1. クレジットカードDX
  2. 発行まで2週間
  3. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の評判と実態

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の評判と実態

 2018/08/18 発行まで2週間   2,176 Views
Orico Card THE POINT

オリコカードの通称で通るオリエントコーポレーションが発行するOrico Card THE POINT。

オリエントコーポレーションが60周年を迎えた2014年に発行が開始されたまだ若いクレジットカードです。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)そのものは歴史が浅いですが、発行元のオリエントコーポレーションは信販会社として半世紀を超える歴史を持ち、その長さに比例するように世の中から信頼を得ています。

オリエントコーポレーションが発行するクレジットカードの中でも一番オーソドックスで使いやすいOrico Card THE POINTの基本情報を元に審査や還元率の評判と実態を見ていきましょう。

オリコカードの公式サイトはこちら
Sponsored Link

Contents

運営者が見たOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

Orico Card THE POINTはポイント還元率を重視する人向けのクレジットカードです。
年会費や発行手数料が無料で還元率が常に1.0%もあるので、日常的にクレジットカードを使っている人であれば簡単にある程度のオリコポイントを貯めることができるでしょう。

多くのクレジットカードが発行されている昨今、各クレジットカードにはそれぞれ得意分野があります。

ステータス性に優れている、付帯サービスが充実している、ショッピングで割引される、海外利用に強い、など様々な得意分野がありますがOrico Card THE POINTの場合は間違えなくポイント還元に優れている点でしょう。

常に還元率が1.0%あるクレジットカードは多数ありますが、Orico Card THE POINTの強みは貯めたオリコポイントを様々なポイントに簡単に交換できることでもあります。

オリコポイントゲートウェイではリアルタイム交換を開始し、よりユーザーが快適にオリコポイントを使いやすい環境を提供しているんですね。

その反面、ポイント還元率以外の面では若干残念な点があるのも事実です。

特に海外旅行傷害保険は年会費無料のクレジットカードでも補償金額を抑えるなどで、保険を付帯している中、一切保険を付帯しない潔さ。
ある意味気分爽快なのは私だけでしょうか(^-^;

その他の付帯サービスも魅力的なサービスは少なく、完全にポイント還元だけに絞った設計です。

Orico Card THE POINT若年層や主婦でも保有できるクレジットカードなので、節約アイテムとして利用するのも良いと思います。

Orico Card THE POINT最新ニュース(2020/04/16更新)

Orico Card THE POINTのキャンペーンをはじめとする知って得する最新ニュースをご紹介します。

掲載の内容は注意事項など一部を抜粋したもので、公式サイトでも告知なく変更になる可能性がありますので、興味のある方はご自身で公式サイトを確認してくださいね。

Start THE POINT キャンペーンで最大7,000オリコポイントプレゼント

Orico Card THE POINT新規入会し、カード発行後、本キャンペーンに参加し10万円以上利用したうえで、クリアした条件に応じて最大7,000オリコポイントがプレゼントされます。

キャンペーン期間 会員登録日の翌々月末まで
エントリー 必要
注意事項
※一部抜粋
※カード発行手続きに1か月ほどかかる場合があります
※ポイントはカード到着1~2か月後にオリコポイントゲートウェイにて確認できます
※プレゼントするオリコポイントの有効期限は獲得月を作目て6か月後の月末です
※過去に同様の新規入会キャンペーンにてポイントを獲得された方はポイントプレゼントの対象外となる場合があります。
※ポイント獲得を目的とした複数回のキャンペーン参加はポイントプレゼントの対象外となる場合があります。
※対象利用金額は、キャンペーン期間中のショッピング利用金額(税込)合計で、期間終了3ヵ月後までの利用代金明細に記載されたもの。

 

プレゼント①家族カード入会で500P

オリコアプリにログイン&キャンペーンエントリーの上、家族カードに入会すると500オリコポイントプレゼント

プレゼント②カードショッピング5回以上利用で1,000P

カードショッピング合計10万円(税込)以上利用&カードショッピング5回以上利用で1,000オリコポイントプレゼント

※特典①家族カード入会条件を達成しない場合も対象

プレゼント③キャッシング利用可能枠の設定で1,000P

キャッシング利用可能枠を設定すると1,000オリコポイントプレゼント

※審査の結果キャッシング利用可能枠を設定できなかった場合、ポイントプレゼント時点でキャッシングご利用可能枠の設定がない場合は、ポイントプレゼントの対象外となります。

プレゼント④マイ月リボの新規登録で4,500P

マイ月リボに新規登録すると2人に1人抽選で4,500オリコポイントプレゼント

※リボ払いには所定の手数料がかかります。
※ポイントプレゼント時点で「マイ月リボ」(ショッピング)を解除されている場合はポイントプレゼントの対象外となります。

家族カードを使って当てよう!キャンペーン

家族カードの新規入会及び、利用2つのチャンスでそれぞれオリコポイントがプレゼントされます。

キャンペーン期間 2019年12月11日~2020年3月10日
エントリー 必要
注意事項
※一部抜粋
※チャンス1とチャンス2の重複当選はありません。
※同時期に実施する他の同様のキャンペーンとの重複当選はありません。
※当選者には、2020年5月中旬にオリコポイントが加算されます。
※プレゼントのポイント有効期限は、ポイント獲得月を含めて6ヵ月後の月末です。

チャンス① 家族カードを利用して1,000Pプレゼント

キャンペーン期間中にエントリーのうえ、家族カードでのカードショッピング5,000円(税込)を1口として抽選で300名に1,000オリコポイントプレゼント。

チャンス② 家族カード新規入会で1,000Pプレゼント

キャンペーン期間中にエントリーのうえ、家族カードに新規入会すると抽選で100名に2,000オリコポイントプレゼント。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のメリット

Orico Card THE POINTはネットの口コミなどで大変評判の良いクレジットカードです。

その評判を獲得した理由とも言えるメリットを見ていきましょう。

常に還元率が1.0%以上に加えて好条件の追加カード

Orico Card THE POINTの評判を押し上げたのはやはり年会費が永年無料かつ、オリコポイントの還元率が常に1.0%あることではないでしょうか。

流通系クレジットカードには楽天カードやYahoo!JAPANカードなど基本還元率が1.0%のクレジットカードは他にもありますが、老舗信販系のオリエントコーポレーションの信頼も後押しするところでしょう。

また、追加カードとして家族カードが3枚、ETCカードが1枚を発行手数料、年会費無料で発行できる点も嬉しいメリットです。

これらを総合するとやはりOrico Card THE POINTの評判が高いことも納得できますね。

入会後6か月間は還元率が2倍の2.0%

Orico Card THE POINTは入会後、6か月の間は無条件で還元率が2倍の2.0%にアップします。

半年間だけ還元率が上がってもたいした意味はないと酷評する人もいますが、Orico Card THE POINTを求めるユーザーはポイントを少しでも多く貯めたい、還元率を少しでも上げたいという人が多いので6か月間であっても大きなメリットと感じるのではないでしょうか。

また、まだOrico Card THE POINTを持っていない人であれば、大きなお買い物や旅行の予定に合わせて入会することで高額決済に対して2.0%のポイントを受け取ることもできますね。

オリコモール利用で還元率0.5%のポイントが特別加算

ネットショッピングの際、オリエントコーポレーションが運営するポイントアップモール「Orico Mall」を経由して購入すると特別加算として還元率が0.5%アップします。

Orico Mallを利用するだけでも各店舗0.5%以上の指定倍率で還元率がアップしますが、Orico Card THE POINTはそこから更に0.5%アップするので、最低でも還元率が2.0%になるんです。

わざわざOrico Mallを経由するのが面倒という人もいるかもしれませんが、Orico Mallはオリコポイントをザクザク貯める最強ツールなので忘れないようにしましょう。

貯めたポイントはオリコポイントゲートウエイでリアルタイム交換

Orico Card THE POINTで貯めたオリコポイントがリアルタイムで対象商品に交換できます。

オリコポイントはギフト券や優待券、共通ポイント、マイルなどいろいろな商品に交換することができますが、一部の商品はリアルタイムで交換することができちゃうんです。

リアルタイムで交換できる交換先はAmazonギフト券や楽天Edyで使えるEdyギフト、nanacoギフトやLINEギフトなど使いやすい交換先が豊富。

リアルタイム交換はオリコポイントゲートウェイで簡単に手続きできますし、オリコポイントゲートウェイアプリを利用すればスマホのみで手軽に交換できるので、出先で電子マネーチャージしたい場合なども便利ですね。

電子マネーチャージでも還元率1.0%でポイントが貯まる

Orico Card THE POINTはモバイルSuica、SMART ICOCAにクレジットカードチャージした場合にも1.0%の還元率でオリコポイントが付与されます。

電子マネーチャージのみに限ればnanaco、楽天Edyに対してもチャージすることができますが、これらはオリコポイントが付与されないのでポイントを貯めるという意味では別のクレジットカードを利用した方が良いでしょう。

とはいえ、多くの電子マネー調査で認知度、利用度共にNo,1を獲得しているモバイルSuicaでオリコポイントが付与されるのは大きいですよね。

クレジットカードの多くは電子マネーの普及と共にクレジットカードによるチャージをポイント付与対象から外しはじめました。
また、ポイント付与対象にしている場合でも還元率を下げたり、上限金額を設けたりといわゆるポイントの二重取りを回避する傾向にあります。

その中、還元率を下げず、上限金額を設けずにチャージでオリコポイントが付与される点はOrico Card THE POINTの評判をアップさせた一因でしょう。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の年会費

Orico Card THE POINTは年会費・発行手数料はもちろん、早期解約による手数料など一切の費用がかからない完全無料クレジットカードです。

これら保有することによる経費0円で1.0%のポイント還元率という点は注目を浴びる材料になっていますが、その分優待や付帯サービスなどが削られている印象は免れません。

クレジットカードの価値はユーザーがどこに重点を置くかで変わりますが、Orico Card THE POINTの場合はとにかくポイント還元率を重視する人向けになります。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の追加カード

家族カード

Orico Card THE POINTは本会員に対して3枚までの家族カードを年会費・発行手数料共に無料で発行することが出来ます。

家族カード申込資格
本会員と生計をともにする18歳以上の方で、配偶者(別姓・同性パートナーも含む)・両親・子供(高校生を除く)

家族カードの発行は本カード申し込みの際に同時申し込みも可能ですし、既に本カードを申し込み済みまたは、保有している場合は別途家族カードのみを申し込むことができます。

Orico Card THE POINTの家族カードは、基本的に本会員と同じサービスを受けることができ、家族カードでのお買い物も本会員と同じく還元率1.0%でオリコポイントが付与され、貯まったオリコポイントは本会員と合算されるのでより早く多くのポイントが貯まりますね。

尚、家族カードの利用可能枠は本会員利用可能枠の範囲内となり、返済も本会員利用分と合算のうえ本会員登録口座から引き落としとなります。

ETCカード

Orico Card THE POINTは本会員に対して1枚のETCカードと年会費・発行手数料共に無料で発行することが出来ます。

ETCカードの利用でも通常のショッピング利用と同じく還元率1.0%でオリコポイントが貯まります。

尚、本カードとETCカードと同時に申し込みする場合はオンライン申し込みが出来ず、郵送申し込みとなるため、申込書郵送期間が必要になり通常より発行期間が長くなる可能性があるので注意しましょう。

また、既に本カードと申し込み済みまたは、保有している場合は追加発行としてオンラインから申し込みができます。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の発行日数

Orico Card THE POINTに申し込みをしてから手元に届くまでの期間は概ね2週間前後となりますが、申し込み時期により大幅に遅れる可能性もあるため注意が必要です。

オリエントコーポレーションではオンライン申込の場合は最短8営業日と公開していますが、実際はオンライン申込後、審査が完了してから発行までの日数になります。

また、審査期間は人により大幅に異なりますがネットの口コミや評判を参考にすると平均4日程度と思われます。

これらの情報から総合的に見てOrico Card THE POINTの申し込み後、手元に届くまでの期間は概ね2週間前後と判断できます。

2種類のオンライン申込で発行期間が変わる?

上記でオンライン申込でOrico Card THE POINTが発行されるまでの期間についてお伝えしましたが、実はOrico Card THE POINTにはオンライン申込が2種類あります。

厳密にはオンライン申込とオンラインから申込書を請求しての郵送申込という方が正しいのですが、一部の条件の方はオンラインで申し込みを完結することが出来ないんです。

オンラインで申し込みを完結できない条件として「学生」「未成年」「ETCカード同時申込」の方が該当します。

これらの条件の方はオンラインで申込書を取り寄せ、届いた申込書に記入し、郵送で申し込みすることになります。

この場合、オンラインで申込が完結するパターンと比較して郵送期間がプラスされるため最低でも3週間前後は考えた方が安心です。

ETCカードは本カード発行後に改めてオンライン完結申込することが出来ますので、特別な事情がない場合は同時申込は控えた方が良いでしょう。

Orico Card THE POINTのポイントプログラムと還元率

Orico Card THE POINTが一番のメリットとしているのがポイント還元率です。
発行元のオリエントコーポレーションが大々的に広告しているだけあり、ポイント還元率という意味では非常に優秀なクレジットカードです。

いつどこで使っても還元率1.0%保障

Orico Card THE POINTはショッピングの決済100円につき1オリコポイントが貯まるポイント還元率1.0%のクレジットカードです。

この還元率1.0%はいつでもどこで使っても変わることなく、常に最低ラインをキープしています。

もちろん実店舗でのお買い物だけでなくネットショッピングや公共料金、携帯電話料金などの支払いもすべて対象になるので、銀行口座から引き落としにしている人はすぐにOrico Card THE POINT払いに変更した方が良いでしょう。

また、家族カードやETCカードを利用した場合も還元率1.0%のままポイントが加算されるため、使い方次第でザクザクポイントを貯めることができるんです。

入会後6か月間はポイント還元率が2倍で2.0%

Orico Card THE POINTに入会してから6か月間はいつどこで利用しても還元率が2倍になります。

通常ショッピング100円につき1オリコポイントのところ2オリコポイント貯まり、還元率が2.0%になるんです。

6か月間の期間限定ではありますが、申し込み前に知っていることで入会時期をコントロールすれば還元率2.0%を活かすことができますね。

海外旅行や記念日、転居や高額商品の購入など、予定しているイベント時に利用できるように入会時期を検討してみてくださいね。

オリコモールならいつでも還元率2.0%以上

オリエントコーポレーションが運営する「Orico Mall(オリコモール)」はネットショッピングでより多くのオリコポイントが貯まるポイントアップモールです。

通常還元率1.0%のOrico Card THE POINTですが、ネットショッピングの際にオリコモールを経由するだけで還元率が更に1.0%以上加算されます。

加算されるオリコポイントは、Orico Card THE POINTの特別ポイント0.5%分と各ショップ毎に設定されている還元率の合計になります。
各ショップ毎に設定されている還元率は0.5%以上となるため、通常還元率と合計すると最低でも2.0%以上のオリコポイントが獲得できるんです。

オリコモール利用時のポイント内訳
通常ポイント1.0% + 特別ポイント0.5% + ショップ加算0.5%以上 =合計2.0%以上

月額累計金額にポイント付与で少額決済も安心

Orico Card THE POINTのポイントは月額累計金額100円につき1オリコポイントが貯まります。

1回の決済ごとの付与の場合、決済金額が99円などになると1円不足しているためにポイント付与から外れてしまうことになります。

このような端数は1回1回で考えればたいしたことなく感じますが、1か月トータルで見ると以外と大きな金額になりますよね。

その点、月額累計金額に対してオリコポイントが付与されるので少額決済にも安心して使うことができます。

特にOrico Card THE POINTに標準搭載されているiDとQUICPayを活用すれば、コンビニやドラッグストアなど日常の少額ショッピングにもサクサク対応でき、オリコポイントも逃さず貯まるのでユーザーからの評判も高いんですね。

貯めたポイントがリアルタイム交換ですぐに使える

貯まったオリコポイントはオリコポイントサイト「OricoPointGatway(オリコポイントゲートウェイ)」で様々な商品に交換することが出来ます。

交換先はTポイントやnanacoギフトなどの共通ポイントをはじめ、ガスト、すかいらーくなどのファミレス優待券、ANAやJALマイルなど多岐に渡ります。

更にAmazonギフト券やEdyギフト、LINEギフトなどの対象交換先ならリアルタイムで交換ができちゃうんです。

クレジットカードで貯めたポイントを交換しようとしてもどうしても交換完了までに数日かかることが多いですが、Orico Card THE POINTならリアルタイムで交換できるのでお買い物の前にサクっと交換してお買い物に使うなんてこともできますね。

有効期限切れによる失効に注意

Orico Card THE POINTポイントプログラムの中で唯一デメリットとも考えらえる残念な点がオリコポイントの有効期限です。

Orico Card THE POINTを利用して獲得したオリコポイントの有効期限はポイント獲得月を含めて12か月しかありません。

また、キャンペーン等で獲得したポイントについては更にその半分の期間、6か月間しかないんです。

昨今ではポイントの有効期限をなくしたり、最終獲得及び、利用日から1年間などそのカードを使い続けている限りは有効期限に到達しないようにしたりするクレジットカードが多いですが、Orico Card THE POINTはその波からは外れ12か月(1年間)としています。

オリコポイントは500ポイントから交換できますので、こまめに貯まっているポイント数をチェックしてある程度貯まったら共通ポイントなどに交換するなどして失効しないように注意しましょう。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の電子マネー事情

先にもご紹介しましたが、Orico Card THE POINTから電子マネーモバイルSuica、SMART ICOCAにクレジットカードチャージした場合もオリコポイントが1.0%の還元率で付与されます。

電子マネーの普及が進むにつれ電子マネーチャージをポイント付与対象外にしたり、ポイント付与される上限額を設定するクレジットカードが増えてきましたが、Orico Card THE POINTはチャージしたらした分だけ1.0%のオリコポイントが貯まります。

世界を通してキャッシュレス決済が進む時代ですので、電子マネーチャージによるポイント付与は今後もクレジットカードの評判を左右する大きなポイントになるでしょう。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の申込資格と審査

Orico Card THE POINTの申込資格は「18歳以上の方(高校生は除く)」のみとなっています。

間口は広くなっていますが、Orico Card THE POINTを発行するオリエントコーポレーションは老舗信販会社です。
信販会社の審査は最近増加傾向にある流通系クレジットカードの審査と比較すると厳しい点が多いのが事実です。

但し、オリエントコーポレーションが発行する数多くのクレジットカードの中で比較するとOrico Card THE POINTの審査はさほど厳しい審査ではありません。

Orico Card THE POINTの審査基準は明確になっていませんが、信販会社の傾向として審査時に重視する項目は信用情報だと思ってよいでしょう。

クレジットカードによっては年収や勤務先に重点を置く場合もありますが、Orico Card THE POINTは過去のクレジットカード利用履歴や信用情報の方が重要になります。

特にオリエントコーポレーションは、老舗信販会社でありクレジットカード以外にローン契約なども多数取り扱っています。

過去に事故を起こしていた場合でも信用情報機関からは原則5年(自己破産の場合は最長10年)で事故情報が消えますが、自社で取り扱った契約の事故情報は長期間残すことができていまします。
そのような情報があった場合には審査結果が厳しいものになる可能性も考えられるので覚えておきましょう。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の付帯保険

Orico Card THE POINTには国内・海外旅行傷害保険やショッピング保険などの保険は一切付帯していません。

年会費を抑えて無料にし、ポイント還元率を1.0%まで上げているので保険関係に充てる費用を捻出するのは厳しいかもしれません。

Orico Card THE POINTで唯一利用できる保険は「紛失・盗難保障」だけ。

紛失・盗難保障は万が一Orico Card THE POINTを紛失したり、盗難に遭ったりし不正使用をされた場合でも損害を補償してくれる保険サービスで、基本的にどのクレジットカードでもついている保障です。

今や年会費無料で還元率が高くても旅行傷害保険やショッピング保険が付帯されているクレジットカードはありますので、この点はOrico Card THE POINTの弱点、デメリットと言わざるを得ないでしょう。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の活用情報

Orico Card THE POINTには上記でご紹介していない細かなサービスがいくつか付帯されています。
利用頻度は少ないかもしれませんが、せっかくなのでご紹介しておきましょう。

旅行代金ポイント充当サービス

オリコ旅行センターで旅行商品を申し込む際、1,000オリコポイントを1,000円に換算し、Orico Card THE POINT利用代金に充当することが出来ます。

通常このような場合、ポイントの利用が1,000ポイント単位となることが多いですが、Orico Card THE POINTの場合は1,000ポイント以上であれば1ポイント単位で利用できるのが優しいですね。

オリコ旅行センターでは各旅行会社のパッケージツアーを3.0%~8.0%オフで取り扱っていますので、旅行の際には一度チェックしてみると良いでしょう。

国内・海外旅行サービス

Orico Card THE POINTでは会員に対して国内・海外旅行の際に便利なサービスを提供しています。

国内でも海外えもオンライン予約でレンタカーが5.0%~15.0%オフになるレンタカー予約サービスやスーツケースのレンタル、手荷物宅配サービスなど旅行の際に役立つサービスが豊富です。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の注意点

年会費無料で還元率が高く、国際ブランドにMaster cardも選べるとあって評判が高く、非の打ちどころがないように見えるOrico Card THE POINTですが、やはり落とし穴はあるもの。

Orico Card THE POINTに申し込みを考えている人やOrico Card THE POINTを使っている人に知っておいていただきたい注意点をまとめました。

学生・未成年・ETCカード発行は申し込みに注意

発行期間の項目でも書きましたが、Orico Card THE POINTの申し込みはオンライン完結とオンラインで申込書を請求する郵送申込の2種類があります。

時代の流れ的にほとんどの方がオンライン完結を求めると思いますが、「学生」「未成年」「ETCカード同時申込」の場合に限り、オンライン完結申込はできません。

オンライン完結申込と比較すると申込書の往復が出てきます。
ただでさえ未成年やETCカード発行など通常申込とは異なる工程が必要になる申込なのに更に発行までの時間がかかることになってしまいます。

学生、未成年の方は他の方法がないので仕方ないですが、ETCカードは本カードが手元に届いてからオンラインのみでETCカード発行申し込みが出来ます。

本カードとETCカードを同時に申し込みする人の多くは早くETCカードを手にしたいのだと思いますが、そもそもOrico Card THE POINTは発行期間の早いカードではありません。

本カード、ETCカードどちらも早期発行を希望する場合は、思い切って流通系クレジットカードなど対応の早い別のクレジットカードを候補に入れることをおすすめします。

オリコポイントの有効期限が短い

常に還元率1.0%でオリコポイントが貯まり、オリコモールやオリコポイントゲートウェイなどポイント還元に対するシステムが多彩なOrico Card THE POINT。

しかし、残念なことに獲得したオリコポイントの有効期限が12カ月間と短いんです。

既に有名なクレディセゾンの永久不滅ポイントを筆頭に今やポイントの有効期限がないまたは、あってないようなクレジットカードが多数存在しています。

その波にのまれずに独自の考えを持って運営をしているのでしょうが、ユーザーからすると若干心もとないですよね。

とはいえ、オリコポイントは500ポイントからリアルタイムで交換できるというメリットもあります。
還元率1.0%のOrico Card THE POINTなので50,000円利用すれば500ポイントが貯まるので、貯まったらすぐに交換するなど自分で計画を立てて貯めたり使ったりすれば問題ないでしょう。

オリエントコーポレーションからもオリコポイント失効1か月前にお知らせが届きますので、見逃さないようにしてくださいね。

付帯保険は盗難・紛失保障だけ

クレジットカードに求めるものは商品の購入やサービス代金の支払いに限らず、最近では付帯保険が注目されています。

特に海外旅行へ行く際の旅行傷害保険は別途保険料を支払って保険に加入する必要がなくなることから、海外旅行傷害保険目的でクレジットカードを作る人がいるほどの人気です。

また、健康保険が利用できる国内旅行でもやはり旅行傷害保険に期待が集まり、国内旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカード人気は高まっています。

しかし、Orico Card THE POINTは国内、海外共に旅行傷害保険が付帯されていません。

また、クレジットカードで購入した商品が盗難に遭ったり、破損した場合に補償されるショッピング保険やショッピングガード保険もメリットに感じる人が多い中、Orico Card THE POINTにはやはり付帯されていません。

唯一付帯されている盗難・紛失保障はどのクレジットカードでも原則付帯されているクレジットカードそのものの事故に対して保障される保険なので、Orico Card THE POINTでは1つ上のサービスという意味での保険は何もないことになります。

その分還元率に力を入れていると考えられますが、クレジットカードに保険を求める人は保険条件の良いカードをサブカードとして保有するなどOrico Card THE POINT以外の選択肢を考えた方が良いでしょう。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の基本情報

年会費 永年無料
国際ブランド Master card/JCB
申込条件 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)
家族カード 発行可(年会費無料)
ETCカード 発行可(年会費無料)
旅行傷害保険 付帯なし
その他付帯保険 紛失・盗難補償
発行日数 2週間前後
還元率 1.00%~2.00%
ポイントプログラム オリコポイント
電子マネー nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※楽天Edyはポイント付与対象外
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay/QUICPay/iD

まとめ

還元率の高さ1点に魅力を絞ったOrico Card THE POINT。
クレジットカードの名称もその内容もわかりやすいほどにポイント重視です。

ネットの評判も還元率の高さに特化したものが多く、ポイントで高い還元を受けたい人向けのクレジットカードですね。

ポイントプログラムに複雑な仕組みやステージ制を設けていないので、クレジットカード初心者やあまり使い慣れていない人でも簡単に使うことが出来るのもメリット。

年会費無料の使いやすさと信販系クレジットカードの信頼を持つおすすめの1枚です。

オリコカードの公式サイトはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカードDXの注目記事を受け取ろう

Orico Card THE POINT

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカードDXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • FamiPay導入で変わったファミマTカードのメリットは?

  • SPGアメックスは即日審査で発行できるの?

  • アメックスビジネスの審査は厳しい?

  • ANAアメックスの発行日数は?カード発行の流れ

  • アメックスで即日発行できるカードは?発行期間&カードスペックを比較