1. クレジットカードDX
  2. 還元率
  3. ETCもメンテナンスもカーライフに最適なクレジットカード23選

ETCもメンテナンスもカーライフに最適なクレジットカード23選

 2019/11/12 還元率   36 Views

車と言えばガソリンに目がいきがちですが、実は車を持っていると他にもいろいろなお金がかかってきますよね。

ガソリン同様、移動自体に必要になるETCカードや車を維持するためのメンテナンス、地域によっては季節ごとにタイヤ交換が必要な場合もあれば、車検もあります。

とにかく車は便利だしカッコイイけど、お金のかかる持ち物。

そんなカーライフを支えてくれるクレジットカードはガソリンカード以外にもたくさんあるんです。

ETCカードや車検、メンテナンスにおすすめのクレジットカード、ディーラーが発行する特典満載のクレジットカードをご紹介しましょう。

Sponsored Link

Contents

年会費も手数料も無料でETCカードが作れるクレジットカード8選

知っている人も多いと思いますが、ETCカードは基本的にクレジットカードの追加カードとして発行されます。

ETCが普及し始めた頃、現金主義の人たちがとても迷惑したことはニュースにもなっていました。

ETCカードはほとんどのクレジットカードで追加発行が可能ですが、場合によって発行手数料が発生したり、年会費が有料のものもあります。

クレジットカードの年会費が無料なのにETCカードに年会費がかかるなんてクレジットカードも珍しくありません。

ETCカード発行におすすめのクレジットカードをチェックしてみてくださいね。

JCBプロパーカードなのに維持費がかからないJCB CARD W

JCBカードW

おすすめポイント

  1. ETCカード発行手数料、年会費すべて無料
  2. ETCカード利用分の還元率も基本還元率と同じ1.0%
  3. JCB提携店での還元率が最大5.5%
還元率 1.0%~3.5%
年会費 無料
国際ブランド JCB
電子マネー nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

JCBカードの中でも39歳までの若年層向けに発行されるJCB CARD WはETC利用においても非常に優秀なクレジットカードなんです。

若年層向けのためJCBのプロパーカードでありながら年会費が無料なのはもちろん、ETCカードの発行手数料や年会費も無料になっています。

JCB CARD Wをおすすめする最大の理由はETC利用料金に対しても通常のJCBカードの2倍1.0%のポイントが付与されること。

昨今、ETCカード利用分はポイント付与対象外とするクレジットカード会社が増えている中、年会費や手数料無料な上にポイントが付与される点はかなり優秀です。

更にJCB提携店であるスターバックスやセブンイレブン、Amazonなど有名人気店での利用は還元率がアップするのも魅力。

特にスターバックスの還元率は通常の5.5倍で5.5%、Amazonも2.0%とカーライフ以外にもお得が詰まったおすすめクレジットカードです。

ETCカード同時申し込みで早く使える三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

おすすめポイント

  1. クレジットカード申込時にETCカードも同時申し込みができる
  2. ETCカード年会費が年1回以上の利用で無料になる
  3. 大手の信頼に加え優れたセキュリティ対策で安心
還元率 0.5%~2.5%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
※マイ・ペイすリボ登録で無料、WEB明細登録で半額
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

クレジットカードと言えば三井住友VISAカードと言われるほどの知名度を持ち、日本初のVISAカード発行実績を持つことから信頼も厚い三井住友VISAクラシックカード。

プロパーカードとしてのステータスはもちろん、重厚感のある券面デザインは老若男女、年齢問わず人気があります。

ETCカードの年会費は通常500円(税抜)となっていますが、年1回以上ETCの利用があれば無料になりますし、三井住友VISAクラシックカード自体の年会費にも割引制度や無料条件があるので非常に使いやすいんです。

もちろんETCカード利用分もポイント付与対象になります。

また、楽天市場やAmazon、ユニクロなど多くのネットショッピングでポイント還元率が5倍になるのも大きな魅力。

一生使えるクレジットカードとしておすすめの1枚です。

還元率10.0%の最強dカードGOLDはETCカードもお得

dカードGOLD

おすすめポイント

  1. ETCカード発行手数料、年会費が無料なのにETC利用でポイントが貯まる
  2. docomoユーザーは毎月の携帯料金還元率が10.0%
  3. d払いやiDを活用すれば最大還元率が一気に7.0%
還元率 1.0%~4.0%
年会費 10,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

まだ歴史の浅いながらも圧巻の還元率で人気が急上昇したdカードGOLDはETCカードも使いやすくおすすめです。

ETCカードの発行手数料や年会費が無料なのはもちろん、ETC利用分もしっかりポイント還元されます。

既にご存知の方が多いと思いますが、docomoユーザーなら毎月の携帯料金から10%がポイント還元されますし、10万円のケータイ補償が付帯されているので紛失や故障も安心。

また、dポイントスーパー還元プログラムに登録すればドコモのスマホ決済サービスd払いやiDの利用で最大還元率が7.0%にもなるんです。

dカードGOLD自体の年会費が10,000円(税抜)と高額に感じますが、すぐに元が取れてしまう還元率は他にはない大きなメリットです。

複数枚のETCカードも無料で発行できるOrico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

おすすめポイント

  1. ETCカード発行手数料、年会費が無料なのにETC利用でポイントが貯まる
  2. 家族カード1枚に対して1枚のETCカードが費用負担なしで発行できる
  3. 基本還元率が高く、貯めたポイントをリアルタイムで交換できる
還元率 1.0%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※楽天Edyはポイント付与対象外

高還元クレジットカードとして名高いOrico Card THE POINTはETC利用においても優れています。

ETCカードの発行手数料や年会費はもちろん無料ですが、追加カード発行もすべて無料対応なので家族で複数のETCカードを利用したい人におすすめ。

Orico Card THE POINTの家族カードは最大3枚まで発行可能ですが、ETCカードも発行されている家族カード1枚に対して1枚の発行が可能なため最大3枚まで発行できます。

ETC利用分は本カード、家族カード問わずポイント付与対象にもなるので、家族で違うクレジットカードのETCカードを利用するよりも効率よくポイントを貯めることができますね。

また、貯めたポイントは500オリコポイントからリアルタイムに交換できることも人気の理由でしょう。
通常のクレジットカードで貯めたポイントは交換の際、申込や申請をしてから数日~数週間かかりますがオリコポイントはリアルタイムで交換できる交換先が多数あります。

日常的な利用からETCカードまでOrico Card THE POINTなら多方面に活用できます。

エポスカードならETCと優待で遠方へのお出かけもお得

エポスカード

おすすめポイント

  1. ETCカード発行手数料、年会費が無料なのにETC利用でポイントが貯まる
  2. 全国のエポスカウンターで即日発行が可能(本カードのみ)
  3. 全国10,000店以上で優待や特典を受けられる
還元率 0.5%~10.5%
年会費 無料
国際ブランド VISA
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※SMART ICOCAはポイント付与対象外

年会費永年無料、即日発行に対応していることで人気の高いエポスカードですが、ETCカードも本カード同様に年会費がかかりません。
更に発行手数料も無料と維持費が0円にもかかわらず、ETC利用分にはしっかりエポスポイントが加算されます。

但し、エポスカードは家族カードの発行に対応していないため、ETCカードも本カードの追加カードとして1枚のみの発行になるため、複数のETCカードが必要な人にはお勧めできません。

また、エポスカードは全国にあるエポスカウンターで即日発行に対応しているため、急いでクレジットカードを作りたい人に人気ですが、ETCカードは約2週間後に登録住所宛に別送されますので注意してください。

ETCカードが1枚しか発行されず、発行までの時間もある程度必要なのに当サイトがエポスカードをおすすめする理由は、優待や特典の多さにあります。

エポスカードは全国あらゆる場所で受けられる優待が魅力。
エポスカードを保有していれば、ETCカードを利用して高速道路で出かけた先でもたくさんの優待を受けることが出来ます。

特に旅行の場合は、宿泊から食事、レジャーすべてで優待を受けることもできるお出かけにおすすめのクレジットカードです。

ETCカード即日発行するならセゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

おすすめポイント

  1. ETCカードもクレジットカードと一緒に即日発行できる
  2. ETCカード発行手数料、年会費が無料なのにETC利用でポイントが貯まる
  3. ポイント有効期限がないので、マイペースでポイントを貯められる
還元率 0.5%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

クレジットカードは即日発行できるのに何でETCカードの発行には時間がかかるの?と思っている人におすすめなのが、セゾンカードインターナショナルです。

通常、即日発行に対応しているクレジットカードでもETCカードは別送となり、最短でも3営業日ほどの時間がかかります。

しかし、セゾンカードインターナショナルならクレジットカードとETCカードを同時に即日発行申込ができちゃうんです。
審査通過をメールで確認したら、あとは指定のセゾンカウンターへ行くだけ。
セゾンカードインターナショナルと一緒にETCカードを受け取り、その日から使うこともできます。

即日発行されるETCカードはもちろん発行手数料・年会費共に無料ですし、ETC利用分もしっかりポイント付与対象。

急いでETCカードを発行したい人に一押しのクレジットカードはセゾンカードインターナショナルです!

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで即日ETCと信頼を

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

おすすめポイント

  1. ETCカードもクレジットカードと一緒に即日発行できる
  2. ETCカード発行手数料、年会費が無料なのにETC利用でポイントが貯まる
  3. 若年層に優しい年会費でアメリカン・エキスプレス・カードが持てる
還元率 0.5%
年会費 初年度無料/2年目以降3,000円(税抜)
※26歳未満は年会費無料
国際ブランド アメックス
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

 

セゾンカードが発行するアメリカン・エキスプレス・カードは、26歳未満は年会費無料、26歳以上の方も年会費3,000円(税抜)と少ない負担で保有できる優しいクレジットカードです。

セゾンカードインターナショナル同様、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードと一緒にETCカードも即日発行できます。

アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行を始めとする優待に強く、信頼性も高いことから人気がありますが、通常のアメリカン・エキスプレスカードの場合は発行までに数週間かかります。
ETCカードは本カードが手元に届いてから手続きをするため、更に日数が必要になるんです。

しかし、セゾンカードが発行するセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードなら本カード、ETCカード共に即日発行ができるのに、空港での優待や旅行傷害保険が充実しています。

年会費、ETCカード、優待などすべてにおいて快適に利用できるおすすめクレジットカードです。

アメックスをお得に持つならセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント

  1. ETCカードもクレジットカードと一緒に即日発行できる
  2. ETCカード発行手数料、年会費が無料なのにETC利用でポイントが貯まる
  3. アメリカン・エキスプレスカードが実質年会費無料で持てる
還元率 0.5%~1.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,000円(税抜)
※前年に1回以上のカード利用で無料
国際ブランド アメックス
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

 

セゾンカードが発行する実質年会費無料で持てるアメリカン・エキスプレス・カードが、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードです。

通常1,000円(税抜)の年会費が公式サイト経由の申し込みで初年度無料になり、その後も年1回以上の利用え翌年度の年会費が無料になります。

年会費が実質無料であってもアメリカン・エキスプレス・カードとしてのステータスは変わらず、国内外での信頼も抜群です。

ETCカードはセゾンカードだからできる即日発行に対応し、申込当日にセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードと一緒に受け取ることができます。

また、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを積極的に利用することで、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのインビテーションを受けられる可能性もありますので、是非利用してみてくださいね。

車検やメンテナンスにも活用できるクレジットカード7選

所有しているだけでお金がかかると言われる車。
「お金がかかる」のはオイル交換や洗車などの日常的なメンテナンスと定期的にやってくる車検などによるところです。

確かに自転車とは異なり、車のメンテナンスには桁違いの費用がかかります。

そんな時こそクレジットカードの出番。
お金がたくさんかかるのであれば、少しでも節約できるように還元率の高いクレジットカードで決済してはどうでしょう。

ここでは車検やメンテナンスにおすすめのクレジットカードをご紹介します。

最高還元率2.0%でキャッシュバックできるイエローハットカード

イエローハットカード

おすすめポイント

  1. イエローハットの利用は還元率2.0%の高還元
  2. 貯めたポイントは商品交換の他、イエローハットでキャッシュバック可能
  3. オイル、フィルター等の交換工賃無料の特典あり
還元率 0.5%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

カー用品販売として各地にチェーン展開しているイエローハットがジャックス、オリコと提携して発行するイエローハットカード。

イエローハットはカー用品店と言ってもエンジンオイルやオイルフィルター、エアフィルターなどの交換から車検なども対応してもらえます。

イエローハットでイエローハットカードを利用すると100円につき2ポイントが還元されますが、この100円は税込100円。
税率10%となった今、税込金額に対してポイントが付与されるのはかなり大きいですね。

特に車検や車の部品交換などカーメンテナンス関係は高額になることが多いので、車を所有していてイエローハットが近隣にある方はイエローハットカードを持つことをおすすめします。

いつでも3.0%オフでロードサービスも付帯のオートバックスグループザカード

オートバックスグループザカード ニコス

オートバックスグループザカード オリコ

おすすめポイント

  1. オートバックスで利用すると1.1%、提示するだけでも1.0%の還元率
  2. ETCカード利用分は発行カード会社問わず、いつでもポイント2倍
  3. オートバックスでのお買い物や工賃がいつでも3.0%オフ
還元率 0.5%~1.1%
年会費 初年度無料/2年目以降2,000円(税抜)
※前年10万円以上利用で無料
国際ブランド Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

北海道から沖縄まで日本全国あらゆる場所に展開し、ネットショップにも力を入れているオートバックスはカー用品から車検、メンテナンス、車の買取販売まで車のことなら何でもお任せできちゃうチェーン店です。

自社での補償サービスも充実し、板金・塗装なども手掛けるため多少遠くでも行きつけのお店を作っておきたいですね。

そんなオートバックスではニコス、オリコそれぞれと提携したオートバックスグループザカードを発行しています。

ETCカード利用分は常にポイントが2倍になる他、オートバックスでの利用はお買い物も工賃もいつでも3.0%オフになるのにポイント還元率は1.0%とメリットだらけ。

更に10個のメンテナンスメニューが無料になったり、24時間365日対応のロードサービスが付帯されていたりと充実した特典も魅力。

但し、ロードサービスはニコス発行のオートバックスグループザカードには家族カードにも付帯されますが、オリコ発行のオートバックスグループザカードの場合は本人会員に限定されています。

申込する際はニコスとオリコ、発行会社ごとの違いをしっかりとチェックしてから申込みするようにしましょう。

楽天カーサービスでカーライフもしっかり対応の楽天カード

楽天カード

おすすめポイント

  1. 楽天カーサービスを利用すると楽天スーパーポイントが貯まる
  2. 楽天車検なら98%の加盟店が車検代のクレジットカード払いに対応
  3. 基本還元率が高く、年齢問わず比較的審査に通りやすい
還元率 1.0%~3.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメックス
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※モバイルSuica、SMART ICOCAはポイント付与対象外

審査に通りやすく、還元率が高いクレジットカードとして短期間に会員数を続々と増やしている楽天カード。

楽天カードを利用する人には、楽天市場でのネットショッピングを楽しむ方が多いですが、実は楽天は車関係にも力を入れているんです。

車関係のトータルサイト「楽天カーサービス」では、車検や手洗い洗車予約、タイヤ取付、中古車やバイクの買取査定など多くのサービスを提供しています。
更に楽天カーサービスを利用すると楽天スーパーポイントが貯まっちゃうんです。

中でも「楽天車検」は近隣の車検に対応している楽天加盟店を探してくれるサービスですが、加盟店のうち98%が車検のクレジット払いに対応しています。
車検代は内訳に法定費用が含まれることからクレジット払いに対応していないお店が多いので、とっても便利なサービスですよね。

また、ガソリンスタンドのENEOS、出光、キグナス、SOLATOは楽天加盟店になっているので、給油のたびに楽天スーパーポイントが貯まります。

充実したカーライフを応援してくれる楽天カードはおすすめです。

どこで使っても高い還元率で安心のリクルートカード

リクルートカード

おすすめポイント

  1. 基本還元率が1.2%と高い
  2. ETC利用分も還元率1.2%でポイントが貯まる
  3. 貯まったポイントは共通ポイントに交換して使いやすい
還元率 1.2%~4.2%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA

還元率の高いクレジットカードの代表格とも言えるリクルートカード。

基本還元率が1.2%と高く、発行元であるリクルートのお得なサービスを受けられることもあり、高い人気を維持しています。

リクルートカードに限定した車検やメンテナンスサービスはありませんが、国際ブランドの加盟店で車検やメンテナンスを実施し、リクルートカードで決済すれば支払った分の1.2%はポイントとして還元されます。

イエローハットやオートバックスなど、いつも行くお店が決まっていない人は還元率の高いリクルートカードを選択すると良いでしょう。

尚、ETCカードは年会費無料で、利用分もしっかり還元率1.2%でポイントが付与されますが、VISA・Master cardを選んだ場合には最初のみ発行手数料1,000円(税抜)がかかります。
発行手数料を無料にしたい場合は、加盟店数が若干減りますがJCBを選択しましょう。

車検やメンテナンスのためにカードを作るならOrico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

おすすめポイント

  1. 基本還元率が高く、入会後半年間は還元率が2.0%に
  2. ETCカードが家族カード枚数分無料で発行できる
  3. 貯めたポイントがリアルタイムで交換可能
還元率 1.0%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※楽天Edyはポイント付与対象外

還元率の高さ、クレジットカードの使いやすさに加え、ポイントがリアルタイムで交換できることから老若男女問わず人気のあるOrico Card THE POINT。

車検やメンテナンスに特化したサービスはないものの、基本還元率が高いのでクレジットカード決済さえできれば十分に還元を受けることができます。

カー用品店などの提携カードはそのお店で決済すると還元率が高かったり、交換工賃が無料になったりというメリットがありますが、国際ブランドとして利用した場合は極端に還元率が下がります。

車関係にのみクレジットカードを利用する人はカー用品店の提携カードの方がメリットを受けやすいかもしれませんが、日常的にクレジットカードを利用する人の場合は基本還元率が高いクレジットカードの方がメリットが豊富になります。

車検やメンテナンスで還元率が変わらなくても、工賃が無料にならなくてもトータルでより多くの還元を受けられるクレジットカードが良いということですね。

また、入会後半年間は還元率が2.0%になるので車検やメンテナンスのためにクレジットカードを作るならOrico Card THE POINTがおすすめです。

メンテナンスに限らず自動車税もお得になるYahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード

おすすめポイント

  1. 車検やメンテナンスでも共通ポイントTポイントが貯まる
  2. 自動車税や軽自動車税の納付でもポイントが貯まる&使える
  3. 基本還元率が高くYahoo!ショッピングなら還元率3.0%
還元率 1.0%~3.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanacoはJCBの場合のみ

収入がそう高くない若年層でも審査に期待できる還元率の高いクレジットカードと言われるYahoo!JAPANカード。

基本還元率が高いとはいえ1.0%なので楽天カードやOrico Card THE POINTと同じで、リクルートカードやREXカードの域には達していません。
それでも人気を保っている理由はやはり使い道の広さと共通ポイントが貯まることでしょう。

Yahoo!JAPANカードが特に優れたクレジットカードということではなく、Yahoo!及び、関連会社が提供するサービスとの相性が抜群なんです。
増税依頼人気を博しているPayPayのクレジットカードチャージに対応しているクレジットカードがYahoo!JAPANカードだけなのもその1つ。

車関係なら車検やメンテナンスは国際ブランドとして利用できますし、Yahoo!公金支払いを利用すると自動車税や軽自動車税の納付でもポイントが貯まります。
更に貯めたTポイントを利用して税金を支払うこともできるのは大きなメリットでしょう。

年会費が無料なのに還元率は高く、ポイントを貯める機会もかなり多いYahoo!JAPANカードは、おすすめの1枚です。

還元率最強REXカード(レックスカード)は車検もメンテナンスもお得

おすすめポイント

  1. いつでもどこでも還元率1.25%の超高還元
  2. 車検やメンテナンスもポイントで支払い可能
  3. REXカード、家族カード、ETCカードとにかくすべてが無料!
還元率 1.25%~1.5%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

文句なしの業界最高水準還元率を誇るREXカード(レックスカード)は、いつでもどこで使っても1.25%の還元率でポイントが付与されます。

また、REXカード(レックスカード)の利用で貯まるポイントREXポイントはJデポに交換することで等価交換でキャッシュバックすることができるんです。
キャッシュバック方法は請求金額からの相殺になります。

光熱費やスマホ料金、生活雑貨など日常的な利用でポイントを貯めて車検やメンテナンスの請求月にキャッシュバックされるようJデポに交換すれば車検代やメンテナンス費用が実質値引きされるのと同じことになりますよね。

年会費永年無料のREXカード(レックスカード)ですが、家族カードやETCカードなどの追加カードに関しても発行手数料、年会費共に一切費用がかからない点も魅力。

保有することで一切費用がかからないのに高い還元率を維持できるクレジットカードは非常に貴重な存在です。

但し、ポイント付与は月額累計2,000円に対して25ポイント付与とかなり付与単位が大きくなります。1,999円では1ポイントも得られないということです。
この点のみ注意し、お得にカーメンテナンスに活用してくださいね。

正規ディーラーだけの特典が満載のディーラー系クレジットカード8選

存在感に欠けるイメージがありますが、各メーカーの車を販売する正規ディーラーが発行するディーラー系クレジットカードというクレジットカードが存在します。

ディーラー系クレジットカードは多くのカーディーラーで発行しており、その多くは自社の車購入時や自社での車検・メンテナンス時にお得に使える設計になっています。

1つのメーカーを好んで乗り続ける人にはかなり大きなメリットがありますが、中にはディーラーでの利用以外はあまりメリットを感じられないクレジットカードもあります。

年会費次第になりますが、ディーラーでの専用クレジットカードと保有してもよいでしょう。

おすすめのカーディーラー系クレジットカードをご紹介します。

超高還元率でメンテナンスも安心の三菱自動車販売のDiaカード

Diaカード

おすすめポイント

  1. 最低還元率が1.5%の超高還元カード
  2. ポイントは有効期限のない共通利用券に交換できる
  3. 年間2回の無料点検が無料で受けられる
還元率 1.5%~3.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

三菱自動車販売とDCカードが提携して発行するDiaカードは、三菱の自動車を持っている人に限りお得が詰まったクレジットカードです。

上表を見てわかる通り、還元率が高く国際ブランド加盟店で利用した場合で1.5%、三菱自動車販売やDiaカード協賛店で利用した場合は3.0%にもなります。
還元率が高いと言われているクレジットカードでもこの還元率に届くカードはありませんよね。

但し、貯めたポイントの交換先は全国三菱自動車販売各社・共通利用券のみになります。

ポイントに有効期限はなく5,000ポイントが貯まると自動的に共通利用券を送ってくれるので、自分で何かを管理する必要もありません。
交換した共通利用券にも有効期限がないので、三菱自動車販売の車に乗り続けている限り大変お得なクレジットカードということになります。

その他にも無料診断が年2回無料になったり、ロードサービスが付帯されているなど安心快適なカーライフを送れます。

トヨタ車もダイハツ車も安心お得なTOYOTA TS CUBIC CARD

TOYOTA TS CUBIC CARD

おすすめポイント

  1. トヨタ・ダイハツの新車ローン購入でポイント価値が1.5倍
  2. TS CUBICカード会員限定のお得な自動車保険に加入できる
  3. 事故や故障に安心のドライバーズサポート24が付帯されている
還元率 1.0%~3.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA

トヨタファイナンスが発行するトヨタ車やダイハツ車に優しいクレジットカード TS CUBICカードです。

TS CUBIC CARD一番の特徴は新車購入によりポイント価値が1.5倍になることでしょう。
トヨタ・ダイハツの新車を購入する際、トヨタファイナンスで12回払い以上のローンを組むとローン期間中のポイントが1.5倍になるんです。

1.5倍されたポイントはキャッシュバックされ、毎月のローン支払いへ充当するか、年1回振込するかを選択できます。

また、TS CUBIC CARD会員限定であいおいニッセイ同和損保の自動車保険「ながらくプラン」に加入することができます。

「ながらくプラン」は加入後3年間保険料が一定になることで通常の契約より割安になり、更にその間保険利用が1度もなかった場合は祝い金をもらうことが出来ます。

ディーラー系クレジットカードに多いカーライフサポートも充実しており、乗っている車が事故に遭ったり、故障をした場合は、電話サポートやロードサービスを受けることができます。

更に、必要に応じて帰宅費用や宿泊費用、車両引き取りや搬送費などの一部費用補償も付帯されている優秀なクレジットカードです。

貯めたポイントを無駄なく使えるホンダCカード

ホンダCカード

おすすめポイント

  1. ホンダの車両購入やメンテナンス利用で還元率2.0%
  2. ポイント有効期限が5年
  3. 貯まったポイントは現金キャッシュバックか楽天Edyに交換で無駄がない
還元率 1.0%~2.0%
年会費 1,500円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB
※JCBはJCB発行カードのみ
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

ホンダCカードはJCB、UC、DCそれぞれと提携して発行されており、発行元により国際ブランドが異なります。
UC及び、DC発行のCカードは国際ブランドにVISA、Master cardを選ぶことができ、JCB発行のCカードの国際ブランドはJCBのみになります。

ホンダCカードの還元率は他社ディーラー系クレジットカードと比較するとさほど高くはありませんが、ホンダ以外の利用に使える点が大きなメリットでしょう。

多くのディーラー系クレジットカードは自社でのポイント利用で得する設計にしていますが、ホンダCカードの場合はホンダで決済した場合の付与率をアップさせ、貯まったポイントは現金キャッシュバックか楽天Edyに交換できるので、使い勝手が良いんです。

またポイント有効期限が5年と長いため、有効期限に振り回されることなくマイペースでポイントを貯められるのも嬉しい点ですね。

但し、他社ディーラー系クレジットカードと比較すると付帯サービスが少々残念。
お決まりのロードサービスは付帯されているもののその他は、ホテルやレストランなどが優待されるクラブOFF程度です。

ホンダ車を保有し、クレジットカードを日常的に利用する人であれば十分に活用することができるクレジットカードです。

充実したポイントプログラムが楽しいSUZUKI CARD

スズキカード

おすすめポイント

  1. キャッシュバックかポイントかライフスタイルに合わせて選べる2コース
  2. 加盟店での車検や整備に利用できるスズキポイントサービスがある
  3. 24時間365日無料対応のCFスーパーロードサービスが付帯
還元率 0.1%~2.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
国際ブランド Master card/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

ワゴンRやハスラー等、軽自動車が人気のスズキとセディナが提携して発行するスズキカードです。

付帯する特典や優待の魅力に欠けるクレジットカードですが、その点を充実したポイントプログラムで補っています。

選べるコースはWキャッシュバックコースとWポイントコースの2種類。

Wキャッシュバックコースはセディナが提供するお油割くんサービスで、スズキカードを使えば使うほどキャッシュバックレートが上がるプログラムです。
キャッシュバックはガソリン代や高速道路料金など用途限定でキャッシュバックされますが、ガソリンに関しては給油スタンドや場所を問わないので使いやすいでしょう。

またWポイントコースはショッピング利用額により貯めたポイントを商品やマイル、楽天スーパーポイントなどに交換・移行できる一般的なポイントプログラムです。
年間利用金額により最大付与率が50%アップしたり、誕生日月にポイントが2倍になるなどの特典もあり、貯めたポイントの有効期限も3年間と長いためマイペースに楽しめるでしょう。
どちらのコースにも別にスズキポイントサービスが付帯されています。
スズキポイントサービスはスズキカードでのショッピング利用額100円に対して1ポイントが付与され、貯まったポイントはスズキ加盟店で車検や整備、用品購入に利用できます。

2種類のポイントプログラムで貯めるのも使うのも楽しくなる設計は嬉しいですね。

出光のスタンド給油がいつでも1.0%オフになる日産カード

日産カード

おすすめポイント

  1. 全国の日産で整備や部品等の料金が5.0%オフになる
  2. 出光のガソリンスタンドでいつでも1.0%オフ
  3. 最大総額53万円の補償を持つスーパーレスキューコース24が付帯
還元率 0.5%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

業界で最初に電気自動車開発を手掛け、ノートやセレナ、スカイラインでお馴染みの日産が発行するクレジットカードが日産カードです。

通常ディーラー系クレジットカードでも車の所有は申し込み資格に関係ありませんが、日産カードは車を所有していることが申込条件になっています。

所有する車は日産車に限らずどのメーカーでもOKですが、日産車以外の車を所有していても
日産カードのメリットが半減してしまいますので、やはり日産車を所有している方が良いでしょう。

他社ディーラー系クレジットカードと比較するとポイントプログラムも付帯サービスも大きな魅力に欠けるクレジットカードになりますが、貯めたポイントをANA、JALそれぞれのマイルへ交換できる点は評価できます。

日産での支払いが5.0%オフ、日産レンタカーの基本料金が15.0%オフなど日産系列での割引優待が大きなメリットとされていますが、どちらもあまり利用する機会が多いとは言えませんよね。
車所有が条件になっている以上、レンタカーを借りる機会などかなり少ないのではないでしょうか。

その点、出光での給油がいつでも1.0%オフになるのは還元率が低いものの一番使える特典になっています。

オイル交換が無料な上にETC還元率が2倍のスバルカード

スバルカード

おすすめポイント

  1. スバル販売会社での部品、整備料金が5.0%割引になる
  2. スバル販売会社で年1回エンジンオイル交換が無料
  3. ETCカード利用分は還元率が2倍の1.0%
還元率 0.5%~1.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,750円(税抜)
国際ブランド VISA
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

熱狂的ファンの多いスバルが発行するスバルカード。

年1回のオイル交換が無料になるのはスバル車を所有している人にとってはとても嬉しい特典です。エンジンオイル交換は見えない出費なのでこの点は年会費を支払ったとしてもメリットです。

更にスバルでの部品代金や整備代金はいつでも5.0%割引になる他、STI(スバル テクニカ インターナショナル)のスポーツウエアやグッズが通常の10%オフで購入できます。

遠方に車で出かけることが多い人におすすめなのがETCカードの利用に限りポイント還元率が2倍の1.0%になること。
ETCカードの利用分はポイントが付与されないクレジットカードも多い中、ポイントがアップするのはかなり大きな魅力でしょう。

また、シートベルトの着用が義務付けられた最近では珍しいシートベルト保険が自動付帯されているんです。
シートベルト着用時の事故で死亡または、重度後遺障害を負った場合500万円の補償を受けることが出来ます。

大きく目立つメリットがないように思えるスバルカードですが、実はディーラー系クレジットカードの中でも明確かつ価値のあるメリットがあるのでおすすめです。

ロードアシスタンスが優秀なマツダm’zPLUSカードセゾン

マツダm'zPLUSカードセゾン

おすすめポイント

  1. 内容充実のマツダm’zPLUSロードアシスタンスに加入できる
  2. 基本還元率が高く、ポイント有効期限が長い
  3. セゾンカードとしての豊富な特典を利用できる
還元率 1.0%~2.0%
年会費 無料
※別途年間750円(税抜)でマツダm’zPLUSロードアシスタンスに加入可
国際ブランド Master card/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

マツダとセゾンカードが提携して発行するマツダm’zPLUS。

クレジットカード年会費は無料になっていますが、別途年会費750円(税抜)を支払うことで充実した内容のマツダm’zPLUSロードアシスタンスに加入できます。

マツダm’zPLUSロードアシスタンスは緊急サポートサービスとアフターフォローサービスがあります。
他社ディーラー系クレジットカードにもロードサービスが付帯されていることが多いですが、そのほとんどは無料でレッカー移動できる距離が決まっていますよね。
しかし、マツダm’zPLUSロードアシスタンスはマツダ車に乗っている場合に限り、最寄のマツダまで制限なしでレッカーしてもらうことができます。

もちろん30分以内で完了する鍵閉じ込めやバッテリージャンピング、ガス欠なども無料対応。

更にアフターフォローサービスでは宿泊費が1名につき15,000円まで無料になったり、帰宅費用が最高20,000円まで負担されたりと優秀なサービス内容になっています。
上記の他、最寄の公共交通機関や宿泊場所までの交通費負担やタイムズカーレンタルで代替車両を24時間無料で貸してくれたり至れり尽くせり。

マツダ車に乗るならマツダm’zPLUSカードセゾンを持っていて損はありません!

外車で唯一お得なクレジットカードVolkswagen Card

Volkswagen Card

おすすめポイント

  1. Volkswagen正規ディーラーでの利用と誕生日月は還元率が1.0%
  2. コスモ石油でのガソリン・軽油・灯油が1~2円/L引き
  3. 有効期限が切れたポイントは自動でVolkswagenポイントに交換
還元率 0.5%~1.0%
年会費 3,000円(税抜)
国際ブランド VISA
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

会社の中でも手ごろで馴染みやすい外観から人気の高いVolkswagenとセディナが提携して発行するVolkswagen Cardです。

国産車のディーラー系クレジットカードとは違い特典やサービス内容がかなりあっさりした印象を受けます。

Volkswagen Cardで一番活用できる特典はコスモ石油でのガソリン・軽油・灯油の割引でしょう。
上限なく店頭価格から1円~2円/L割引になるので、常にお得になるのが嬉しいですね。
但し、ENEOSのようにどこでにでもあるガソリンスタンドではないので、近隣にコスモ石油がないと少々使いにくいかもしれません。

成田、羽田、大阪伊丹など空港付近の駐車場を会員価格で利用できる特典もあります。空港の駐車場問題が解決するだけでマイカーで空港まで行くことができて便利ですよね。

また、還元率は基本で0.5%、Volkswagen正規ディーラーでも1.0%止まりと残念ですが、有効期限が2年間あるので貯めやすいとは思います。

有効期限になってもユーザーが交換申請しなかったポイントは自動的にVolkswagenポイントに移行されます。
通常、有効期限が到達すると失効するポイントが別の形になっても残るのは安心ですね。

まとめ

移動手段としてとっても便利な車ですが、持っているとどうしても出費が増えてしまいます。

ガソリン代はもちろん高速道路の利用料金や定期的に義務付けられている車検、更には距離や期間、使用頻度に応じてメンテナンスや交換が必要な部品もあります。

それらの出費を軽減してくれるのがクレジットカードです。

ETCカードの利用分にもポイントが付くクレジットカード、車検代やメンテナンス費用が安くなるクレジットカード、更には車の購入でポイントが付与されるクレジットカードもありました。

自分の車利用状況に合わせたクレジットカードを使って、ドライブもメンテナンスも節約しながら快適に楽しみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカードDXの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカードDXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 年間利用額別に比較する還元率が高いクレジットカード12選

  • 沿線別にみる交通系(鉄道系)最強クレジットカード24種類を徹底比較

  • 申込属性ごとに比較する還元率が高いクレジットカード20選

  • クレジットカード還元率を徹底解説!2019年最新ランキング

  • マイルが貯まる還元率の高いクレジットカード10枚を徹底比較

  • 還元率は電子マネーとクレジットカードの併用で高くする