1. クレジットカードDX
  2. 還元率
  3. 沿線別にみる交通系(鉄道系)最強クレジットカード24種類を徹底比較

沿線別にみる交通系(鉄道系)最強クレジットカード24種類を徹底比較

 2019/04/25 還元率   1,994 Views

電車大国と思われる日本ですが、実は通勤通学での電車利用率は24%程度。
これは電車利用の多くが首都圏及び近畿圏に偏っていることが原因です。

東京都の利用率は56%を超え半数以上が電車を利用していますが、沖縄県での利用率は1%程度にとどまっています。

東京を中心とした首都圏では車通勤したくても渋滞や駐車場の確保が困難なため現実的でなく、必然的に電車通勤が増えますし、沖縄県では、鉄道がモノレールしかないため利用率が低いのは必然ですよね。

電子マネーの発行枚数を見てみると上記の結果が顕著に表れています。
2位 Suica(7,161万枚)
4位 PASMO(3,628万枚)
6位 ICOCA(1,845万枚)
8位 manaca(621万枚)
9位 nimoca(366万枚)
※月間消費者信用調べ

しかし、利用者の多くは現金チャージをメインとし、還元率の高いクレジットカードでチャージしている人はわずかなんです。

運営者としてはせっかく交通系(鉄道系)電子マネーを利用するのであれば、還元率の高いクレジットカードを活用して電子マネーをよりお得に活用してほしいと考えます。

また、各沿線にはそれぞれに最強と言われる還元率の高いクレジットカードが存在します。

このページを見たことをきっかけに是非、よりよりクレジットカードを知ってほしいと思います!

Contents

日本中のJR各エリアでお得なクレジットカード7選

日本の鉄道といえばJRを連想する人が多いでしょう。
JRグループの鉄道はJR貨物を含む全7社もあるんです。

JR北海道に始まり、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州となり、ここまで揃ったら是非ともJR沖縄がほしい!なんて個人的に勝手なことを考えてしまいます(^^;

しかしこのJRグループ。
エリアによってクレジットカードとの相性が雲泥の差…。

Suicaの発行枚数が伸びに伸びているJR東日本と比べ、未だ独自の交通系(鉄道系)電子マネーを持たないエリアもあるんです。

数百円の切符をクレジットカードで購入できることは少なく、クレジットカードをどう活用すべきか考えるところです。

運営者としては全エリアで少しでもお得にクレジットカードを利用してほしいと思っていますので、ない知恵を絞って考えました 笑

自分の利用するエリアのおすすめクレジットカードをチェックしてくださいね!

[JR北海道/Kitaca]JR北海道をKitacaで利用するならイオンカードKitaca一択

イオンカードkitaka

おすすめポイント

  1. 年会費無料でKitacaにチャージできる唯一のクレジットカード
  2. Kitacaのデポジット料金が無料
  3. WAONカードプラスを利用すればオートチャージに対応
還元率 0.5%~1.3%
年会費 無料
国際ブランド VISA
電子マネー WAON/Kitaca/モバイルSuica/SMART ICOCA
※WAONはポイント付与対象外
※Suica、SMART ICOCAは400円で1ポイント(還元率0.25%)

JR北海道が発行するKitacaとイオンカードの提携で発行されているイオンカードKitacaは交通系(鉄道系)電子マネーKitacaとイオンカード一体型のクレジットカードです。

Kitacaにチャージできるクレジットカードは極々少数に限られており、中でも年会費無料のクレジットカードはイオンカードKitacaのみなので貴重な1枚なんです。

しかし、Kitacaはオートチャージ非対応のためイオンカードKitacaでチャージする場合は都度Kitaca発売駅のみどりの窓口へ行きチャージする必要があります。
また、イオンカードを対で利用したいWAONは一体になっていませんがWAONカードプラス(発行手数料300円)を利用すればイオンカードKitacaからのオートチャージも可能になり、イオン等のポイント優待も受けられます。

[JR東日本/Suica]Suicaと定期券一体型を求めるならビュー・スイカカード

ビュー・Suicaカード

おすすめポイント

  1. Suicaチャージも定期券購入もポイント還元率が3倍の1.5%
  2. 年間利用額により最大2,500円相当のボーナスポイント付与
  3. WEB明細登録で年会費が実質無料
還元率 0.5%~1.84%
年会費 477円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※楽天Edy、SMART ICOCAはポイント付与対象外

JR東日本が発行するSuica、定期券一体型クレジットカードの元祖ビュー・スイカカード。
今や多数のビューカードが存在する中で数少ないSuicaと定期券が一体のクレジットカードで、もちろんSuicaオートチャージにも対応しています。

基本還元率は平凡な数字になっていますが、ビュー・スイカカードのすごいところはSuicaチャージと定期券購入です。

Suicaにチャージした際と定期券を購入した際は通常のポイント還元率が3倍になり、1.5%となります。
特に定期券は高額決済になることがほとんどなのでこの還元率は嬉しいですよね。

[JR東日本/Suica]ビューカード最強還元率11.5%のビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

おすすめポイント

  1. ビックカメラSuicaカードでチャージしたSuica利用で還元率が11.5%!
  2. Suicaチャージ、定期券購入の還元率が1.5%
  3. モバイルSuica年会費が無料
還元率 1.0%~10.0%
年会費 初年度無料/2年目以降477円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/SAPICA
※ポイント付与対象はSuicaのみ

ビックカメラのポイントカードとビューカード、Suicaが一体になったクレジットカードがビックカメラSuicaカードです。

ビックカメラSuicaカードは定期券一体には対応していませんが、そんなの何の問題にもならないと思えるほどのメリットがたくさんある超人気クレジットカードなんです。

最大の人気ポイントはやはりビックカメラでお買い物をした時でしょう。
通常ビックカメラでクレジットカード決済すると還元率が8.0%ですが、ビックカメラSuicaカードの支払いは現金と同じく10.0%の還元率になります。

更にビックカメラSuicaカードでチャージしたSuicaで決済すればチャージポイント1.5%が加算されるため、合計11.5%もの超高還元率になるモンスターカードになります。

[JR東海/TOICA」メリットなしのTOICAは諦めビックカメラSuicaカードに

ビックカメラSuicaカード

おすすめポイント

  1. ビックカメラSuicaカードでチャージしたSuica利用で還元率が11.5%!
  2. Suicaチャージ、定期券購入の還元率が1.5%
  3. モバイルSuica年会費が無料
還元率 1.0%~10.0%
年会費 初年度無料/2年目以降477円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/SAPICA
※ポイント付与対象はSuicaのみ

JR東海地域の鉄道を利用する人は誰もが知っているだろう交通系(鉄道系)電子マネーTOICA。

本来はTOICAを活用できるクレジットカードをご紹介したいところですが、残念ながらTOICAはクレジットカードチャージに対応しておらず、ショッピング等に利用した場合のポイント還元もないというクレジットカードとの相性最悪の電子マネーなんです。。

ご存知の方が多いでしょうか現在交通系(鉄道系)電子マネーは相互利用が可能になり、TOICA地域でもSuicaが利用できます。
現金で何のメリットもないTOICAにチャージして乗車するよりも、乗車もショッピングも利用できてポイントも付与されるSuicaをおすすめします。

そして、Suicaと相性最強のクレジットカードは誰もが認めるビックカメラSuicaカードです。
ビックカメラSuicaカードを活用してJR東海を利用することをおすすめします。

[JR西日本/ICOCA]ICOCA一体型がないならREXカードの還元率1.25%

REXカード

おすすめポイント

  1. 業界最高水準の基本還元率1.25%!
  2. 貯めたポイントはJデポに交換で請求額から直接値引き
  3. SMART ICOCAチャージでも還元率低下なし
還元率 1.25%~1.5%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

JR西日本区域で活躍するICOCA、SMART ICOCAですが、実は一体型クレジットカードが存在せず、もちろんオートチャージにも対応していないんです。

しかしJR東海のTOICAとは違いクレジットカードでのチャージには対応しています(^^♪
そうなるとクレジットカードの中でもより還元率の高いクレジットカードを選ぶべきでしょう。

そこで当サイトがおすすめしたいのが業界最高水準の還元率1.25%を誇るREXカードです。

尚、ICOCAは現金チャージにしか対応していないため、クレジットカードでチャージするのであればSMART ICOCAを保有する必要があります。
また、SMART ICOCAには1日2万円、1か月4万円までというチャージ上限額があるため、注意しましょう。

[JR四国/独自ICなし]ICOCA導入エリア利用のみREXカードを活用して

REXカード

おすすめポイント

  1. 業界最高水準の基本還元率1.25%!
  2. 貯めたポイントはJデポに交換で請求額から直接値引き
  3. SMART ICOCAチャージでも還元率低下なし
還元率 1.25%~1.5%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

JR各社の中で唯一独自の電子マネー(IC乗車カード)がないJR四国。
もちろん提携クレジットカードもありません(^^;

しかし、JR四国の一部エリアではICOCAを導入しています。
JR西日本でもご紹介しましたが、SMART ICOCAはクレジットカードを利用してチャージができるので、SMART ICOCAと還元率の高いクレジットカードを使う選択がベストでしょう。

実は、REXカードと同じ業界最高水準の還元率1.25%を誇るクレジットカード「リーダーズカード」もありますが、JR西日本に続きREXカードを推します!

リーダーズカードは年間30万円以上利用しないと年会費が有料になってしまうからなんです。
SMART ICOCAに毎月25,000円以上チャージしたり、その他のクレジットカード利用があればリーダーズカードでも良いですが、使うかわからない状態でSMART ICOCAにチャージする目的だけで保有するにはリスクが高すぎるんです。

JR四国を利用する場合は、REXカードとSMART ICOCAを活用して少しでもお得に乗車しちゃいましょう!

[JR九州/SUGOCA]JMB JQ SUGOCAはJALマイルがANAマイルに移行できる

JMB JQ SUGOCA

おすすめポイント

  1. SUGOCAにオートチャージができる
  2. SUGOCA利用乗車で還元率1.0%のSUGOCAポイント付与
  3. JALマイルからANAマイルへの交換が可能
還元率 0.5%~2.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA/SUGOCA
※Suica、SMART ICOCAは400円につき1JRキューポ(還元率0.25%)

JMB JQ SUGOCAはイオンとJAL、JR九州が提携して発行している、SUGOCAとJALマイレージバンク、クレジットカードが一体になったカードです。
デポジット料金500円がかからないことで人気のSUGOCA一体型のクレジットカードで唯一3大国際ブランドから選べるカードなんです。

また、JR博多シティの商業施設で提示するだけで還元率3.0%~10.0%の値引きを受けることができ、博多阪急でJMB JQ SUGOCA決済すると還元率が通常の4倍2.0%になるショッピングでもお得なクレジットカードです。

JMB JQ SUGOCAの人気を持ち上げたのが禁断と言われるJALマイルからANAマイルへの交換です。
JALマイルからJQポイント、Gポイント、メトロポイントを経由する必要がありますが、0.9%の高レートで交換ができるのは最大の魅力でしょう。

東京をくまなく走る地下鉄東京メトロを楽しむクレジットカード2選

東京のあらゆるところへ連れて行ってくれる地下鉄東京メトロ。

現在は、銀座線、東西線、半蔵門線、丸ノ内線、千代田線、南北線、日比谷線、有楽町線、副都心線の9線が運航しています。

一部地上へ上がるものの基本は地下を走る地下鉄。
その緻密なダイヤと各路線の深さなどによりこれだけの路線が毎日何百本と走っています。

最寄りの駅はJRや私鉄でも通勤、通学途中で東京メトロのお世話になっている人も多いのではないでしょうか。

東京メトロも現在の流行に後れることなく、東京メトロの乗車や乗車券購入で還元率の高いクレジットカードを発行しています。

今は各交通系(鉄道系)電子マネーの相互利用が可能になったので意識せず、Suicaを利用している人もいるかもしれませんが、東京メトロを利用する機会が多い人は乗車ポイントが付与される東京メトロに強いクレジットカードがおすすめですよ!

[東京メトロ/PASMO]乗車ポイント還元率最大12%のTo Me CARD Prime

To Me CARD Prime

おすすめポイント

  1. 東京メトロに乗車するたびに最大還元率12.0%のポイント付与
  2. 年間利用額により翌年度のポイント還元率がアップ
  3. 入場時だけでなく出場時のオートチャージにも対応
還元率 0.5%~1.0%
年会費 初年度無料/2年目以降2,000円(税抜)
※前年度50万円以上の利用で無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
※VISA/Master cardはニコス発行、JCBはJCB発行
電子マネー nanaco/PASMO/モバイルSuica/SMART ICOCA
※PASMOチャージ以外はポイント付与対象外

東京メトロがJCB、ニコスと提携して発行しているクレジットカードTo Me CARD Prime。

東京メトロに乗車するだけで平日10ポイント、土日祝日は20ポイントが貯まるクレジットカードです。
もちろんクレジットカード利用では別途各クレジットカード会社のポイントが貯まります。

クレジットカード利用時の還元率は0.5%と平均的ですが、乗車ポイントの還元率が高いのが特徴でしょう。
土日祝日に初乗り165円で乗車した場合、還元率は12.0%にもなるんです。
貯めた乗車ポイントは1ポイント1円としてPASMOにチャージできるので、日々東京メトロを利用する人にとってはなくてはならないカードですよね。

また、通常入場時のみに対応するオートチャージですが、東京メトロは2018年3月から出場時のオートチャージにも対応しました。

乗車以外でPASMOを利用するときに残高不足に悩まされることもなく安心です。

最後に地味にお得な還元率1.0%の利用方法を・・・。
通常PASMO電子マネーを利用してお買い物をすると200円で1ポイント(還元率0.5)ですが、自動販売機の場合のみ100円で1ポイント(還元率1.0%)が付与されるんです。

[東京メトロ/PASMO]ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB

おすすめポイント

  1. 東京メトロに乗車するだけで平日5ポイント、土日祝日15ポイント付与
  2. ポイントは全4コースから自分に合ったコースを選べる
  3. 自動改札入場時、退場時共にPASMOオートチャージの利用が可能
還元率 0.5%~2.0%(1マイル2円換算)
年会費 初年度無料/2年目以降2,000円
国際ブランド JCB
電子マネー nanaco/PASMO/モバイルSuica/SMART ICOCA
※PASMOチャージ以外はポイント付与対象外

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は貯めたポイントをANAマイルに交換できるのが最大の特徴であり、陸(丘)マイラーに人気が高いクレジットカードです。

ポイントコースは全4コースから自由に選択できますが、マイルを貯めたい人なら5マイルコースか10マイルコースになるでしょう。

10マイルコースは単純に還元率が倍の2.0%(1マイル2円換算)になるコースなので一見お得に感じますが、実は移行手数料が年間5,000円がかかります(^^;
対する5マイルコースは還元率1.0%に留まるものの移行手数料は無料なんです。
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の決済金額が年間100万円を超える場合は10マイルコースの方がお得になりますが、100万円未満の場合は5マイルコースを選んだ方がお得になりますね。

このボーダーはANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)をメインカードにするか否かで決まってくると思いますが、メインカードとするには還元率が心もとないので、5マイルコースでサブカードとしての利用をおすすめします。

私鉄や地下鉄がお得になる沿線系クレジットカード10選

電車の代名詞となっているJRや東京メトロですが、その他の私鉄なしには私たちの日常はまわりませんよね。

特に私鉄は百貨店や駅ビルなど様々な商業施設をグループで展開しているため、クレジットカードの還元率が活きる環境が整っているんです。

交通系(鉄道系)電子マネー単体で考えると各電子マネーの相互利用ができることで不便はないかもしれませんが、私鉄沿線に住んでいたり、勤務している人は持っていて損はない…いや持つべきクレジットカードがあります。

是非、自分の利用する沿線でベストな還元率の高いクレジットカードを見つけてくださいね(^^♪

JR北海道以外はリクルートカード×SAPICAでポイント2重取り

リクルートカード

おすすめポイント

  1. SAPICAオートチャージで還元率1.0%のポイント付与
  2. Suicaチャージもポイント対象なのでSuicaとSAPICAの併用が可能
  3. 貯めたポイントは共通ポイントやマイルへ交換で使いやすい
還元率 1.2%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー SAPICA/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※モバイルSuica、SMART ICOCAはポイント付与対象外

 

北海道在住の方は既にご存知の通り、北海道ではJR系電子マネーKitacaと北海道交通局発行SAPICA2種類の交通系(鉄道系)電子マネーが存在しています。
SAPICAは相互利用サービスに登録していませんが、kitakaはSAPICAエリアも利用できるため、kitakaを利用している人が多いかもしれません。

しかし!
お得に利用することを考えるのであればkitaka1枚に絞るのではなく、あえて2枚持ちをお勧めします。

というのもkitakaにはポイント還元システムがないんです。
どれだけ利用してもせいぜいチャージ時に得られるクレジットカードのポイントだけ。
しかも、kitakaにチャージできるクレジットカードは極々限られたクレジットカードのみなので還元率で選ぶこともできません。

対するSAPICAは乗車のたびに運賃の10%がポイントとして貯まり、札幌市内のセイコーマートで電子マネーとして利用すれば還元率0.5%のポイントも付きます

更にほとんどのクレジットカードがオートチャージに対応しているのも魅力です。
但し、SAPICAチャージがポイント付与対象になっているかどうかはクレジットカードにより異なります。

業界最高水準の還元率1.25%を誇るREXカード(レックスカード)に期待を込めて電話で確認しましたが、SAPICAはポイント付与対象外でした(T.T)

というわけで、当サイトではSAPICAもポイント付与対象になり、高い還元率のクレジットカードリクルートカードをおすすめします!

東急線を利用者は最大還元率10.0%のTOKYU CARD ClubQ JMB PASMO

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO

おすすめポイント

  1. 東急線定期券購入で最大ポイント還元率が3.0%の高還元
  2. JALマイルが貯まり、TOKYU POINTはJALマイルに交換も可能
  3. 東急グループやTOKYU POINT加盟店なら最大10%の還元率
還元率 0.5%~10.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,000円
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/PASMO

代官山や二子玉川などおしゃれスポットの多い東急線沿線で活躍するのが最大還元率10.0%のTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOです。

PASMO、定期券と一体になるクレジットカードなのでお財布がスマートになることはもちろん、PASMOオートチャージにも対応しているので改札で不意に止められることもありません。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの魅力は多数ありますが、中でもPASMO定期券購入の還元率が3.0%になるのはお得ですよね。
通勤や通学で東急線を利用する人は必ず定期券が必要になるので、日常的な出費に還元がつくことは大きな節約になります。

また、東急系の電車やバスに乗車した日に様々な商業施設に設置してある専用端末にタッチすると1日10ポイントが貯まる「乗ってタッチTOKYUポイント」も嬉しいプレゼントになります。
専用端末は渋谷ヒカリエや東急百貨店など多数の施設にあるので、チェックしてみましょう。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはその名の通りJMB機能も搭載しているので、JALマイルを貯める陸(丘)マイラーにも人気です。
貯めたTOKYUポイントは2,000P=1,000マイルに移行できます。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
の公式サイトはこちら

小田急沿線最強のOPクレジットはPASMO乗車で最大7.0%の還元率

OPクレジット

おすすめポイント

  1. オートチャージしたPASMOで小田急線に乗車すると乗車最大還元率が7.0%
  2. 最大還元率10.0%の小田急ポイントサービス加盟店が1,000店舗以上
  3. PASMOオートチャージに対応し、0.5%のクレジットポイントが貯まる
還元率 0.5%~10.5%
年会費 初年度無料/2年目以降500円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/PASMO

小田急グループの利用が超お得になる小田急沿線最強のクレジットカードがOPクレジットです。

OPクレジット最大の魅力は小田急線に乗車すると貯まる小田急乗車ポイントが最大7.0%になることです。
様々な路線で乗車ポイントの付与を行っていますが、最大還元率が7.0%にもなる路線は少なく、小田急線はその点優秀でしょう。

7.0%の還元率を得るには1か月間の小田急線乗車運賃総額が2万円を超える必要がありますが、半額の1万円だとしても還元率は3.0%になります。

また、OPクレジットのPASMOオートチャージサービスに登録しているPASMOを「小田急ポイント貯まる」ステッカーのある店舗で電子マネー利用すると月の利用金額の1.0%が還元されます。オートチャージの還元率と合わせると1.5%の還元率となるのも大きいですよね。

京王線は京王グループで最大還元率11.0%の京王パスポートPASMOカードVISA

京王パスポートPASMOカードVISA

おすすめポイント

  1. PASMO利用の乗車やお買い物で京王PAS×PASポイントの還元率0.5%~1.0%
  2. 定期券購入なら還元率1.5%でポイントが貯まる
  3. 京王ポイント加盟店ならクレジット、電子マネー、現金どれでも最大還元率10.0%
還元率 0.5%~11.0%
年会費 初年度無料/2年目以降239円(税抜)
※前年度1回以上のPASMOオートチャージ利用で無料
国際ブランド VISA
電子マネー nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA/PASMO
※PASMO以外はポイント付与対象外

京王グループでお得なクレジットカードというと京王パスポートVISAカードを連想しますが、京王線を利用する人には定期券、PASMOが自動付帯された京王パスポートPASMOカードVISAがおすすめです。

一見、機能に変わりはないように見えますが、京王パスポートPASMOカードVISAは京王PAS×PASポイントサービスが自動付帯されており、還元率も2倍の1.0%になります。

また、京王パスポートVISAカードでは前年度1回以上のクレジット利用で年会費が無料になりますが、京王パスポートPASMOカードVISAは前年度1回以上のPASMOオートチャージが条件になるので、クレジットカードでショッピングをしない人でも安心して保有できます。

特にPASMOを電子マネーとして利用した際のポイントが2倍の1.0%になるのは大きいですよね。
京王パスポートPASMOカードVISAからオートチャージしたPASMOでお買い物をすればトータル還元率1.5%になるのも大きな魅力でしょう。

西武線は西武グループまとめてSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンがお得

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン

おすすめポイント

  1. 永久不滅ポイントとプリンスポイントの2種類が同時に貯まる
  2. PASMOにオートチャージで、還元率0.5%のチャージポイントが貯まる
  3. プリンスポイントで全国各地のプリンスホテルに宿泊できる
還元率 0.5%~1.5%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/PASMO
nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

映画「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の聖地巡礼で人気となった埼玉県秩父駅のある西武線に強いクレジットカードはSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンです。

元々西武と同じグループだったセゾンが発行していますが、ポイントはセゾンカードの永久不滅ポイントと西武プリンスクラブのプリンスポイントの2重取りが可能となっており、基本的に永久不滅ポイントの還元率が0.5%、プリンスポイントの還元率が1.0%になります。

ポイントの2重取りができるクレジットカードは多数ありますが、その問題点はポイントがバラついてしまい結果使えるほどのポイントが貯まらないことです。
しかし、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは貯まった永久不滅ポイントをプリンスポイントに移行することが可能なので、プリンスポイントのみに集約することができます。

貯まったプリンスポイントはホテルの宿泊券や食事券、レジャー関連のチケットなど様々なものに交換できますが、中でも人気の高い交換先は宿泊券でしょう。
全国各地のプリンスホテルに宿泊できますし、ポイント数によってはハワイのビーチフロントスイートに宿泊できちゃうんです。

今流行りの共通ポイントなどに交換して、日常の節約に繋げることはできませんが、貯めたポイントで非日常を味わうのも良いですね!

東武線はPASMO定期券一体型の東京スカイツリー🄬東武カードPASMOがおすすめ

東京スカイツリー🄬東武カードPASMO

おすすめポイント

  1. 東武鉄道定期券購入でポイント還元率1.5%
  2. 東京ソラマチの利用は常にポイント4倍の2.0%
  3. 東武百貨店での年間利用額によりポイント還元率が3.0%~7.0%
還元率 0.5%~7.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,000円(税抜)
※前年度税込10万円以上利用で年会費分のポイントプレゼント(実質無料)
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー PASMO/モバイルSuica/SMART ICOCA

東武線に強く、PASMOや定期券が一体になる唯一のクレジットカードが東京スカイツリー東武カードPASMOです。

実は、クレジットカードをどれだけ利用するかにより選択すべきクレジットカードが変わってくるのが東武線の辛いところ。
というのも、通常の東武カードは年会費が無料で、別途申し込みをすることでPASMOへのオートチャージが可能になるんです。

そこをあえて当サイトが年会費有料(条件により無料)の東京スカイツリー東武カードPASMOをおすすめするのは、やはり定期券購入時や東京ソラマチでのポイント還元率アップが大きいからです。

通常の東武カードでは定期券購入時のポイント還元率アップはなく、もちろん東京ソラマチでも還元率は0.5%のまま。

但し、年間10万円以上のクレジットカード利用がないと年会費が発生するというリスクが伴うのも事実です。

年間10万円という金額は公共料金や定期券購入があればなんなくクリアできる金額だと思いますが、もしも10万円以上利用する可能性が低い人は通常の東武カードで別持ちのPASMOオートチャージを利用した方が良いでしょう。

京急電鉄の定期券を購入する人は京急プレミアポイントシルバーがお得

京急プレミアポイントシルバー

おすすめポイント

  1. PASMOオートチャージや定期券購入でポイント還元率0.5%
  2. 京急プレミアポイント加盟店で利用すると最大還元率が6.0%
  3. 羽田空港内のショップで最大割引率10%に加え最大ポイント還元率2.0%
還元率 0.5%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/PASMO

京急電鉄を定期券で利用する人は必ず持つことをおすすめしたいのが京急プレミアポイントシルバーです。

還元率はトータルしても高いとは言い難く、目立つメリットが少ないクレジットカードですが、京急電鉄の定期券を購入できる唯一のクレジットカードです。
定期券購入やPASMOオートチャージの還元率もアップすることなく0.5%になりますが、高額になることの多い定期券ですし、年会費が無料ということを考えると持っておいて損はないでしょう。

実は京急には京急プレミアポイントクリスタルというクレジット機能のないポイントカードがあります。
京急プレミアポイント加盟店で京急プレミアポイントクリスタルを提示すればポイントが貯まるので、わざわざ京急プレミアポイントシルバーで決済せずに、ポイントカードを提示したうえで、別の還元率が高いクレジットカードで決済した方が還元率が高くなるんです(^^;

基本的に京急電鉄の定期券を利用する、京急オンライン書店や羽田空港で買い物をする人に限定すればかなりお得なクレジットカードといえるでしょう。

京成電鉄利用なら京成カード(オリコ)×PASMOの2枚持ち

京成カード(オリコ)

おすすめポイント

  1. PASMOオートチャージや定期券購入で0.5%のポイント還元
  2. 京成電鉄の定期券を購入できる唯一のクレジットカード
  3. 京成グループの乗り物や商業施設で利用すると最大還元率1.5%
還元率 0.5%~1.5%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/PASMO
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

京成カード(オリコ)は京成線はもちろん、新京成線、北総線でもお得に使えるクレジットカードです。

京成カードにはオリコ発行のカードとMUFG発行のカードがありますが、人気が高いのは京成カード(オリコ)になります。
オリコは年間1回以上のクレジットカード利用で年会費が無料になるのに対し、MUFGは年会費無料条件がないことが人気に影響していると思われます。

京成カード(オリコ)の最大のメリットは京成電鉄の定期券を購入できること。京成電鉄では通常定期券のクレジットカード決済を行っておらず、唯一利用できるクレジットカードが京成カードなんです。

定期券購入やPASMO利用での還元率は高くありませんが、京成グループの商業施設では還元率が1.5%、京成バスやタクシーでも還元率が1.0%と高くなるため、京成沿線の利用が多い人は十分にお得な利用ができるクレジットカードです。

相模鉄道(相鉄)の定期券が購入できる唯一の相鉄カード

相鉄カード

おすすめポイント

  1. 相鉄で定期券購入できる唯一のクレジットカード
  2. PASMOオートチャージに対応
  3. 相鉄グループの利用で還元率2.0%や優待がある
還元率 0.5%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/PASMO
※PASMOオートチャージ以外はポイント付与対象外

現在、自然溢れる地域から都心横浜をつなぐ比較的のんびりとした沿線でしたが、2019年11月からJRとの相互直通運転が決まった相模鉄道、通称相鉄。

相鉄沿線がお得になるクレジットカードですが、実はとても悩みました。
素直に選ぶのであれば今回ご紹介を決めた相鉄カードなんですが、正直あまり還元率が高いとは言えません。

基本的に私鉄沿線系のクレジットカードは基本還元率が0.5%が多いのは仕方ないとしても、最高還元率が2.0%とインパクトが薄いんですよね(^^;

それでも相鉄カードにした理由はやはり相鉄の定期券が購入できる唯一のクレジットカードだからです。
定期券購入時の還元率もPASMOオートチャージ時の還元率も0.5%となっており決して高い還元率ではありませんが、他の購入方法が現金しかないのであれば0.5%でも還元されるだけ良いと考えるべきでしょう。

基本還元率が1.0%を超えるクレジットカードをメインカードとし、相鉄カードはサブカードとして相鉄沿線でのみ活用するつもりで利用することをおすすめします。

横浜市営地下鉄や市営バス利用者はハマエコカード(hama-eco card)

ハマエコカード

おすすめポイント

  1. 市営バス及び地下鉄の定期券又は、シニアパス購入で還元率1.5%+年会費無料
  2. ブルーライン・グリーンライン沿線の560施設で優待
  3. 貯めたポイントの交換先はマイルや景品、電子マネーなど豊富で使いやすい
還元率 0.5%~1.5%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
※定期券購入もしくは、マイ・ペイすリボ登録+年1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/PASMO
※PASMO以外はポイント付与対象外

横浜市民をはじめ横浜界隈でメリットが豊富なハマエコカードは横浜市交通局と三井住友カードが提携したクレジットカードです。

基本還元率は0.5%と並々ですが、定められた地域、交通局系のクレジットカードとしては優秀といえるでしょう。

特に市営バスや市営地下鉄の定期券を利用する人は定期券購入で還元率が3倍の1.5%になり、一般的に還元率が高いと言われるクレジットカードの還元率よりも高くなります。

また、気になる年会費も定期券購入で無料になりますし、もちろんPASMOオートチャージに対応。
オートチャージ分もしっかりポイント付与対象になっているので安心です。

貯めたポイントは交換先が豊富なので使い勝手がよく、年間利用額に応じたボーナスポイントやリボ払いでのポイントアップなど細かいサービスがあるのも魅力です。

出張や旅行、帰省にも活躍する新幹線でお得なクレジットカード5選

多くの子どもに愛される新幹線は大人にとっても出張や旅行、帰省など長距離移動をする際の大切な移動手段ですね。

新幹線を利用する人はご存知の通り、新幹線のチケットは通常の乗車券の他に特急券が必要になり、その分高額になります。
新幹線を頻繁に利用する人にとってはチケット料金の負担も大きくなるので、いかにお得にチケットを購入するかが重要になります。

そんな時に役立つのがクレジットカードを利用した購入です。
新幹線のチケット購入にクレジットカードを利用すればネットを利用した購入もでき、窓口で長い列に並んだり、スタッフの方の処理を待つ必要もありません
そして最大のメリットは購入した金額に応じてポイントが貯まることです。
クレジットカードのポイントは現金同様の価値を持つものが多く、お金からポイントに形は変わっても価値は変わらないので節約につながります。

ここでは新幹線のチケット購入におすすめのクレジットカードをご紹介します!

モバイルSuicaを活用すれば新幹線でもビックカメラSuicaカードが最強に

ビックカメラSuicaカード

おすすめポイント

  1. 年会費が実質無料でエクスプレス予約が利用できる
  2. 基本還元率が高く、ビックカメラ利用では最大還元率11.5%
  3. Suicaチャージ還元率が3倍の1.5%
還元率 1.0%~10.0%
年会費 初年度無料/2年目以降477円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※モバイルSuica以外はポイント付与対象外

新幹線をお得に利用する方法で誰もが考えるのは「エクスプレス予約」ですよね。
確かにその通りで、エクスプレス予約の利用ができるかできないかでは大きな差が出てきます。
そのため、多くの人はJR東海エクスプレスカードやJ-WESTエクスプレスカードを利用しているのではないでしょうか。

しかし、実はビューカード最強と言われるビックカメラSuicaカードでもモバイルSuicaを利用すればエクスプレス予約が利用できるんです。
ビックカメラSuicaカード入会後にビューカード特約に申し込むなど少々手続きが必要ですが、そこだけ我慢。

エクスプレス予約ができるクレジットカードはほぼ年会費が発生しますが、ビックカメラSuicaカードなら年間1回以上の利用で年会費が無料になるのでクレジットカードを利用する人なら実質年会費無料でエクスプレス予約を利用できることになります。

また、モバイルSuicaも基本的には954円(税抜)の年会費が発生しますが、ビューカードをモバイルSuicaに登録することで年会費が当面無料になるので、こちらも経費0円です。

更にビックカメラSuicaカードはSuicaチャージの還元率が3倍の1.5%になります。
関西圏に住む人にとってはSMART ICOCAチャージでポイントが貯まらなければ意味がないと思うかもしれませんが、現在は交通系(鉄道系)電子マネーの相互利用が可能になっていますので、Suicaでも関西圏で十分に利用できます。

交通系(鉄道系)クレジットカードの基本還元率は0.5%のクレジットカードが多い中、ビックカメラSuicaカードの基本還元率1.0%は超優秀といえるでしょう。

新幹線エクスプレス予約一番人気はJR東海エクスプレス・カード

JR東海エクスプレスカード

おすすめポイント

  1. 東海道・山陽新幹線が常に安くなるエクスプレス予約が可能
  2. 「EX予約グリーンプログラム」と「ワンダフルプレゼント21」ポイントがWで貯まる
  3. 旅行やホテル、レンタカーなどの割引優待が多数
還元率 0.5%~2.0%
年会費 1,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外

東京から九州を結ぶ東海道・山陽新幹線は2018年JR発表の新幹線利用者数ランキングで上位に位置する人気の新幹線です。

人気の路線ともなると混雑時にはみどりの窓口の長蛇の烈に並んだり、予約が取りづらかったりと様々な困難が出てきますよね。

しかし、このJR東海エクスプレス・カードならエクスプレス予約が可能なので、混雑などの心配はいりません。
365日いつでもネットで予約ができ、予約変更も何度でも手数料無料なんです。

更にエクスプレス予約で購入後、乗車すると「EX予約グリーンプログラム」のグリーンポイントが貯まり、貯まったポイントを利用すれば普通指定席料金でグリーン車を利用することができちゃうんです。
グリーン車でいつもと違うひと時を過ごすのも良いですよね。

また、グリーンポイントの他、ワンダフルプレゼント21ではクレジットカード利用1,000円ごとに0.5%の還元率でポイントが貯まります。
ワンダフルプレゼント21は年間利用金額により還元率が最大50%アップしたり、誕生日月にはポイント2倍の還元率1.0%になるなどの特典もあります。

2つのポイントで新幹線もショッピングも楽しく利用できるのが嬉しいですね。

J-WESTカード「エクスプレス」で北陸新幹線やJR西日本の特急が割引に

J-WESTカード「エクスプレス」

おすすめポイント

  1. エクスプレス予約で快適な新幹線利用ができる
  2. JR西日本や北陸新幹線の特急料金が会員限定割引運賃になる
  3. 貯まったポイントはSMART ICOCAに移行して電車やバス、ショッピングに利用できる
還元率 0.5%~1.5%
年会費 1,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※モバイルSuicaはポイント付与対象外

新幹線のエクスプレス予約が利用できるという点ではJR東海エクスプレスカードと何ら変わりのないJ-WESTカード「エクスプレス」ですね。

しかし、関西に住んでいたり、JR西日本の鉄道を頻繁に利用する人はJ-WESTカード「エクスプレス」が断然おトクです。
J-WESTカード「エクスプレス」はエクスプレス予約ができる他、北陸新幹線やJR西日本の特急運賃が会員限定運賃に割引されるんです。

割引条件としてネット予約サービス「お出かけネット」から予約する必要がありますが、このネット社会ですから面倒なことはありませんよね(^^v

貯まったJ-WESTポイントは100ポイントからJR西日本ならではの商品に交換できる他、1,000ポイントからSMART ICOCAへチャージできるので使い道に困ることもありません。

会員限定運賃で乗車できるビックカメラ J-WESTカード「エクスプレス」

ビックカメラJ-WESTカード「エクスプレス」

おすすめポイント

  1. 新幹線エクスプレス予約が利用できる
  2. JR西日本ネット予約「e5489」利用で多数の路線が会員限定運賃で利用可能
  3. ビックカメラの利用で最大還元率10.5%
還元率 0.5%~10.0%
年会費 1,000円(税抜)
国際ブランド VISA
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※モバイルSuicaはポイント付与対象外

J-WESTカードの中では群を抜く最大還元率を持つビックカメラJ-WESTカード。
もちろんエクスプレス予約の利用ができるのもメリットですね。

JR東日本発行のビューカード ビックカメラSuicaカードと異なり、SMART ICOCAのチャージがポイント付与対象になりますが、還元率のアップはなく基本還元率0.5%のまま。

しかし、ビックカメラJ-WESTカード最大のメリットは別にあるんです。
JR西日本ネット予約「e5489」を利用すると九州新幹線、山陽新幹線、北陸新幹線及び、各路線の特急券がJ-WEST会員限定の割引運賃で利用できます
早得などを利用すれば片道3,000円ほど割引になることもあるので、大きな魅力ですね。

また、J-WESTにはプレミア・プログラムがあり、エクスプレス予約やe5489で山陽新幹線、北陸新幹線を利用するとポイントが貯まります。
このポイントによりゴールドクラスになると新幹線改札内の専用ラウンジを利用できるようになるんです。

空港のラウンジは注目されることが多いですが、新幹線でも待ち時間を優雅に過ごせるラウンジが利用できるとビジネスマンには最高ですよね!

JR九州のネット予約で最大35%割引になるJQ CARDセゾン

JQ CARDセゾン

おすすめポイント

  1. JR九州インターネット列車予約サービス利用で運賃が大幅値引きに
  2. SUGOCAオートチャージに対応し、もちろんチャージポイントも貯まる
  3. JRキューポを永久不滅ポイントは相互交換可能なのでポイントが集約できる
還元率 0.5%~2.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメックス
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/SUGOCA

JR九州とセゾンカードが提携して発行したJQ CARDセゾンはJR九州及び、九州~大阪間の新幹線で高い還元率を誇るクレジットカードです。

ポイント還元率はさほど高くはありませんが、JQ CARDセゾンのメリットは直接値引きにあります。
一例として鹿児島中央駅から新大阪までのスーパー早得きっぷの場合35%割引となりその差額は7,000円以上になるんです。

また、交通系(鉄道系)クレジットカードは通常自社エリアの電子マネーチャージにのみポイントを付与していますが、JQ CARDセゾンはチャージ可能な全ての電子マネーチャージにポイントが付与されるのも魅力ですね。

上記の他、提示するだけで優待や割引が受けられる特典も多く、その点はセゾンカードのパワーを感じますね!

博多阪急では常に還元率が4倍の2.0%になりますので、ショッピング利用でもしっかりポイントを貯められます。

まとめ

日本全国に走る電車の数は電車素人の私では数えきれないほどありますが、中でも目立ってお得に使えるクレジットカードをご紹介しました。

新幹線でも乗らない限り、電車の運賃が高額になることは少ないのでついついICカードでピピっと改札を通っている人も多そうですが、週や月、年単位で見ると交通費って結構かかっているものです。

今やクレジットカードも電子マネーも還元率の時代。
還元率の高いクレジットカードや電子マネーを活用して交通費を節約しちゃいましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカードDXの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカードDXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ステータス別に比較する還元率が高いクレジットカード27選

  • 空港ラウンジが無料利用できるクレジットカード7種類を徹底比較

  • 税金や保険の支払いにおすすめの高還元カード32種類を徹底比較

  • 還元率は電子マネーとクレジットカードの併用で高くする

  • 年会費で比較する還元率が高いクレジットカード30選

  • 海外旅行も国内旅行もお得に安心して使えるクレジットカード22選