1. クレジットカードDX
  2. 最短3営業日
  3. ライフカードは即日発行できるのか?

ライフカードは即日発行できるのか?

 2018/07/09 最短3営業日   5,453 Views
ライフカード

クレジットカードを作る際、発行までに掛かる日数はさまざまです。中には1か月掛かるものも。海外旅行に行く前など、急ぐことも多いでしょう。

クレジットカードは、できるだけ早く手に入れたいものです。申し込んで、その日に入手できるクレジットカードもあります。

それでは、年会費無料と充実したポイントプログラムが人気のライフカードはどうでしょうか。ライフカードは即日発行できるのでしょうか?

発行スピード 最短3営業日
国際ブランド VISA/Master card/JCB
還元率 0.50%~1.50%
年会費 無料
付帯サービス 家族カード、ETCカード
カード受け取り方法 郵送
学生 学生専用カードあり
ライフカードの公式サイトはこちら
Sponsored Link

ライフカードはいつ受け取れる?

結論から言いますと、ライフカードは即日発行はできません。

即日発行可能なクレジットカードには、必ずカードを渡してくれるカウンターがありますが、ライフカードにはカードを受け取るためのカウンターがないからです。

郵送以外でのクレジットカード交付方法がない以上、申し込んで当日に、ライフカードを手に入れる方法はありません。

といっても、ライフカードの審査は大変速く、最短で3営業日で発行されます。

ライフカードは発行が早い

カウンターで即日交付を受けられるクレジットカードも一部あります。ですが、ほとんどのクレジットカードは郵送で送られてきます。ライフカードもこのタイプです。

とはいえ、ライフカードは最短3営業日発行です。郵送で届くカードの中では、大変速く届くほうです。

ですから、月曜日に申し込んだ場合、最短で水曜日に発行され、木曜に自宅に郵送されてくる可能性があります。

このくらいのスピードなら、海外旅行に行く前の忙しい時期でも安心でしょう。

最短3営業日発行のためには、オンラインで申し込む必要があります。午後の申込みになりますと、発行日が1日ずれますのでご注意ください。

「営業日」ですから、土日祝日・年末年始をまたぐとさらに時間が掛かります。

審査に通らないとカードは持てない

クレジットカードには審査がありますので、誰でも持てるわけではありません。こんな人は審査に落ちる可能性がありますのでご注意ください。

  • クレジットカードやローンの滞納がある人
  • 学生ではないのに、無職無収入の人
  • 収入などを偽って届け出る人
  • 申込書に入力間違いの多い人

若い人にとって、しばしばクレジットカードを持てない原因となるのが、携帯電話本体分割料金の滞納です。

スマートフォン等の本体は、意識しないかもしれませんが、ショッピングクレジット(分割払い)で購入しています。これを、電話代に過ぎないと思って滞納することで、個人信用情報に傷がつき、クレジットカードを作れなくなる人がたくさん発生しています。

一度この状態になりますと、5年間は抜け出せません。支払はくれぐれもきちんとしましょう。

ライフカードを少しでも早く受け取るコツ!

ライフカードの申し込みは、「Web完結型」「通常型」2つの方法があります。
通常型は、申し込みから2~3週間程度でカードが発行されます。自分で書類をダウンロードして手続きすると、10営業日程度と少し短くなりますね。また、Web完結型では最短3営業日で発行可能です。やはりWeb完結で申し込みましょう!

ただし、Web完結型は提携金融機関が決まっています。都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、労働金庫、信用金庫が対象です。それ以外の金融機関を支払い口座にしたい場合は、通常型のみで申し込むことになります。

Web完結型での注意点は、申し込みをお昼の12時までに完了することです。それ以降は翌営業日扱いになってしまうので、さらに1日伸びてしまいます。さらに、オンラインで口座を設定する際にも注意しましょう。口座設定時に、金融機関側がメンテナンスしている場合などは、手続きできません。

審査をスムーズに進めるためには、キャッシング枠をできるだけ低くしておきましょう。ライフカードでは0~200万円までに設定できます。(学生専用ライフカードでは0~10万円)クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠と違って総量規制額の対象です。そのため、他社でのキャッシング利用なども関連してきます。キャッシング枠は低いほど審査が早く終わる可能性が高まるでしょう。

ライフカードの特徴

世に多数クレジットカードはあります。膨大な数のライフカードの中から、ライフカードを選ぶメリットは何でしょうか?ごく簡単に解説します。

ライフカードのメリット

  • 年会費永久無料
  • 誕生月の利用はポイント3倍
  • 使えば使うほどポイントが貯まる
  • ETCカードも発行手数料不要、年会費無料

ライフカードのメリットは使う人により異なると思いますが、一般的にポイントが貯まりやすいクレジットカードとして人気があります。

通常ポイントが貯まりやすいクレジットカードはイコール還元率が1.0%以上ある還元率の高いクレジットカードであることが多いですが、ライフカードの還元率は0.5%。

還元率0.5%のクレジットカードはポイントを重視する人は見向きもしない数字ですが、ライフカードの場合は使えば使うほど還元率がアップするポイントプログラムによりポイントが貯まりやすくなっています。

入会初年度は一律還元率が1.5倍で0.75%になりますが、2年目以降はステージプログラムにより前年度の利用額によって還元率が最大2倍になります。
また、年間利用額が50万円を超えるとボーナスポイントとして300ポイントがプレゼントされるのも魅力。

誕生月には基本還元率が3倍になり1.5%となります。
あまり知られていませんが、この誕生月にポイント還元率が3倍になる特典は家族カードにも有効なんです。

ライフカードの家族カードは最大8枚まで発行ができますので、仮に誕生月が全員異なる4人家族それぞれがライフカード及び、家族カードを持っていた場合1年間12か月のうち4か月間がポイント3倍で使えるということになります。

ライフカードのデメリット

  • ETC利用でポイントが貯まらない
  • 楽天Edy、nanacoへのチャージでポイントが貯まらない
  • 年間利用額が少ないと還元率が上がらない

ライフカードは元々ETC利用分や楽天Edy、nanacoチャージもポイントが付与される超優秀なクレジットカードでした。
しかし、改悪により現在ではETC利用分、楽天Edyやnanacoチャージはポイント付与対象外とされてしまったんです。

現在、ETCや電子マネーチャージでもポイントが付与されるクレジットカードが多数あるため、中には乗り換えを検討する人もいるようです。

また、年間利用額が少ない人はポイントステージプログラムでの還元率アップに期待できず、年間50万円以上利用した場合にもらえるボーナスポイントも付与されないため、還元率が0.5%しかないただの還元率が低いクレジットカードとなってしまいます。

25歳以下の学生なら学生専用ライフカード

18歳以上25歳以下の学生なら、よりメリット豊富な学生専用ライフカードがおすすめです。

学生専用ライフカードの対象となる学生は上記年齢の他、高校生を除く大学・大学院・短期大学・専門学校在学中の方となります。

尚、学生専用ライフカードであっても未成年の申し込みには親権者の同意が必要なため、申し込みする際は事前に親権者に相談しておくと良いでしょう。

ライフカードと学生専用ライフカードの違い

ライフカード

学生専用ライフカードと一般ライフカードは、券面デザインがまったく同じなためクレジットカードを見ただけではわかりません。

一般ライフカードも18歳以上であれば申し込みできることから、学生専用ライフカードと一般ライフカードどちらに申し込むべきか悩む人も多いでしょう。

どちらのライフカードに申し込みするか悩んでいる人は、学生専用ライフカードにしかない+αのメリットを見て決めてはいかがでしょうか。

学生専用だけのメリット① 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯

学生専用ライフカード最大のメリットが、この「海外旅行傷害保険」でしょう。

実は、通常の年会費無料ライフカードには海外旅行傷害保険が付帯されていません。

ライフカードで海外旅行傷害保険が付帯されているのは、年会費有料のライフカードになりますが、学生専用ライフカードなら年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯されているんです。

年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードもありますが、その多くが利用付帯。
その点、学生専用ライフカードなら年会費もかからず、保有しているだけで最高2,000万円の優秀な海外旅行傷害保険が適用される超お得なクレジットカードです。

学生専用だけのメリット② 海外利用分は最大5万円までを5.0%キャッシュバック

学生専用ライフカードを海外で利用した場合、その金額の5.0%がキャッシュバックされます。

しかも年間最大50,000円までキャッシュバックされるので、海外旅行が楽しくなりますね。

海外ショッピング利用キャッシュバックは、海外渡航するごとにネットから事前申し込みが必要になります。
海外へ行くことが決まったらネットでサクっと事前申し込みをしておけば、後の手続きは不要。

海外利用分請求月の翌々月10日に利用額の5.0%が学生専用ライフカードの登録口座に振り込まれます。

学生専用だけのメリット③毎月10人に1人Amazonギフト券が当たる

毎月の携帯電話料金を学生専用ライフカードで支払うだけで、毎月10人に1人の確率でAmazonギフト券500円分が当たります。

サービスエントリーが必要になりますが、年間12回も10人に1人という高確率のチャンスがあるのは嬉しいですよね。

限定特典が嬉しい学生専用Barbieカード

学生専用Barbieカードは、通常の学生専用ライフカードに加えて更に豊富な特典を受けることができる学生専用カードです。

一般ライフカード、通常の学生専用ライフカードの良いところはそのままに下記の特典がプラスされます。

【Barbieカードだけの3つの特典】

①毎月抽選でバービーグッズが当たる
学生専用Barbieカードで2,000円(税込)以上のショッピング利用をすると、自動的にエントリーされるバービーグッズプレゼント特典です。
バービーグッズは毎月変わり、当選すると自宅に直接バービーグッズが届きます。

②Barbieカード限定コース特典
Barbieカードを利用して貯めたポイントを約150種類の特典と交換することが出来ます。
Barbieカード限定コース特典は、Barbieカードユーザーだけが申し込みできる特別なコース。
バービーロゴが可愛いタオルハンカチやロゴ入りリュックサックなどバービー好きにはたまらない商品が用意されています。

③バービー最新情報がメルマガで届く
Barbieカードユーザーだけにバービーの最新情報がメールマガジンで届きます。
その内容は豊富で、バービーイベント情報や期間限定バービーショップ情報など逃せない情報がたっぷりです。

学生専用ライフカードの基本情報

年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
申込条件 高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、
大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方
家族カード 発行不可
ETCカード 1枚まで発行可(年会費・発行手数料無料)
旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 付帯なし
海外旅行傷害保険 自動付帯(最高2,000万円)
その他付帯保険 カード会員保障制度
発行日数 最短3営業日
還元率 0.50%~1.50%
ポイントプログラム LIFEサンクスプレゼント
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてポイント付与対象外
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay/QUICPay/iD

 

学生専用ライフカードの公式サイトはこちら

 

充実したサービスを備えたライフカードゴールドで大人ライフ

一般ライフカードや学生専用ライフカードの存在感が強すぎて、注目される機会が少ないライフカードゴールド。

しかし、いざ注目してみると格安年会費に対して充実したサービスが付帯されたコスパの良いゴールドカードなんです。

ライフカードゴールドの特徴

基本的な機能は年会費無料の一般ライフカードと変わらず、ポイントプログラムも同じです。

分かりやすいと言えばわかりやすいですが、ポイントプログラムだけを見るとゴールドカードとしての差別化が欲しいと感じる人もいるでしょう。

しかし、ライフカードゴールドはポイント以外で多数のお得な特典がありますので、チェックしてみましょう。

安価な年会費でゴールドカードが持てる

ゴールドカードの年会費は最低1万円前後、高いクレジットカードになると3万円近くかかることもあります。

もちろん年会費が高くなればその分サービスが充実することはありますが、できることなら年会費は安く抑えたいですよね。

その点、ライフカードゴールドは年会費10,000円(税抜)とゴールドカードグループの中では安価です。

楽天ゴールドカードのように年会費が数千円というゴールドカードもないわけではありませんが、やはりサービスが削られてしまいます。

ライフカードゴールドは安い年会費で、充実したサービスを提供するコスパの良いクレジットカードです。

最高1億円の国内外旅行傷害保険が自動付帯

ゴールドカードに期待する付帯サービスと言えば、空港ラウンジに並び旅行傷害保険でしょう。

ライフカードゴールドは、そんなユーザーの期待に応え、最高1億円の国内外旅行傷害保険が付帯しています。

一般的にゴールドカードクラスの場合は、国内旅行傷害保険が利用付帯であることが多いですが、ライフカードゴールドは国内旅行・海外旅行どちらも自動付帯です。

ライフカードゴールドを保有しているだけで、国内外の旅行傷害保険が使えるのは大きな魅力です。

ショッピングやドライブも安心の保険が自動付帯

ライフカードゴールドに付帯されている保険は、国内外旅行傷害保険だけではありません。

年間300万円を補償限度額としたショッピングプロテクション、今ではレア保険と言われるようになったシートベルト傷害保険も付帯されているんです。

ショッピングプロテクションでは、商品購入日から1年の間、国内で商品が破損・盗難・火災などによる損害を被った場合に補償を受けることが出来ます。

またシートベルト保険は国内で自動車にシートベルト着用で搭乗中に発生した事故による死亡や重度後遺障害に対して最大200万円の保険を受け取ることが出来ます。

シートベルト保険はシートベルトをすることが当たり前となった頃からどんどん終了していった保険のため、今尚契約できる(付帯されている)ことがレアなんです。

ゴールドカードならではの空港ラウンジ利用もOK

先にも少しお伝えしましたが、ゴールドカードと言えば空港ラウンジサービスではないでしょうか。

出張や旅行へ行く際のフライト前、落ち着いた優雅な空間で過ごせるひと時が無料という魅力は外せませんね。

ライフカードゴールドでは国内主要空港のラウンジを無料で利用することが出来ます。

カーライフを快適にしてくれるロードサービス

自動車事故や故障に24時間365日対応してくれるロードサービスが自動付帯されているのもライフカードゴールドの強みです。

バッテリー上がりやパンク、ガス欠、鍵の閉じ込めなどよくある事故は、30分までの現場応急対応(30分以内)が無料になります。

自力相応不能になった場合の緊急レッカーサービスも20km以内の指定場所までは無料です。

更に、レッカーサービスの付加サービスとして帰宅のための公共交通機関利用額やレンタカー費用、臨時宿泊費用なども実費負担してもらえます。

JAFや車両保険に付帯されることはありますが、ライフカードゴールドならこれだけのサービスが無料で受けられます。

ライフカードゴールドデスクで問合せも安心

クレジットカード会社への問い合わせは待ち時間が長く、やっと連絡が取れても一度で終わらない問合せにイライラした経験がある人も多いでしょう。

ライフカードゴールドは、ライフカードゴールド会員専用のダイヤルデスクを設置していますので、問合せや手続きの受付も専任オペレーターが対応してくれます。

無料でライフカード提携弁護士に相談

日常的に利用する機会の少ない弁護士相談。

もしもの事態に陥った時には既にパニック状態で何をどうしたら良いか焦るばかりです。

ライフカードゴールドでは、ライフカード提携弁護士事務所の弁護士と電話または、面談による法律相談を1時間無料で受けることが出来ます。

ライフカードゴールドは手に入れやすいゴールドカード

ライフカードゴールドは魅力溢れる特典が満載のコスパの良いゴールドカードですが、一番のおすすめ理由は審査に通過しやすいことです。

ゴールドカードは一般カードよりも高いランクのクレジットカードとなり、提示するだけで社会的信用を得られる貴重な1枚。

だからこそ一般カードよりも難易度の高い審査に通過した人しか手にすることが出来ません。

しかし、ライフカードゴールドは他社のゴールドカードと比較して審査基準をクリアしやすいため、審査に通過できる可能性が高いんです。

ライフカードゴールドの申込資格は「23歳以上の安定した継続収入のある方」となっていますが、多くのゴールドカードでは満30歳以上をゴールドカードラインとしています。

その点からもライフカードゴールドは申し込みの間口が広いことがわかります。

ライフカードは独自審査基準を持っていることでも有名ですね。
実際、公式サイトにも「LIFE CARD GOLD独自の審査基準により…」と記載があります。

社会的信用を持つゴールドカードが低いハードルで持てるライフカードゴールドは、若年層におすすめのゴールドカードとなるでしょう。

ライフカードゴールドの基本情報

年会費 10,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card
申込条件 23歳以上で、安定した継続収入のある方
家族カード 1枚まで発行可(年会費・発行手数料無料)
ETCカード 1枚まで発行可(年会費・発行手数料無料)
旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 自動付帯(最高1億円)
海外旅行傷害保険 自動付帯(最高1億円)
その他付帯保険 ショッピングガード保険
シートベルト傷害保険
発行日数 最短3営業日
還元率 0.50%~1.50%
ポイントプログラム LIFEサンクスプレゼント
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてポイント付与対象外
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay/QUICPay/iD

 

ライフカードゴールドの公式サイトはこちら

 

ライフカードの申込み

ライフカードは、オンラインで申し込みましょう。「資料を請求して郵送」という方法もありますが、カード発行までに時間が掛かります。

ライフカードの基本は、「ライフカード」という名称のカードですが、他にも多数のラインナップがあります。女性に人気の「Barbieカード」、黒いデザインがお洒落な「My Color」を初め、多数の種類があります。

これらも年会費無料ですし、他にも年会費無料のカードは数多くたくさんあります。

ですが、「ライフカード」という名称の基本のカード、それから「ライフゴールドカード」以外は「最短3営業日発行」をうたっていません。速い発行のためには、基本のライフカードがもっとも無難です。

他のカードも、ライフカードに比べて極端に発行日数が遅いというわけではありません。ライフカードと同様、迅速に発行してもらえることもあります。ですが、それらを申し込むのであれば余裕を持ってしましょう。

国際ブランドの選択

ライフカードは、国際ブランドが3種類ありますので自分自身で選びましょう。

まずJCBは、日本発のブランドで、国内では非常に強いです。アジアや北米、豪州などでは比較的よく通用しますが、それ以外の地域では若干不安があります。欧州ではほとんど使えません。

この点、「Master」か「VISA」なら世界中で使えます。なおMaster、VISAは、日本国内でもほとんどのお店で使えるブランドです。悩んだらこのどちらかがいいでしょう。

ライフカードのMasterの場合、通常のブルーのデザイン以外に、濃いウルトラマリンのBタイプも選べます。

必要情報の入力

オンライン申込で、必要情報を入力する際に間違ってはいけません。入力誤りで審査に通らない人は結構いるようです。

特にスマートフォンなど小型の端末から申し込む場合は気を付けてください。

メールアドレスなど、誤って入力してしまうと審査完了のメールが届きません。カードを手に入れられなくなりますので、くれぐれもご注意を。

オンライン申込の際には、口座引落し用の銀行も設定します。ほとんどの銀行口座が、Web上で設定できます。ゆうちょ銀行やろうきんもOKです。信用金庫や信用組合は、逆にWeb上で設定できないものが多いです。

設定できない口座しか持っていない場合、「口座振替依頼書」「本人確認書類」を提出しなければなりませんので、最短3日間でのカード発行はできません。

オンライン申込が完了しますと、最短で翌営業日に審査結果のメールが送られてきます。審査に通過しますと、クレジットカードが送られてくることが確定しています。

ライフカードの受取り

ライフカードは、オンラインで申し込んで、最短4日で到着します。郵便事情もあるので、月曜に申し込んで(祝日のない週の場合)、金曜日に届けばラッキーでしょう。

ライフカードに関しては、簡易書留で届きますので、印鑑だけで郵便物が受け取れます。

ライフカードの基本情報

年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
申込条件 日本国内在住の高校生を除く18歳以上で、電話連絡が可能な方
家族カード 発行可(年会費・発行手数料無料)
ETCカード 1枚まで発行可(年会費・発行手数料無料)
旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 付帯なし
海外旅行傷害保険 付帯なし
その他付帯保険 カード会員保障制度
発行日数 最短3営業日
還元率 0.50%~1.50%
ポイントプログラム LIFEサンクスプレゼント
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてポイント付与対象外
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay/QUICPay/iD

ライフカードの発行日数のまとめ

  • ライフカードは、オンライン申込後、最短3日でカード発行とスピーディ
  • 午後の申込みだと翌日扱い。土日祝日は審査が進まない。
  • 学生さんは、サービスの充実した学生専用ライフカードを持てる

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカードDXの注目記事を受け取ろう

ライフカード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカードDXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 楽天カードを即日発行する方法はあるのか?

  • 学生専用の三井住友カードで海外旅行も留学も安心

  • JCB GOLD EXTAGEで20代から上質なサービスを自分のものに

  • JCB CARD W plus Lの審査やJCB CARD Wとの違いを解説

  • JCB CARD Wのメリットデメリットから審査まで全て解説

  • 男性も申し込みできる賢い女性のクレカJCB LINDA