1. クレジットカードDX
  2. 還元率
  3. 空港ラウンジが無料利用できるクレジットカード7種類を徹底比較

空港ラウンジが無料利用できるクレジットカード7種類を徹底比較

 2019/07/12 還元率   139 Views

出張頻度の多いビジネスマンにとってないと困る施設の1つが空港ラウンジです。
飛行機に乗る頻度が少ない人にはあまり馴染みがないかもしれませんね。

飛行機に乗ったことがある人ならわかると思いますが、飛行機はバスや電車、新幹線などと異なり、搭乗手続きや荷物預け、手荷物検査などたくさんの工程を経てやっと搭乗できます。

利用者数にもよりますが、上記の手続きなどを考えて数時間早めに空港に到着する人が多いですね。

その際、通常は椅子がズラーっと並び、通路を人が行き交う一般の待合いを利用します。そう、待合「室」とも呼べない、ただの椅子です。

一方、空港ラウンジは同じ待ち時間に利用できる特別な待合室になります。
フリードリンクやアルコール、電源設備の提供、新聞や雑誌にはじまり、中には軽食やシャワールームがついているところもあります。
また、椅子も一般の待合とは異なり、上質な座り心地抜群の場合が多いです。

これだけのサービス提供を受けるにはもちろん一定の条件があります。
また、空港ラウンジにはカード会社が提携しているラウンジや空港会社が運営しているラウンジなど複数の種類があり、各ラウンジにより条件が異なります。

そして、複数あるラウンジにはクレジットカードを保有していることで無料利用できるラウンジがあるんです。

今回は、空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカードをご紹介しましょう。

Sponsored Link

家族旅行や空港ラウンジ初心者さん向けのクレジットカード3選

空港ラウンジはお金持ちや一流ビジネスマンしか使えない超豪華なところ。
なんて思っている人も多いことでしょう。

実際に空港ラウンジはビジネスマンが利用していることが多く、使い慣れた人ばかりなので初めて利用する人が緊張するのも無理はありませんよね。

でも、空港ラウンジには様々な種類があり、中には家族や若年層でも気軽に使えるラウンジがあります。

その分サービス内容は若干少なくなりますが、一般待合の騒がしさから離れ落ち着いた別の空間であることには変わりませんし、多くの場合フリードリンクや無料Wi-Fiはついています。

そんな初心者さんにおすすめの空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカードです。

ゴールドカードなのに年会費が無料になるエポスゴールドカード

エポスゴールドカード

おすすめポイント

  1. 国内外22空港のラウンジが無料利用できる
  2. 年間50万円以上の利用で年会費が無料!
  3. 旅行に役立つ優待や特典が豊富
還元率 0.5%~1.25%
年会費 5,000円(税抜)
※年間50万円以上の利用で無料
国際ブランド VISA
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA

優待や特典が豊富なことで人気の高いエポスカードのゴールドカード エポスゴールドカードです。

エポスゴールドカードでは、国内19空港、海外3空港でラウンジを利用することができます。

更に空港での手荷物一時預かりサービスの優待(利用料金15%OFF)や空港からの手荷物配送サービスの優待など、旅行や出張時に活用できるサービスが豊富に付帯されています。

但し、エポスゴールドカードのコスパ面と審査に比較的通りやすい性質から保有者が増加し、一部ではラウンジの混雑がみられるようです。

また、このエポスゴールドカード、使い方によっては年会費無料になっちゃうんです。
通常最低でも1万円以上はするゴールドカードの年会費ですが、エポスゴールドカードの場合、年間利用額が50万円以上になると翌年度の年会費が無料になります。

保有している限り毎年同じ条件で年会費が無料になりますので、エポスゴールドカードを保有した場合は是非メインカードとして利用しましょう。

ラウンジに加え旅行傷害保険も充実した三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

おすすめポイント

  1. 国内外31空港のラウンジが何度でも無料で利用できる
  2. 家族カード会員もラウンジ利用が無料になる
  3. 国内外旅行傷害保険が自動付帯
還元率 0.5%~1.0%
年会費 10,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/WAON
※すべてチャージポイント付与対象外

ステータスの高さと重厚感のある券面で世代問わず人気のクレジットカード 三井住友VISAカードのゴールドカードです。

還元率に大きな期待はできませんが、旅行や出張で遠方に行く人には是非もってほしい1枚です。

空港ラウンジは国内30空港、海外1空港の合計31空港で無料利用ができる他、家族カードを持っている人も会員本人同様のサービスを受けることができます。

但し、利用できるラウンジはカードラウンジに限定されますので、注意しましょう。

また、旅行傷害保険が充実していることも大きなメリットです。

通常、海外旅行傷害保険は自動付帯されていますが、三井住友VISAゴールドカードは国内旅行傷害保険も自動付帯されています。
国内外共に自動付帯の他、旅行代金を三井住友VISAゴールドカードで支払った場合は利用付帯分として上限金額が加算されます。

若年層でも気軽に利用できるラウンジならdカード GOLDがおすすめ

dカードGOLD

おすすめポイント

  1. 国内29か所とハワイのラウンジが無料で利用できる
  2. 気取らず利用できる一般的なラウンジで安心
  3. dポイントクラブでJALサクララウンジを利用できるチャンスあり
還元率 1.0%~4.0%
年会費 10,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてポイント付与対象外

還元率の高さから主にドコモユーザーから愛されているdカードGOLD。
10,000円(税抜)の年会費が発生するものの簡単に元が取れる還元率設定は発行から人気が衰えない理由の1つでしょう。

そんなdカードGOLDにもしっかり空港ラウンジ利用権が付帯されています。
無料で利用できる空港ラウンジは国内29か所に加え、ハワイのラウンジもあります。
但し、今までご紹介してきたクレジットカードとは一味違い、いわば庶民でも気軽に安心して利用できる空港ラウンジになります。

上級会員向けラウンジを利用できるクレジットカードもありますが、小さい子どもを連れて旅行へ行くのに利用したラウンジがビジネスマンだらけではちょっと居心地悪いなんてこともあるでしょう。

dカードで利用できるラウンジはフリードリンクはありますが、軽食やシャワーなどはないので一般スペースから隔離され落ち着いた雰囲気の中で空き時間を活用したい人に最適です。

尚、上級会員向けの豪華なラウンジを利用してみたい!という人は、JALサクララウンジを利用するチャンスもあります。

ドコモのdポイントクラブの「プラチナステージ」会員向けのプラチナクーポンの中にJALサクララウンジ利用特典が容易されています。
但し、この特典は抽選になりますが大型連休などの混雑時でなければある程度当選する確率が高いようなので大人の時間を体験してみたい人は是非活用してみてくださいね。

上級会員向けの空港ラウンジを無料利用できるクレジットカード4選

せっかく空港ラウンジを利用するなら豪華なラウンジを体験したい。
カードラウンジはもう飽きた。
空港ラウンジにも慣れてきたからそろそろランクアップしたい。

そんな人たちにおすすめなのが、通常のクレジットカードでは入れない上級会員向けの豪華なラウンジを無料で利用できるクレジットカードです。

JALのサクララウンジやプライオリティ・パスの利用権が付帯されていたり、フリードリンクだけでなく軽食やシャワールームも付いた超豪華な空港ラウンジが利用できたりその内容は様々。

大人だけで優雅な旅をする人や1分たりとも無駄にできない多忙なビジネスマンにはおすすめの空港ラウンジです。

上級会員向けの空港ラウンジが利用できるクレジットカードは年会費もそれなりですが、その他のサービスも充実し、クレジットカードそのものが持つステータスも高いのでぜひ検討してみてくださいね。

空港や飛行機にはやっぱりJALアメリカン・エキスプレスカード(普通カード)

JALアメリカン・エキスプレスカード(普通カード)

おすすめポイント

  1. 国内主要空港とハワイ・ホノルルラウンジが無料で利用できる
  2. 本会員、家族会員それぞれ同伴者1名もラウンジ利用が無料
  3. 20代ならJAL CLUB EST加入でサクララウンジも無料で利用できる
還元率 0.5%~1.0%
年会費 6,000円(税抜)
国際ブランド アメックス
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

空港ラウンジを利用する人であればマイルを貯めている人も多いことでしょう。
JALアメリカン・エキスプレスカード(普通カード)は実質ゴールドカードクラスのサービスを受けることができる、どちらにもメリットを与えてくれるクレジットカードです。
空港ラウンジは国内主要空港の他、ハワイ・ホノルル空港ラウンジを無料で利用することができ、更に同伴者1名も無料で利用できます。

家族カードを持っている家族会員も本会員同様のサービスを受けることができるため、会員本人と家族会員がいればそれぞれに同伴者1名ずつ無料利用できるため、4人家族なら全員が無料でラウンジを利用できることになりますね。

また、国内外どちらも旅行傷害保険が自動付帯されており、利用条件分と合わせるとそれぞれ最高3,000万円の補償をうけることができます。

更に20代の会員は別途年会費5,400円(税抜)を支払いJAL CLUB ESTに加入すると年間5回まで国内線サクララウンジが無料で利用できちゃうんです!

サクララウンジはJALの上級会員やファーストクラスの利用者が利用する専用ラウンジのため、カードラウンジとは別格。
ソファーやシャワー、ドリンクやアルコールはもちろんおつまみまでサービスされる憧れのラウンジです。

楽天プレミアムカードはプライオリティ・パス最上級会員資格が付帯

楽天プレミアムカード

おすすめポイント

  1. プライオリティ・パスに無料入会できる
  2. 回数制限なく国内外多数の空港ラウンジの利用ができる
  3. 海外はもちろん国内旅行傷害保険も自動付帯
還元率 1.0%~5.0%
年会費 10,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメックス
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/SAPICA
※楽天Edy以外はポイント付与対象外

楽天ゴールドカードの上位カードである楽天プレミアムカードは空港ラウンジ利用者に絶大な人気を誇るコスパ最強クレジットカードです。

やはり一番のメリットはプライオリティ・パスの最上級クラスであるプレステージ会員資格を無料で受けられること。
プライオリティ・パスがあるだけで世界1,200以上の空港ラウンジの利用が可能になります。

通常プライオリティ・パスのプレステージ会員は年間US$429の会費が必要となり、日本円にして4万円強の出費です。
年会費10,000円(税抜)の楽天プレミアムカードを保有していれば4万円強の会費を支払わずにプレステージ会員になれてしまうのはかなり大きな魅力ですよね。

他にもプライオリティ・パスが付いたクレジットカードが複数ありますが、どのクレジットカードも楽天プレミアムカードより年会費が高く、安くてもアメリカン・エキスプレスカード(グリーン)になります。

やはりプライオリティ・パスを目的としてクレジットカードを選ぶのであれば楽天プレミアムカードが良いでしょう。

同伴者も1名まで一緒にラウンジ利用ができるアメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレスカード

おすすめポイント

  1. 国内外30空港のラウンジが無料で利用できる
  2. 同伴者ラウンジが無料利用できる
  3. プライオリティ・パス スタンダード会員資格が付帯
還元率 1.0%
年会費 12,000円(税抜)
国際ブランド アメックス
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてチャージポイント付与対象外

アメリカン・エキスプレスカードは旅行や出張などで海外に行く人に様々なメリットがあると言われているクレジットカードですね。

そのメリットの1つが空港ラウンジの無料利用なんです。
国内28空港、海外2空港のラウンジが無料になり、特にハワイの空港ラウンジが利用できる点はおすすめできるポイントです。

また、ゴールドカードやプラチナカードでないと空港ラウンジは会員本人しか利用できないクレジットカードが多い中、アメリカン・エキスプレスカードの場合は一般カードのグリーンでも同伴者1名まで無料で利用できます。

しかも、一般的に同伴者は配偶者のみなどの条件があることが多いですが、アメリカン・エキスプレスカードの場合は会員本人と同伴者の関係は問いません。
家族はもちろん、出張の際に同僚や上司、部下と利用したり、彼氏や彼女であっても無料で利用できます。

楽天プレミアムカードには負けますが、プライオリティ・パスのスタンダード会員資格も付帯されていますし、充実した旅行傷害保険も付帯されているため出張や旅行の多い人には最もおすすめできるクレジットカードです。

プラチナカードクラスのサービスを受けられるANAダイナースカード

ANAダイナースカード

おすすめポイント

  1. VIPラウンジを含む世界850か所以上の空港ラウンジが無料で利用できる
  2. ポイントで同伴者ラウンジ利用無料クーポンの発行ができる
  3. 4空港からスーツケース1個までの手荷物を無料で宅配できる
還元率 1.0%~1.2%
年会費 27,000円(税抜)
国際ブランド ダイナースクラブ
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※Suicaはチャージポイント付与対象外

伝統のダイナースクラブとANAが提携したスーパーエグゼクティブな1枚ANAダイナースカード。

日本28空港46か所をはじめ、世界各国で850か所以上のラウンジを無料で利用できます。
通常のカードラウンジとは異なり、アルコールや軽食、シャワーなどの設備が整っているワンランク上のラウンジも利用できるので、空港を利用するたびに優雅なひと時を過ごせますね。

また、利用できるラウンジの中にはあのプライオリティ・パスでも利用できないラウンジもあり、それらのラウンジはもちろん超豪華なんです。

利用はANAダイナースクラブカード本会員の他、家族カード会員も無料ですが、同伴者は有料になります。
但し、ダイナースクラブ リワードプログラムでは貯めたポイントを空港ラウンジの無料クーポンに交換することができ、無料クーポンを使えば会員や家族会員でない方でも同伴することが可能です。

伝統あるダイナースクラブの信頼と共に得る最上級のサービスを是非利用してください。

まとめ

空港ラウンジは通常利用するために数千円のお金がかかります。
しかし、今回ご紹介したクレジットカードを保有しているだけで無料で利用できる空港ラウンジがとてもたくさんあります。

空港ラウンジはお金持ちや一流ビジネスマンだけが利用できる空間ではありません。
それなりのマナーは必要ですが、誰もが利用できる公共施設です。

楽しい旅を優雅なラウンジでスタートさせてみませんか?

せっかくクレジットカードに権利が付帯されているのであれば、是非利用してください。
また、まだラウンジを利用できるクレジットカードを持っていない人は、今回ご紹介したクレジットカードを参考に自分に合った長く付き合えるクレジットカードを探してみてくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカードDXの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカードDXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • クレジットカード還元率を徹底解説!2019年最新ランキング

  • 年会費で比較する還元率が高いクレジットカード30選

  • 年間利用額別に比較する還元率が高いクレジットカード12選

  • ETCもメンテナンスもカーライフに最適なクレジットカード23選

  • 携帯やネットがお得になるクレジットカード14選

  • 申込属性ごとに比較する還元率が高いクレジットカード20選