイントを貯めるのとは違い、100%の補償はありませんので注意しましょう。

まとめ

年間にクレジットカードを利用する金額は人それぞれ異なります。

誰かが良いと言っていたクレジットカードが自分にとっても最高のパフォーマンスを出してくれるとは限らないのです。

特に年間利用額が多い人は公開されている還元率では見えないボーナスポイントや還元率アップなど基本還元率をカバーするサービスを見落とさないようにしましょう。

反対に年間利用額が少ない人はどれだけ基本還元率が高いクレジットカードを手にできるかで手にできるポイントが大きく変わってきます。

自分がコンスタントにクレジットカードを利用する額がどれくらいなのかを計算し、年間利用額にあったクレジットカードを活用しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカードDXの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカードDXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • クレジットカード還元率を徹底解説!2020年ランキング予想

  • レジャー最強還元率のクレジットカード26枚を徹底比較

  • 年会費で比較する還元率が高いクレジットカード30選

  • 沿線別にみる交通系(鉄道系)最強クレジットカード24種類を徹底比較

  • 税金や保険の支払いにおすすめの高還元カード32種類を徹底比較

  • コストコユーザー必携のコストコグローバルカード