1. クレジットカードDX
  2. 翌営業日発行
  3. MUFGゴールドはゴールドカードでも即日発行できる?

MUFGゴールドはゴールドカードでも即日発行できる?

 2018/07/31 翌営業日発行   150 Views
MUFGカード ゴールド

クレジットカードを持つのは今や当たり前になっていますね。せっかく持つなら、メリットの多いゴールドカードを持ちたい!という方におすすめのクレカがあります。スピード発行&安心年会費のMUFGゴールドです。

高いステイタスが求められるゴールドカードは、通常発行までの日数が長くなりがちです。しかし、MUFGゴールドならどのゴールドよりも早く持てますよ!

発行スピード 最短翌日
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
還元率 0.5%~
年会費 1,905円(初年度無料)
付帯サービス ETCカード、家族カード
カード受け取り方法 郵送
学生 不可
MUFGゴールドの公式サイトはこちら

MUFGゴールドは最短翌日発行!

MUFGゴールドは、最短翌営業日発行ができます。即日発行できるクレカもありますが、ゴールドカードはやはり発行までに日数を要するものが多いですね。早くクレジットカードが欲しい、でもスペックも重視という方に、MUFGゴールドは最適です。

MUFGゴールドを申し込めるのはこんな方

ゴールドカードですが、申込条件も厳しくありません。MUFGゴールドに申し込めるのは、本会員は18歳以上、本人か配偶者に安定した収入がある場合です。学生は申込できません。家族会員は、本会員の配偶者、親、子(高校生を除く18歳以上)の方が対象です。ただし、本会員が未成年なら家族会員には申し込めません。

年収条件があるゴールドカードもある中、MUFGゴールドは申し込みやすいクレジットカードといえるでしょう。

MUFGゴールドの発行までの流れ

MUFGゴールドで、最短翌営業日発行を受けるには、オンラインで申し込みましょう。オンラインでは、申込を9:00までに完了させることが必須です。また、発行可能なブランドのうちVisaとMastercardは翌営業日に発行できますが、JCBは最短2営業日必要です。急ぎの場合は、ブランドをVisaかMastercardにしたほうがより早く受け取れますね。

申込の流れ

  1. 会員規約に同意
  2. WEB明細チェック登録に同意
  3. 必要情報の入力
  4. 申込受付のEメールが届く
  5. 審査と発行手続き
  6. カード発行

MUFGカードゴールドをより早く受け取るコツ

クレジットカードの審査にかかる時間を左右するのは、キャッシング枠となります。キャッシング可能な額を大きくすればするほど、審査が長くなることが多いでしょう。クレジットカードのキャッシング枠は総量規制額の対象となります。他のキャッシング額と合計で、年収の3分の1までの範囲内とする必要があるからです。

そのため、キャッシング枠を低くしておくと、審査が早く終わる可能性が高まります。キャッシングをする予定がないなら、0万円で希望を出してもよいでしょう。

また、明細を郵送で受け取りたい場合は、オンライン入会ではなく郵送申込をしないといけません。早くカードが必要な場合は、WEB明細を利用するとよいですね。WEB明細チェックは、ログインするだけでいつでも利用明細を確認できる便利なサービスです。

MUFGゴールドのアメックスと他ブランドとの違いは?

4種類のブランドからMUFGゴールドカードは選べます。それぞれのブランドで、どのような違いがあるのでしょうか?

VISA、Mastercard、JCB、アメックスの違い

最大の違いは、発行期間です。VISAとMastercardでは翌営業日発行です。JCBは、2営業日必要です。さらにアメックスでは3営業日となります。

年会費はいずれも1,905円なので、違いはありません。しかし、同じ年会費でもアメックスなら海外でのポイントは2倍、国内でのポイントは1.5倍(初年度)となります。特典や優待などもそれぞれのブランドに準じます。

その他利用可能枠や付帯保険なども同じスペックですので、どのブランドにするかは発行期間、特典、ポイントなどで決定するとよいでしょう。

共通の利用可能サービスもあります。たとえば、いずれのブランドも空港ラウンジサービスでは、国際線利用時に国内主要空港(対象空港あり)とダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)を利用できます。クレジットカードと搭乗券の提示が必要です。

ゴールドだから審査は厳しい?

年収条件が明確に決まっている場合や、利用可能枠が大きい場合などは、クレジットカードの審査はやはり厳しくなります。そのため、ゴールドはやはり一般カードよりも審査は厳しい傾向にあるでしょう。しかし、MUFGゴールドは年会費も一般有料カードと大きく違いがありません。また、利用可能枠も10万円からですし年収条件もきまっていないのです。そのため、ゴールドカードではありますが、それほど審査が厳しいと気にする必要ははないでしょう。

ポイント還元率は?

持ちやすいゴールドカードのせいか、ポイント還元率が他のカードに比べてずば抜けて高いといったことなどはありません。例えばキャッシュバックなら、1ポイント4円に還元されるので、0.4%の還元率です。一般クレジットカードでも0.5%程度のものが多く、1.0%以上の場合には高還元といわれることが多いので、少し低めですね。

ただし、ブランドでアメックスを選ぶとポイントアップがあります。また、利用額に応じて星を貯められるプレミアムスタープログラムを利用すると、基本ポイントにさらにボーナスポイントが加算されます。優遇ポイントが充実しているので利用額が大きく、長期間使うほどにお得になるカードと言えるでしょう。

気になる年会費は1,905円!

ゴールドカードは年会費の維持費が大変と思っている方も、MUFGゴールドなら安心です。初年度はどなたも年会費無料になります。それ以降も、登録型リボである楽Payでの年会費優遇を受けられます。

楽Payは月々の支払い額を自分の都合に合わせて自由に設定できる方法です。月々の支払い額を事前に決めて登録し、その額を超えた分は翌月以降に繰り越して支払えます。お金に余裕があれば追加返済もできるので、利用しやすいでしょう。

この楽Payに登録し、利用した金額が翌月以降に繰り越し、優遇を判定する期間中にリボ払いの手数料を支払うと年会費優遇となります。MUFGゴールドの場合は、半額が優遇されます。1,905円は税別なので、税込価格2,057円の半額である1,028円が年会費となります。ゴールドカードを1,000円ほどの年会費で持てるのは大変うれしいですね。

家族カードやETCカードは発行できる?

家族カードは1人目無料

MUFGゴールドは家族カードの発行ができます。ただし、本会員の方が未成年の場合は発行できません。1人目の年会費は無料です。2人目以降には、1人につき400円の年会費がかかります。(本会員と同様に初年度は年会費無料)WEBサービスに登録している場合は、オンラインで家族カードを申し込めます。(オンライン申し込み後審査実施。その後印字済み申込書が郵送されるので、必要事項を記入して返送。)

ETCカードは年会費無料

ETCカードはクレジットカードと一緒に年会費無料で申し込めます。車載器を購入し、セットアップ後ETCカードを挿入します。ETC利用分はクレジットカード利用分とまとめて指定口座から引き落としで支払います。

ゴールドの場合は、通常かかる新規発行手数料1,000円がかかりません。利用可能枠は、クレジットカードの利用範囲内となります。ただしETCカードはクレジットカードと同時申込で、クレジットカードが翌営業日発行できる場合でも、同時に発行にはなりません。本カードと別に届く場合もあります。

銀聯カードの発行もOK

MUFGゴールドを持っている方には、中国で便利な銀聯(ぎんれん)カードの発行ができますよ。銀聯カードは、中国で使えるショッピング専用クレジットカードです。一般的なクレジットカードが使えない中国地方都市などもカバーしています。また、アシスタンスサービスも利用できるので、中国に出張などでよく行かれる方ならぜひ発行しておきましょう。

本会員の方が銀聯カードを新規発行する場合には、1,000円かかります。(有効期限5年。更新時の都度発行手数料が必要。)年会費は無料です。

MUFGカードゴールドの付帯保険は?

付帯保険が大変充実しているのも、MUFGカードらしい特徴です。まず海外旅行傷害保険は、最高2,000万円の補償となります。事故、病気やケガの治療、携行品の破損などが対象です。

国内旅行傷害保険も最高2,000万円となります。国内旅行では、旅行代金(航空料金や宿泊料金など)の支払いでMUFGカードを利用した場合に補償が受けられます。

さらにショッピング保険の年間限度額は100万円、購入日から90日間の補償があります。(国内で購入した場合には、分割またはリボ払いに指定などの利用条件があり。)

また航空便などの遅延により発生した、ホテル客室料金や衣料購入費なども補償できる保険があります。補償内容により1万円から2万円程度の保険金額となります。航空券などの支払いを、クレジットカードで行っておくことが補償を受ける条件です。

MUFGゴールドとゴールドプレステージの違いは?

MUFGカードでは、ゴールドとゴールドプレステージの発行ができます。ゴールドプレステージは、年会費が10,000円、申込条件が20歳以上の安定収入がある方となっています。(ゴールドは年会費1,905円、18歳以上)

記念日のポイントが2倍(ゴールドは1.5倍)、付帯保険の額などに違いがあります。また、ゴールドでは国際線利用時のみ一部ラウンジを利用可となっています。しかし、プレステージでは制限なしでラウンジを使えます。

ただ、発行期間はゴールドプレステージも最短翌営業日です。ゴールドプレステージはメリットも大きいのですが、ゴールドと大きく違いがないのが気になる点です。プレステージでは、旅行に行かない場合はあまり特典を活かせませんし10,000円の年会費も気になります。その点ゴールドでは少し制限はあるものの、サービスにさほど大きな違いがなく、なおかつ年会費は1,905円なので持ちやすいと言えるでしょう。

まとめ

即日発行ではないMUFGゴールドです。ただ最短で翌日に発行できますし、年会費などもゴールドにしては持ちやすい金額です。保険なども充実していますので、通常のカードからランクアップさせたい方や、ゴールドのデビューとして最適です。

MUFGゴールドの公式サイトはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカードDXの注目記事を受け取ろう

MUFGカード ゴールド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカードDXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • VIASOカードは来店不要で最速発行可能なクレジットカードの定番