1. クレジットカードDX
  2. 還元率
  3. ショッピングで還元率の高いクレジットカード50種類を徹底比較

ショッピングで還元率の高いクレジットカード50種類を徹底比較

 2019/03/16 還元率   1,239 Views

クレジットカードを利用する機会が一番多いのはやはりショッピングでしょう。
そして誰もができるだけ「お得に」「安く」「節約して」欲しい物を手に入れたいもの。
だから還元率の高いクレジットカードが求められているんだと思います。

各ショップでお得に使えるクレジットカードと言えば、提携クレジットカードを思い浮かべる人が多いと思います。
実際に本当にお得な、高い還元率のクレジットカードを発行しているショップもありますが、実はそうではないクレジットカードもあるんです。

だからしっかりと比較して、選んでほしいんです。

ここでは、利用目的ごとのショッピングに強い、各ショップ最強の、本当にお得な高い還元率のクレジットカード50種類をご紹介します。

Sponsored Link

Contents

スーパーで高い還元率のクレジットカード4選

主婦にとって常に安い値段を維持しているスーパーを把握しておくことは、家事や育児と並んで重要なことですよね。

そんなスーパーを更にお得に使えるクレジットカードがあったらどうでしょう。
普段利用頻度の高いスーパーと一番相性の良いクレジットカードを見つけてください。

イオンにはイオンカードセレクトとWAONのダブル使い

おすすめポイント

  1. イオン系列店の利用で還元率1.0%
  2. WAONチャージでポイント2重取り
  3. 月に2回のお客様感謝デーは5%オフ
還元率 0.5%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー WAON/モバイルSuica/SMART ICOCA

どの町へ行っても見つけることができると言っても過言ではないイオン。
お世話になっている奥様達も多いことでしょう。

イオンで使うのであればやっぱりイオンカードセレクトがNo,1。
イオンやイオンモール、ダイエー、マックスバリュなどの対象店舗で利用した場合に還元率が2倍になります。

更に毎月20日、30日に実施されるお客様感謝デーでクレジットカード決済すれば5%オフになるので、ポイント還元と併せれば7%オフになるんです。

また、イオンカードセレクトでチャージしたWAONを支払いで利用すれば、チャージ分と支払い分の両方でポイントを獲得することができますよ。

西友やLIVINユーザー必携のウォルマートカードセゾン

おすすめポイント

  1. 西友、LIVIN、サニーで毎日3%還元
  2. 第1・第3土曜日は上記店舗で5%還元
  3. アメックスブランドで年会費無料
還元率 0.5%
年会費 無料
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー WAON/nanaco/楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※チャージポイント付与はモバイルSuica、SMART ICOCAのみ

西友、LIVIN、サニーを利用する人なら知らない人はいないウォルマートカードセゾン。世界最大のスーパーマーケットであるウォルマートが西友を子会社にしたことにより、このカードが誕生しました。

上表記載の還元率0.5%はごくごく平均的ですが、ウォルマートカードセゾンは現金値引きによる還元が大きいのが特徴。

西友、LIVIN、サニーのショッピングをウォルマートカードセゾンで支払うといつでも3%オフ(ポイント付与対象外)、更に第1・第3土曜日は5%オフに加え永久不滅ポイントも付与されるため、最大還元率は5.5%になります。

イトーヨーカドーには最大還元率6.5%のセブンカード・プラス

おすすめポイント

  1. イトーヨーカドーのショッピングはいつでも1.5%還元
  2. 8のつく日(ハッピデー)は最強還元率6.5%
  3. nanacoチャージでもポイント還元
還元率 0.5%~1.5%
年会費 初年度無料/2年目以降463円(税抜)
※5万円以上利用で無料
国際ブランド VISA/JCB
電子マネー nanaco/モバイル/Suica/楽天Edy(VISAのみ)/SMART ICOCA
※チャージポイント付与はnanaco、モバイルSuicaのみ

セブンカード・プラスは電子マネーnanaco一体型と紐付型から選択することができるnanacoとのW使いがおすすめのクレジットカードです。

通常のポイント還元率は0.5%と一般的ですが、セブンアンドアイグループで利用すればその還元率は一気に1.0%~1.5%になります。

更にハッピデーと言われる8の付く日にイトーヨーカドーでセブンカード・プラスを使って支払いをすると食料品や衣料品、日用雑貨までほぼ全商品が5%オフになるんです。

その場合でももちろんポイント付与対象になりますので、1.5%のポイントと併せるとその還元率は6.5%に跳ね上がるため、主婦層に絶大な人気を誇っています。

アピタ・ピアゴはUCSカードで5.0%オフ

おすすめポイント

  1. 毎月19日・20日にアピタで5%還元
  2. ピアゴは毎週金曜日に5%オフ
  3. 感謝デーをはじめとする年間30日以上で5%還元
還元率 0.5%~1.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA/楽天Edy/nanaco
※楽天Edyはチャージポイント付与対象外

多くの流通系クレジットカードが日にちを限定したカード会員セールを開催していますが、中でもピアタ・アピゴはセールが多いのが特徴。

アピタは毎月19日、20日、29日に、ピアゴは毎週金曜日が5%オフ感謝デーになります。それだけでも両店で月に7日~8日5%オフになるんですが、更に第2・4金曜日はネットスーパーが5%オフになります。

その他に毎月自分の好きな1日を選んで5%オフになる「プレミアム5%オフチケット」、誕生月の好きな1日に5%オフとなる「バースデープレミアムチケット」もあります。

ネットショップで還元率が高いクレジットカード6選

今やお買い物方法の常識と化したネットショッピング。
この15年ほどでネットショッピング支出額は6倍以上にも増加しているんです。

既に当サイトでご紹介するまでもなく、大手ショッピングモールサイトにはそれぞれ提携クレジットカードが存在しています。

しかし、意外と自分が保有しているクレジットカードで済ませている人が多いんです。

この機会に提携クレジットカードのメリットを改めてチェックして、もっとお得に使いましょう。

Amazon還元率が提携クレカを超えるJCB CARD W

JCBカードW

おすすめポイント

  1. Amazon利用時の還元率が2.0%
  2. 年会費無料
  3. ポイント交換先が豊富なので使い勝手が良い
還元率 1.0%~3.5%
年会費 無料
国際ブランド JCB
電子マネー nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※チャージポイント付与はなし

ネットショッピングユーザーの約半数が良く使う通販サイトに選んだAmazon。
Amazonでは提携クレジットカードとして「Amazon Master cardクラシック」「Amazon Master card ゴールド」を発行していますが、その座を脅かすほどのお得さを発揮しているのがJCB CARD Wなんです。

Amazon Master cardゴールドの還元率は2.5%とJCB CARD Wを超えますが、年会費が10,800円(税込)と負担が大きくなります。
また、Amazon Master cardクラシックはAmazon還元率1.5%となり、年間3,900円~4,800円の会費がかかるプライム会員であれば2.0%になるもののJCB CARD Wと同じ還元率なんです。

さらにAmazon Master cardで還元されたポイントはAmazon内でしか利用できず、用途が限られてしまいます。

それらすべてを回避し、より使いやすいクレジットカードとなれば間違えなくJCB CARD Wでしょう。

但し、JCB CARD Wは39歳以下限定のクレジットカードのため、39歳以上の方はオリコカード・ザ・ポイントがおすすめです。

Yahoo!ショッピングで最大8.0%還元はYahoo!JAPANカードだけ

Yahoo!JAPANカード

おすすめポイント

  1. Yahoo!ショッピングで最大還元率8.0%
  2. 獲得ポイントは使いやすいTポイント
  3. Yahoo!公金支払いで税金や公共料金でも1.0%還元
還元率 1.0%~3.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA/nanaco(JCBのみ)

ネットショッピングユーザー全体の利用は少なめですが、固定ユーザーが多いYahoo!ショッピング。
そんなYahoo!ショッピングを愛する人におすすめは、やはり提携クレジットカードであるYahoo!JAPANカードでしょう。

Yahoo!ショッピングとLOHACO利用時には還元率が3倍になります。
更に毎月5日、15日、25日にはポイント還元率が5倍になるため基本還元率と合計すると8.0%もの高還元を打ち出します。

また、Yahoo!プレミアム登録済み(有料)の方は更にポイントが加算されるため最大12%の還元を受けられる脅威のクレジットカードなんです。

楽天市場には楽天カードよりも楽天ゴールドカードがお得

おすすめポイント

  1. 楽天グループ利用時の最低還元率5.0%の高還元
  2. 破格の年会費と安心の審査でゴールドカードが持てる
  3. 旅行や出張に便利な特典が豊富
還元率 1.0%~5.0%
年会費 2,160円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天edy/nanaco/モバイルSuica
※チャージポイント付与は楽天edyのみ

楽天カードは既に解説不要なほどの認知度ですが、楽天市場ユーザーには絶対的に楽天ゴールドカードがおすすめです。

年会費無料の楽天カードでも十分に高還元クレジットカードといえますが、楽天ゴールドカードは年会費2,160円払うだけで更に2%還元率が高くなります。
この年会費分のポイントは楽天市場で43,200円支払いすれば獲得できちゃいます。
そこから考えると年間12万円(月1万円)楽天系列ショップを利用することで元が取れる計算になります。

自分のライフスタイルに楽天市場を選択するくらい楽天利用レベルの高い人であれば年間12万円は即ペイでしょう。

また、空港ラウンジの無料利用やETCカードの無料発行(一般カードは有料)、楽天トラベルポイント還元など旅行や出張が多い人への特典も豊富なのも魅力です。

ZOZOTOWNヘビーユーザーはZOZOCARD一択

おすすめポイント

  1. ZOZOTOWN全商品がいつでも還元率2.0%
  2. 34種類の券面デザインから自由に選べる
  3. ZOZOTOWN以外の利用でもZOZOポイントが貯まる
還元率 1.0%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド Master card
電子マネー なし

アパレル業界に革命を起こしたZOZOTOWNは、運営会社の時価総額1兆円超えでその名を轟かせたのは記憶に新しいところですよね。
1兆円報道により最近ZOZOTOWNに興味を持ったという人も多いはず。

そんなZOZOTOWNにも提携クレジットカードが存在しています。
ZOZOTOWNでZOZO IDとZOZOCARDを利用して支払いをすると通常の2倍、還元率2.0%のZOZOポイントを獲得できます。

但し、ARIGATOメンバーは入会特典の全品10%オフ効果が有効になるため、ZOZOCARDで支払っても還元率は基本の1.0%のみになります。

ニッセン利用で最大6.0%還元のマジカルクラブTカードJCB

おすすめポイント

  1. ニッセンポイントの還元率が最大6.0%
  2. 月3万円以上の利用でTポイントが2倍貯まる
  3. Tモール経由でニッセン利用するとポイント2重取りができる
還元率 0.5%~6.0%
年会費 無料
国際ブランド JCB
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※チャージポイント付与はなし

ネットが普及するずっと前から女性のファッションを支えてきたカタログ通販大手のニッセン提携クレジットカード。

マジカルクラブTカードJCBはクレジット決済でTポイントが貯まる他、ニッセンでのショッピングでは最大6.0%の還元を受けることができるお得なカードです。

また、ニッセンだけでなくすべての利用金額が毎月3万円を超えることでその月の還元率が倍になるため、公共料金などの支払いを組み合わせれば常に最低1.0%の還元を受けることができます。

ベルメゾンは千趣会ジャックスカードでお得に買い物

おすすめポイント

  1. JACCSモール経由でベルメゾンネットを利用すれば通常ポイント+Jデポゲット
  2. 貯まったポイントをベルメゾンネットで利用して1.5%還元
  3. 基本還元率が1.25%と高設定
還元率 1.25%~1.5%
年会費 初年度無料/2年目以降1,890円(税込)
※年間10万円以上で無料
国際ブランド VISA
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA

カタログ通販の老舗千趣会がジャックスと提携して発行する千趣会ジャックスカード。
「どこで利用してもどんどんポイントが貯まるクレジットカード」をコンセプトに2014年にリニューアルしました。

ベルメゾン利用で驚異的な還元率を叩き出すことはありませんが、リニューアル時に決められたコンセプト通りポイントが貯めやすく、貯めたポイントをベルメゾンで活用できる点が注目されています。

大手コンビニ4社で最強還元率のクレジットカード

コンビニでクレジットカードを使ってもいいの?手軽なだけにそう思う人もいますよね。

でもそんなこと考える必要はないんです。
それを裏付けるようにコンビニでお得なクレジットカードが多数ありますし、各コンビニは一定金額以内サインレスも導入しています。

少額決済に人気の電子マネーもクレジットカードと組み合わせれば更にお得になりますよ!

ローソンでPontaはもう古い?今はdカードの時代

おすすめポイント

  1. ローソンの利用で最大還元率5.0%
  2. 貯まったdポイントはPontaポイントと相互交換可能
  3. 特約店や加盟店に店舗数の多い大手が多い
還元率 1.0%~4.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※チャージポイント付与はなし

ローソンといえばJMBローソンPontaカードVisa!なんて時代は既に終焉を迎え、今やdカードの時代。

dカードはご存知docomoが発行するクレジットカードなのでローソンとは本来何の関係もありませんが、ローソンがdポイント加盟店のため、高還元が実現しました。

貯まったdポイントはPontaポイントとの相互交換が可能ですが、ローソンではどちらも利用できるため、特に交換しなくても不便はありません。

また、基本還元率が1.0%と高い設定なうえ加盟店や特約店では更にプラスポイントを獲得できます。
加盟店、特約店の数は少ないものの、マクドナルドやイオンシネマ、ビックエコー、タワーレコードなど店舗数が多い大手企業が多いので貯めやすく、使いやすい共通ポイントを獲得できる優秀なクレジットカードなんです。

セブンイレブンはJCB CARD Wがセブンカードプラスを抜いた

JCBカードW

おすすめポイント

  1. セブンイレブン利用の還元率が通常還元率の4倍
  2. QUICPay nanacoに登録すれば還元率が2.5%に上昇
  3. 貯まったポイントはnanacoポイントに交換できる
還元率 1.0%~3.5%
年会費 無料
国際ブランド JCB
電子マネー nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※チャージポイント付与はなし

セブンイレブンだったらグループ会社が発行するセブンカード・プラスがお得!と思われがちですが、実は還元率ではJCB CARD Wの方が高いんです。

セブンカード・プラスで還元率1.5%のところJCB CARD Wなら還元率が2.0%。

更にQUICPay nanacoに登録し、セブンイレブンで決済するとセブンイレブン通常還元率にプラス0.5%のnanacoポイントが加算されるためトータル2.5%の還元率になります。

JCB CARD Wで貯まるポイントはOkiDokiポイントですが、1ポイント5円相当のnanacoポイントに交換できるため、貯まったポイントもセブンイレブンで活用することができます。

ファミマでお得なカードはファミマTカード以外存在しない

おすすめポイント

  1. ファミランクで通常還元率が最大1.5%
  2. Tマネー以外の電子マネーチャージはすべてポイント対象
  3. 週の半分はファミマでポイント倍率アップ
還元率 0.5%~3.5%
年会費 無料
国際ブランド JCB
電子マネー Tマネー/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA/楽天Edy
※Tマネー以外はすべてポイント付与対象

ファミマで利用する機会が多い人必携のクレジットカードがファミマTカード。Tポイントカードとクレジットカードの一体型でどちらも獲得できるポイントはTポイントになります。

通常還元率は0.5%とやや低目ですが、ファミマでの月間利用金額に応じて還元率が最大1.5倍になり、更にカードの日となる火曜日と土曜日にはショッピングポイントが3倍、水曜日のレディースデーにはポイント2倍、そして25歳以下ならいつでもポイント2倍になるんです。

獲得できるポイントはTポイントカードとしてのショッピングポイントとクレジット決済で貯まるクレジットポイントに分かれているため、Tポイントカード提携店でクレジット決済をした場合はWで貯まります。

ミニストップにはイオンカードセレクトとWAONのW使いがお得

おすすめポイント

  1. ミニストップでいつでもポイント2倍
  2. WAONと併用でポイントの2重取りが可能
  3. WAONにチャージで税金や公共料金もポイントゲット
還元率 0.5%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー WAON/モバイルSuica/SMART ICOCA

イオングループのミニストップでお買い物するならイオンカードセレクトは外せません。

ミニストップでイオンカードセレクト決済をするといつでもポイントが2倍になりますが、更に還元率を上げるならWAONとの併用がおすすめ。

イオンカードセレクトからWAONへチャージすることでポイントが付与され、更にWAON決済でポイント付与、そしてミニストップでWAON決済した場合はそれぞれのポイントとは別にボーナスポイントも付与されるんです。

また、税金や公共料金などの収納代行の支払いをイオンカードセレクトからチャージしたWAONで決済すればイオンカードセレクトにときめきポイントが貯まります。

百貨店ユーザー必携の超高還元率クレジットカード10選

今や客足が遠のいていると思われている百貨店ですが、各地域に根付いたお客様たちにはなくてはならない存在。

そんな百貨店系クレジットカードは各百貨店やグループ店、鉄道などを利用することで通常のクレジットカードよりも大幅に高い還元を受けることができる優秀なクレジットカードです。

百貨店やグループの電車を利用する人にとっては唯一無二のクレジットカードになるでしょう。

三越伊勢丹グループで最大10%還元はエムアイカードプラスだけ

おすすめポイント

  1. 三越伊勢丹グループで最大10%の高還元
  2. 年間利用金額でボーナスポイント付与
  3. 他社ポイントへの交換が可能になった
還元率 0.5%~10.0%
年会費 初年度無料/2年目以降は2,000円(税抜)
国際ブランド VISA/アメックス
電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA

2018年春にエムアイカードがリニューアルし、誕生したエムアイカードプラス。三越伊勢丹グループの利用で最大10%の還元を受けられるクレジットカード。

三越伊勢丹グループの百貨店にはポイントカードがないため、各百貨店でポイント還元を受けるのであればエムアイカードプラスなどのクレジットカードが必要なんです。

エムアイカードプラスのポイントプログラムでは前年度のショッピング合計金額により翌年度の基本還元率が決まり、最大還元率は10%!
更により年間利用金額が多い会員にはボーナスポイントもプレゼントされるため三越伊勢丹グループ百貨店利用者におすすめの1枚です。

京王百貨店なら京王パスポートVISAで最大還元率11.0%

おすすめポイント

  1. 京王百貨店で最大11.0%の高還元
  2. 1枚で3種類のポイントを獲得できる
  3. PASMOチャージ、iDがポイント付与対象
還元率 0.5%~11.0%
年会費 初年度無料/2年目以降239円(税抜)
※前年度1回以上利用で無料
国際ブランド VISA
電子マネー PASMO/モバイルSuica
※モバイルSuicaはポイント付与対象外

京王百貨店や京王線沿線を利用するなら持っていて損はない京王パスポートVISAカード。
電車利用が多い人にはPASMOが搭載されている京王パスポートPASMOカードVISAもおすすめ。

京王百貨店でのショッピングで最大11.0%という強力な還元率を誇るだけでなく、加盟店利用時の加盟店ポイントやクレジット利用ポイントなど3種類のポイントを貯めることができます。

そのためポイントプログラムがとてもわかりにくいのが残念です。

京急ユーザーは京急プレミアポイントシルバーがお得

おすすめポイント

  1. ショッピングポイントとクレジットポイントの2重取りが可能
  2. 年間利用金額で最大10%の割引優待が利用できる
  3. 税込支払い金額でポイントが計算される
還元率 0.5%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master Card
電子マネー 楽天Edy/nanaco/PASMO/モバイルSuica/SMART ICOCA

京急百貨店はもちろん、京急鉄道の定期券購入やPASMOへのオートチャージでもポイントを貯めることができる京急ユーザーに嬉しいクレジットカード。

百貨店系クレジットカードで年会費が完全無料、ポイント付与対象金額が税込金額など長期的に利用することで得られるメリットが多数あるのが特徴でしょう。

小田急百貨店も加盟店もOPクレジットで最大還元10.0%超え

おすすめポイント

  1. 小田急百貨店の利用で5.5%~10.5%の還元率
  2. 小田急加盟店利用時にカード提示するだけで0.5%~10.0%の高還元
  3. 登録済みPASMOでは最大7.0%の乗車ポイントが貯まる
還元率 0.5%~10.5%
年会費 初年度無料/2年目以降500円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/PASMO/SMART ICOCA

小田急百貨店や小田急線を利用するならOPクレジット一択でしょう。

OPクレジットは年間利用金額が10万円未満でもポイント還元率が5.0%と高還元。
更に登録したオートチャージ機能付きPASMOを利用し、自動改札機で入出場していれば月間対象運賃総額により最大7.0%の乗車ポイントが貯まるんです。

阪急、阪神百貨店で最低5.0%の還元率はペルソナSTACIA PiTaPaカード

おすすめポイント

  1. 阪急百貨店、阪神百貨店などの利用で最低でも5.0%還元
  2. 阪急阪神グループのショッピングでも1.0%~5.0%の超高還元率
  3. PiTaPaを利用して電車やバスに乗車するだけでもポイント付与
還元率 0.5%~10.0%
年会費 2,000円(税抜)/別途PiTaPa維持管理料1,000円(税抜)あり
※年間1回以上の利用で維持管理料無料
国際ブランド VISA
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/PiTaPa

元々還元率が高めの百貨店系クレジットカードの中でも最強ともいえるクレジットカードが阪急、阪神グループでお得に使えるペルソナSTACIA PiTaPaカードです。

百貨店系クレジットカードはその百貨店で利用した場合の最大還元率が10%前後と高いことが多いですが、最低還元率は1.0%前後と普通。
しかし、ペルソナSTACIA PiTaPaカードは阪急百貨店、阪神百貨店で利用した際に最低でも5.0%の還元を受けることができるんです。

年会費やPiTaPa維持管理料がかかっても余裕で元がとれちゃう還元率ですね。

名鉄百貨店で最大10.0%割引プラスポイント付与は名鉄ミューズカード

おすすめポイント

  1. 名鉄百貨店の衣料品・雑貨購入で最大還元率11%
  2. 名鉄百貨店の食品・喫茶・レストラン利用ならポイント2倍
  3. 名鉄の定期券購入やmanacaチャージがポイント付与対象
還元率 0.5%~1.5%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
※年間税込5万円以上利用で無料
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー 楽天Edy/nanaco/SMART ICOCA/manaca

名鉄百貨店、名鉄の電車やバスなどを利用するなら名鉄ミューズカードがおすすめ。

還元率が0.5%~1.5%と一見平凡なクレジットカードに見えますが、名鉄ミューズカードの威力はポイント還元だけではないんです。
名鉄百貨店での年間利用金額により最大10%オフでお買い物ができちゃうんです。

しかもmanacaにチャージできる唯一のクレジットカードであり、チャージでももちろんポイントが貯まります。

定期券購入でも利用すれば年会費無料のボーダーである年間5万円以上はすぐにクリアできますね。

近鉄グループはKIPSカード1枚でまるっとお得に

おすすめポイント

  1. 近鉄百貨店で常に1.0%~10.0%の高還元
  2. KIPS PiTaPaで近鉄日本鉄道に乗車するだけでポイントゲット
  3. 発行元8社と3つの国際ブランドの組み合わせで豊富なラインナップ
還元率 0.46%~10.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
※PiTaPa保有の場合は年1回以上利用、PiTaPa非保有の場合は年間税込5万円以上利用で無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA/PiTaPa

関西方面を主軸に展開する近鉄グループが運営する近鉄百貨店でお得に使えるKIPSカード。
三井住友、JCB、三菱UFJ、UCなど全8社がそれぞれに発行しているため、自分に合ったカードが選べます。

通常還元率は0.46%とやや低目ですが、KIPSカードの威力は近鉄百貨店で発揮されるんです。
近鉄百貨店での年間利用額が30万円未満でも最低5.0%の高還元。50万以上利用すれば毎回10.0%の還元を受けられます。

食品、特価品、レストラン、喫茶は還元率アップ対象外ですが、還元率が通常よりも高い1.0%固定のため、通常利用よりもお得に使えます。

高島屋は8.0%還元の本家よりもタカシマヤセゾンカードがおすすめ

おすすめポイント

  1. 高島屋のお買い物で最大還元率5.0%
  2. 高島屋以外の利用でも常に最低1.0%還元
  3. 電子マネーチャージでもポイントゲット
還元率 1.0%~5.0%
年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメックス
電子マネー 楽天Edy/nanaco/SMART ICOCA
※SMART ICOCAはポイント付与対象外

高島屋には高島屋利用時の最大還元率が8.0%のタカシマヤカードがありますが、私は本家よりもタカシマヤセゾンカードをおすすめします。

但し、もしも高島屋だけで買い物をし、その他のお店では他のクレジットカードや現金を使うという方はタカシマヤカードの方がお得です。

タカシマヤセゾンカードを推す理由は平均的な還元率が高いこと。
タカシマヤカードは高島屋の利用では8.0%と高還元ですが、その他の利用は0.5%。
対するタカシマヤセゾンカードは通常時で1.0%、高島屋では2.0%~5.0%の還元率となり、電子マネーチャージや公共料金、日常のお買い物でもポイントを貯めることができるのでトータルするとお得になるんです。

西武やそごうはクラブ・オン/ミレニアムカードセゾン

おすすめポイント

  1. 西武・そごうの利用で最高還元率7.5%
  2. 西友・LIVIN、サニーで第1・第3土曜日は5%OFF
  3. セブン&アイグループで6.5%の高還元
還元率 0.5%~7.5%
年会費 永年無料
国際ブランド VISA/JCB/アメックス
電子マネー nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA

西武・そごうの利用で高い還元率を誇るのみならず、全国展開のスーパーやコンビニでも高還元を受けられるクラブ・オン/ミレニアムカードセゾン。

特にセブン&アイグループは全国展開している店舗が多数あるため、メインカードにもなる1枚です。

ポイントはクラブ・オン/ミレニアムポイントと永久不滅ポイントの2本立て。
西武・そごうで利用した場合は2.0%~7.0%のクラブ・オン/ミレニアムポイントに加え0.5%の永久不滅ポイントも加算されます。

東武百貨店で最大20%還元を受けられる東武カード

おすすめポイント

  1. 東武百貨店通常利用で最大7.0%還元
  2. 東武百貨店サンクスフェアで最大20%割引優待
  3. 東京ソラマチで最大10%還元
還元率 0.5%~7.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー PASMO

東武百貨店をはじめとする東武系列を利用する人がチェックすべきはやはり東武カードでしょう。

東武百貨店での年間利用額により東武百貨店ショッピングでポイント還元率最大7.0%の他、東武鉄道定期券購入で0.5%のポイント還元を受けられます。提携ホテル割引は最大10.0%、東武グループでも2.0%の還元となり、まさに還元祭り状態。

更に東武百貨店のサンクスフェアでは、東武カード会員のみが受けられる値引きが最大20.0%にもなります。

東京スカイツリーを中心とした東京ソラマチも値引きやポイント還元対象になっているので、ショッピングだけでなくレジャーにも有力な一枚です。

人気ファッションビルでお得なクレジットカード6選

パルコやルミネなど女性に人気の高いファッションビル。
駅チカにあることもあり、通勤通学の途中で日常的に利用している人が多いですよね。

大きな金額のお買い物をすることは少ないかもしれませんが、日々の利用を積み重ねることで大きなお得に繋がります。

また、ファッションビル系のクレジットカードはポイント還元はもちろん、カード会員限定の超特価セールも多数ありますので、持って損しないクレジットカードになります。

パルコのショッピングならPARCOカードで最大還元率7.5%

PARCOカード

おすすめポイント

  1. パルコでショッピング利用すると最大還元率7.5%
  2. 年に数回開催される会員限定セールで最大還元率10%
  3. 貯まったポイントはパルコで1ポイント1円として使える
還元率 0.5%~7.5%
年会費 無料
※券面カラーゴールドのPARCOカードアメックスは3,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメックス
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※楽天Edy、nanacoはポイント付与対象外

2019年10月にリニューアルしたPARCOカードは、パルコで利用すればするほど還元率がアップするクレジットカードです。

PARCOカードはパルコポイントと永久不滅ポイント2種類のポイントが同時に貯まります。
パルコポイントはパルコでの年間利用額に応じたポイントランクで翌年の還元率が決まり、その最大還元率は7.0%になるので永久不滅ポイントと併せると7.5%。
また、パルコのアプリPOCKET PARCOのマイページに登録するだけでパルコポイントの還元率が1.0%アップします。

貯まったポイントは1ポイントからパルコでのお買い物に利用できるので、交換する商品や使い道に悩むこともなく安心です。

ルミネにはルミネカードでポイントも値引きもOK

ルミネカード

おすすめポイント

  1. ルミネ・NEWoManのお買い物がいつでも5.0%オフ
  2. 年に数回開催のルミキャンなら10.0%の高還元
  3. ビューカードだからSuica機能搭載やチャージも可能
還元率 0.5%~10.5%
年会費 初年度無料/2年目以降953円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー Suica/楽天Edy/SMART ICOCA
※Suica以外はポイント付与対象外

駅ビル型ショッピングセンタールミネが発行するルミネカードは、ビューカード。
ルミネでの高還元はもちろん、Suica機能を搭載すれば通勤通学も更に便利に。

ルミネカードはポイント還元率を抑え、ルミネでのショッピングが直接割引される割引優待が人気。

特に年に数回開催されるルミキャンでは各商品が10.0%オフで購入できます。ルミキャンと無印良品週間が同時開催されると無印良品の商品が19.0%オフで購入できちゃいます。

更にSuicaにオートチャージできる唯一のビューカードでもあり、定期券やSuicaチャージでポイント還元率が3倍になります。

丸井のエポスカードはポイントも優待もお得

エポスカード

おすすめポイント

  1. 年4回のマルコとマルオの7日間で10.0%の大還元
  2. 他社ポイント、マイルなどポイント交換先が豊富
  3. シダックスやモンテローザグループ他の利用で還元率が最大5.0%
還元率 0.5%~10.5%
年会費 永年無料
国際ブランド VISA
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※SMART ICOCAはポイント付与対象外

丸井でお得なクレジットカードとして登場したエポスカードですが、今や丸井以外の提携店でのお得が目立ってきていますね(^^)

通常還元率は0.5%と若干寂しさが漂いますが、エポスカード最大の還元祭りはやっぱり年4回開催される「マルコとマルオの7日間」でしょう。
通常値引きにならないブランド物などほとんどの商品が10%オフで購入できます。

また、若者に人気のカラオケ店や居酒屋、家電量販店など常にポイントが2倍~10倍(還元率1.0%~5.0%)になるのも大きな魅力です。

ビブレは同グループ発行のイオンカードセレクトがお得

おすすめポイント

  1. 毎月末2日間開催のサティ・ビブレカード会社デーで5.0%還元
  2. 毎月5のつく日はポイント還元率が2倍
  3. カウンセリング化粧品がいつでも10%オフ
還元率 0.5%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー WAON/モバイルSuica/SMART ICOCA

サティ・ビブレカードが統合によりイオンカードセレクトになりましたが、サティ・ビブレカードの特典はそのまま。

通常還元率は極々一般的ですが、イオンカードセレクトの還元は限定日のセールやポイント倍率アップがメインです。

高額なカウンセリング化粧品がいつでも10%オフは女性に嬉しい還元ですよね。

ミロードでOPクレジットを使えば最低還元率5.0%

おすすめポイント

  1. ミロードでクレジット利用すると最低還元率5.0%
  2. パスモオートチャージ利用でも最大7.0%のポイント還元
  3. 小田急百貨店など多数の小田急ポイントサービス加盟店でポイントアップ
還元率 0.5%~10.5%
年会費 初年度無料/2年目以降500円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/PASMO/SMART ICOCA

2019年3月から券面デザインが爽やかに一新したOPカード。小田急グループのミロードだからOPカードがお得なんです。

ファッションビル系のクレジットカードの多くは特定日の限定セールをクレジットカード還元の目玉にしていますが、ミロードは別。
いつでもミロードでショッピングすれば最低5.0%のポイント還元を受けることができます。

日にちを選ばず、自分のペースで使いながらしっかりポイントも貯まるのが嬉しいですね。

ラフォーレ原宿が超お得になるラフォーレカード

おすすめポイント

  1. ラフォーレ原宿、グループ施設利用で最高還元率3.0%
  2. 年数回開催のフェアで10.0%~12.0%還元
  3. 駐車場料金他、ラフォーレ原宿館内での特典が豊富
還元率 1.0%~3.0%
年会費 無料
国際ブランド Master card
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA

今も昔変わらず人気のファッションビル、ラフォーレ原宿のラフォーレカード。

ラフォーレカードはラフォーレ原宿以外の利用でも還元率が1.0%とポイント還元率をしっかり高め設定している高還元カードです。

特にラフォーレ原宿やグループ施設の利用では月曜日~土曜日が還元率2.0%、日曜日は3.0%まで持ち上げてくれます。
集客目的で平日に還元率を高くされるより気持ちいいですよね!

家電量販店おすすめのクレジットカード6種を比較

家電量販店は高額な生活必需品を多く取り扱っているため、還元率の高いクレジットカードを利用して少しでも安くお買い物したいですよね。

大手家電量販店のほとんどが高い還元率のクレジットカードを発行しています。しかし、中には還元率が低く他の特典を強化しているカードもあるので、しっかりと比較検討する必要があります。

還元率に重点をおいた本当にお得なクレジットカードをチェックしてくださいね!

ヤマダ電機はヤマダLABIカードよりヤマダLABI ANAマイレージクラブカード

おすすめポイント

  1. ヤマダ電機で利用すると最大還元率10.5%
  2. どこでもヤマダポイントと永久不滅ポイントの2重取り
  3. 前年度1回でも利用していれば年会費も口座維持手数料も無料!
還元率 1.0%~10.5%
年会費 初年度無料/2年目以降500円(税抜)
※前年度利用あれば無料
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA

家電量販店系クレジットカードの中では若干還元率が見劣りするヤマダLABI ANAマイレージクラブカード。
とはいえ、他のクレジットカードを利用するよりはポイント還元率が2%ほど高くなるため、ヤマダ電機を利用するのであればヤマダLABI ANAカードを持つべきでしょう。

ポイントは常にヤマダポイントと永久不滅ポイントが2重で貯まりますが、永久不滅ポイントは200ポイントごとに1000ヤマダポイントに交換できます。

ヨドバシカメラで還元率11%はゴールドポイントカードプラスだけ

おすすめポイント

  1. ヨドバシカメラで利用するといつでも還元率11.0%
  2. 地味だけど大きい!ポイント付与対象が消費税込み金額
  3. ヨドバシカメラ購入商品が90日間100万円補償付
還元率 1.0%~11.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA
電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA/楽天Edy/nanaco
※楽天Edy、nanacoはポイント付与対象外

最高還元率11.0%は家電量販店のクレジットカードとしては標準的でしょう。

しかし、ヨドバシゴールドポイントカードプラスはポイント付与対象金額が消費税込み金額なんです。
これ、地味ですが高額商品の多い家電量販店ではかなり大きな差がでます。

更に通常ポイントは利用から反映まで時間がかかることが多いですが、ヨドバシゴールドポイントカードプラスは即反映するので、大物を購入した後で小物をポイント購入なんてこともできちゃいます!

ビックカメラのクレジットカードNo1はビックカメラSuicaカード

おすすめポイント

  1. ビックカメラで利用すると10.0%の高還元
  2. ビックカメラSuicaカードとSuicaを併用すれば還元率11.5%
  3. ビューカードだからVIEWプラス対象商品はポイント3倍コメント
還元率 1.0%~10.0%
年会費 初年度無料/2年目以降477円(税抜)
※前年度1回以上の利用で無料
国際ブランド VISA/JCB
電子マネー Suica/楽天Edy/nanaco/SMART ICOCA/SAPICA
※Suica以外のチャージはポイント付与対象外

家電量販店とは名ばかり?!今や家電だけでなく食品、酒類、貴金属と何でも揃うビックカメラをお得に利用できるのはビックカメラSuicaカードしかありません。

ビックカメラSuicaカードはビューカードの仲間なので、ビックカメラの他JR関連商品も高い還元率で利用できます。

ビックカメラSuicaカードからチャージしたSuicaをビックカメラで利用すれば、両方の還元率を合計して11.5%の超高還元率になります。

ソフマッププレミアムCLUBカードならソフマップで還元率10%!

おすすめポイント

  1. ソフマップでの利用で基本還元率10.0%
  2. 貯めたポイントをビックカメラでも利用できる
  3. 最長36回払いまで金利0%
還元率 0.5%~10.0%
年会費 初年度無料/2年目以降980円(税抜)
※ソフマップで年1回以上利用もしくは、月額サービス利用者は無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA

ソフマップをよく利用する人は持って損はないソフマッププレミアムクラブカード。
一部改悪した点などもあるものの、重要な還元率は昔と比較して他店と同じくらいまで持ち上げています。

但し、基本還元率が10%になっていますが、一部ポイント付与対象外商品などもあるため、購入前にしっかりと確認をしないとレシートを見てビックリ!なんてこともあるので注意しましょう。

エディオンで還元率を重視するなら無難なリクルートカードに

おすすめポイント

  1. 基本還元率がエディオンカードより高い1.2%
  2. リクルートカードと楽天Edy併用で最大還元率6.7%に
  3. ポイントの使い道が豊富
還元率 1.2%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべての電子マネーチャージ合計30,000円まで

エディオンといえばエディオンカードと言いたいところですが、還元率でみるのであればエディオンカードよりもリクルートカードにすべきです。

エディオンカードは無料長期保証が付くという大きな特典はあるものの、還元率は1.0%と家電量販店のクレジットカードとしてはあり得ない低さです。

その点、リクルートカードで楽天Edyにチャージし、楽天Edyで支払えばリクルートカードのポイント、楽天Edyのポイントを貯められ、更に電子マネーの場合はエディオンポイントカードもポイントが付くので最大還元率が6.7%にもなるんです。

ジョーシンをメインで使うならジョーシンクレジットカードがベスト

おすすめポイント

  1. 商品ごと指定の現金同率ポイントが還元される
  2. 有料の長期修理保証加入料が2.0%引き
  3. 分割払いが最長8円96回まで可能
還元率 0.5%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA

ジョーシンは商品ごとにポイントが決まっているため、ポイント上限が出せませんが、他社クレジットカードで決済するとポイント還元率が下がるところ、ジョーシンクレジットカードであれば現金同率の還元率になります。

ただ、それだけではつまらないですよね(^^)
なので、電子マネーチャージ鉄板のリクルートカード(1.2%)+楽天Edy(0.5%)+ジョーシンクレジットカード(指定還元率)提示をおすすめします。

年会費無料なので決済で利用せず、提示するためとして保有するのもありですよね!

薬局やドラッグストアがお得になるクレジットカード6選

みなさんは薬局やドラッグストアで何を買っていますか?

近年、ドラッグストアの取り扱い商品がコンビニやスーパーのようになり、薬だけを購入する人は極めて少ないのではないでしょうか。

特に台所雑貨や日用品が安く売られていることが多いので、主婦や一人暮らしの人はとても重宝する存在でしょう。

今まで薬局やドラッグストアは現金とポイントカードの取り扱いが多かったですが、最近はクレジットカード決済ができる店舗が増え、それに伴いお得に使えるクレジットカードも出てきました。

それぞれの薬局やドラッグストアでお得なクレジットカードを探してみましょう。

JALカードなら特約店のマツモトキヨシが4倍お得に

おすすめポイント

  1. 特約店のマツモトキヨシで使うと還元率が2.0%
  2. ショッピングマイル・プレミアムなら還元率4.0%
  3. 貯めたマイルはマツモトキヨシギフトカードに交換可能
還元率 0.5%~4.0%※1マイル1円換算
年会費 初年度無料/2年目以降2,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card
電子マネー 楽天Edy/JMB WAON/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※JMB WAON以外はポイント付与対象外

マツモトキヨシには還元率2.0%のマツモトキヨシメンバーズクレジットカードがあります。
しかし、残念ながらJAL普通カードでショッピングマイル・プレミアムに入会すれば還元率が倍の4.0%になるんです。

マイルは1ポイントあたり1円以上の価値がありますので、飛行機に乗る人はマイルとして利用することをお勧めしますが、飛行機乗らない人は1マイル1円相当としてマツモトキヨシギフトカードに交換できるので、安心です。

ウエルシアはYahoo!JAPANカードJCB+nanacoでポイント3重取りを

Yahoo!JAPANカード

おすすめポイント

  1. nanacoチャージポイント、Tポイント、nanacoポイントで3重取り
  2. 毎週月曜日にTポイント還元率2.0%
  3. 毎月20日はTポイントの価値が1.5倍になる
還元率 1.0%~3.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA/nanaco(JCBのみ)

ウエルシアはTポイントを貯めて使えるドラッグストアなので、Tポイントに強いクレジットカードがおすすめです。

また、nanaco決済が可能なので、Yahoo!JAPANカードからnanacoチャージで還元率0.5%、nanaco払いで還元率1.0%、更にYahoo!JAPANカードをTカードとして提示し最大還元率2.0%となり、合計3.5%還元になるんです。

更に貯めたTポイントを20日にウエルシアで利用すればその価値が1.5倍になるので、実質還元率は更にアップします。

サンドラッグクレジットポイントカードならサンドラッグで還元率2.5%

おすすめポイント

  1. サンドラッグで利用するといつでも2.5%の還元率
  2. サンドラッグ以外の利用でも1.0%還元
  3. ラブリィポイントは様々なポイント、商品、マイルと交換可能
還元率 1.0%~2.5%
年会費 無料
国際ブランド VISA/JCB
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA

ドラッグストアで電子マネーなどを駆使することなく、クレジットカード1枚で還元率2.5%と嬉しい高還元カードです。

サンドラッグクレジットポイントカードは「サンドラッグポイント(1.0%)」「プレミアムポイント(1.0%)」「サンドラッグクレジットポイント(0.5%)」「ラブリィポイント(0.5%)」の4種類のポイントを貯めることができ、それぞれに使い道が用意されています。

ラブリィポイントはサンドラッグに関係なく、他のポイントやマイル、商品にも交換できるのでサンドラッグにこだわらず利用できるのも嬉しいですね。

ツルハドラッグのショッピングが最大5.5%還元のツルハドラッグカード

おすすめポイント

  1. 毎月1日、20日はツルハドラッグで5%オフ
  2. 毎月10日はイオン・ツルハドラッグ以外でポイント2倍
  3. 貯めたポイントはWAONに交換してツルハドラッグで利用可能
還元率 0.5%~1.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB
電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA
※SMART ICOCAはポイント付与対象外

イオングループのツルハドラッグはクレジットカードもイオン系のため、ツルハドラッグの他イオンでもお得に使えます。

ただ、ツルハドラッグが独自に発行しているポイントカードの還元率は最大3.0%になり、ポイントカード提示で毎月10日の5%オフも受けられるため、合わせると最大8.0%の還元率になるんです。

無理にツルハドラッグカードを作らなくても、他の還元率が高いクレジットカードとポイントカードの併用で十分にお得に利用できてしまいますね(^^;

ココカラファインはココカラクラブカードとセゾンカードの併用で

おすすめポイント

  1. プリペイド払いでポイントとキャッシュバック併せて最大2.0%の還元率
  2. 毎月10日、25日はキャッシュバック還元率が1.0%
  3. セゾンカードからプリペイドチャージでポイント2重取り
還元率 1.5%~2.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA
電子マネー

ココカラファインは他の薬局と異なり、独自のプリペイドカード「ココカラクラブカード」を導入しています。

ココカラクラブカードはココカラファインで利用すると1.0%のポイントが貯まるほか、ココカラファイン利用金額の0.5%~1.0%がキャッシュバックされるW還元なんです。

各電子マネーも利用できるので、クレジットカードでチャージした電子マネーを利用する手段もありますが、キャッシュバックの魅力を取ってココカラクラブカードをおすすめします。

カワチ薬局はCawachi Group Cardでポイント2重取り

おすすめポイント

  1. カワチ薬局で利用すると最大2.0%の還元率
  2. 選べる2コースでポイントの使い道や還元率が変動
  3. 薬局系クレジットカードで傷害保険付帯
還元率 0.5%~2.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
※年1回以上の利用で無料
国際ブランド Master card
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART

018年11月に誕生したCawachi Group Cardは、経済ニュースに掲載されるほど注目を集めました。

大きな特徴はポイントプログラムを「カワチショッピングチケットコース」「暮らスマイルコース」から選べる点。

貯まったポイントをカワチ薬局のショッピングチケットに交換できる「カワチショッピングチケットコース」は、基本還元率1.0%と誕生月にポイント2倍。
ポイントを様々な商品に交換できる「暮らスマイルコース」は基本還元率を0.5%に抑え、年間利用金額に応じて翌年の還元率をアップさせるタイプ。

「暮らスマイルコース」で獲得したポイントをオリコポイントに交換すれば、更に各共通ポイントやマイルにも交換できるので安心です。

あの人気ショップがお得になるクレジットカード7選

アウトレットやショッピングパーク、コストコや専門店などまだまだ多くのショップで高い還元率を誇るクレジットカードがあります。

どんなショップでも虜になると何度でも利用したくなるもの。
そして何度も利用するのなら、絶対そのショップに強いクレジットカードを持つべきです。

ここでは特に人気の高いクレジットカードを集めてみました!

ららぽーとや三井アウトレットパークは三井ショッピングパークカードセゾン

おすすめポイント

  1. 全国の三井不動産グループ施設で還元率2.5%
  2. 特定施設の駐車場が無料になる
  3. スペシャルメンバーになると限定イベントやポイントプレゼント
還元率 0.5%~2.5%
年会費 永久無料
国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメリカン・エキスプレス
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART

三井ショッピングパークカードセゾンは三井不動産グループの商業施設でお得に使えるクレジットカードです。
三井不動産グループは「三井ショッピングパーク」や「ららぽーと」「三井アウトレットパーク」「コレド」など日本全国に展開しているため、お世話になることが多いでしょう。

ポイントは三井ショッピングパークポイントとセゾンカードの永久不滅ポイントをWで貯めることができるので、使い方も自由に選択できます。

また、年間税込30万円以上利用した会員は三井ショッピングパークスペシャルメンバーとなり、利用額に応じたプレゼントポイントがもらえたり、メンバー限定の10%オフセールに招待されるなど多くの特典を受けられます。

無印良品で還元率1.8%!さらに年5回10%オフになるMUJIカード

おすすめポイント

  1. 無印良品でポイント還元率1.8%
  2. 年数回開催の無印良品週間で還元率10%オフ
  3. 年3回無条件で500円相当のポイントプレゼント
還元率 0.5%~1.8%
年会費 無料
国際ブランド VISA
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA

みんな大好き無印良品!(と勝手に思っている運営者です)
無印良品は無印そのものがブランド化し、けっこう良いお値段しますよね。
そんな無印良品のショッピングをお得にしてくれるのがMUJIカードです。

MUJIカードならいつでも無印良品のお買い物で還元率1.8%に加え、例年5回ほど開催される無印良品週間では10%オフでお買い物できます。

また、年会費無料で年間3回合計1,500円相当のポイントがプレゼントされるので、持っているだけで毎年1,500円のお買い物ができちゃうんです。

コストコのショッピングで還元率1.5%のコストコグローバルカード

おすすめポイント

  1. コストコのショッピングで還元率1.5%
  2. 貯まったポイントは電子マネーとしてキャッシュバック
  3. 海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付帯
還元率 1.0%~1.5%
年会費 無料
国際ブランド Master card
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART

運営者の私も保有しているコストコヘビーユーザーにはなくてはならないコストコグローバルカードです!

コストコは量が多い分、それぞれの金額もそこそこなので1回の利用で数万円ということも珍しくありません。

そんな中、コストコ利用で還元率1.5%もさることながら、基本還元率も1.0%とメインカードとしても利用できる高め設定なのが嬉しいですよね。

貯まったポイントは毎年2月にコストコで利用できる電子マネーとしてキャッシュバックされます。

ビックエコーで最大還元率32.5%のビックエコーエポスカード

おすすめポイント

  1. いつでもビックエコーでルーム料金30%オフor会計総額10%オフ
  2. エポスポイント還元率2.5%
  3. エポスバーチャルカードの利用ができる
還元率 0.5%~2.5%
年会費 無料
国際ブランド VISA
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
※SMART ICOCAはポイント付与対象外

店舗数全国2位の大手カラオケ店ビックエコーとエポスが提携したクレジットカードです。
エポスカード同様に基本還元率0.5%でポイントが貯まる他、ビックエコーではポイントが5倍。
更に、いつでも何回でもルーム料金30%オフか会計総額から10%オフ(ドリンクバー付・飲み放題付の場合のみ)で利用できます。

親カード番号とは別の番号をネット決済に利用できるエポスバーチャルカードは、セキュリティに優れ、還元率も変わらないため利用価値は高いでしょう。

洋服の青山でいつでも還元率9.0%のAOYAMAライフマスターカード

おすすめポイント

  1. 洋服の青山で利用するといつでもポイント還元率4.0%
  2. 洋服の青山で利用すると5.0%割引、誕生月は10%割引
  3. 1年間会員継続で合計3,000円(税込)の商品割引券プレゼント
還元率 1.0%~4.0%
年会費 初年度無料/2年目以降1,250円(税抜)
国際ブランド Master card
電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART

働く人にとって消耗品のスーツや靴を扱う洋服の青山が発行するAOYAMAライフマスターカード。
どちらも安いものではないため、少しでも安く買いたいですよね。

AOYAMAライフマスターカードは値引きとポイント還元率を併せるといつでも9.0%還元。更に誕生月なら14.0%の還元になる超お得なクレジットカードです。

年会費はかかるものの、1年カード会員を継続するごとに3,000円分の商品割引券をもらえるので、年会費分はペイしちゃいます。

LOFTのショッピングは月の週末にLOFTカードがお得

おすすめポイント

  1. 月末の金・土・日実施の3DAYSセールで5.0%オフ
  2. 年数回開催の特別優待期間も5.0%オフ
  3. セゾンポイントモール利用で最大15.0%の還元率
還元率 0.5%
年会費 無料/アメックスのみ3,000円(税抜)
国際ブランド VISA/Master card/JCB/アメリカン・エキスプレス
電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※楽天Edy、nanacoチャージはポイント付与対象外

永久不滅ポイントで知られるセゾンカードが発行するLOFTカード。
月末の3DAYSセールの10%オフが大きな魅力でしたが、残念ながら2019年3月より改悪し、割引率が5.0%に。
それでも他のクレジットカードを利用するよりは十分にお得です。

セゾンカード発行のクレジットカードなので西友やLIVINのショッピング割引もありますが基本還元率が高くないため、LOFT専用のサブカードとして利用する方が良いでしょう。

ディズニーリゾートはディズニーポイントが貯まるディズニー★JCBカード

おすすめポイント

  1. ディズニー関連で使えるディズニーポイントが貯まる
  2. QUICPay for ディズニー★JCB Cardを保有できる
  3. 選べるディズニーキャラクターカードデザイン
還元率 0.5%
年会費 初年度無料/2,000円(税抜)
国際ブランド JCB
電子マネー anaco/モバイルSuica/SMART ICOCA
※すべてポイント付与対象外

実質還元率が低いにもかかわらず、このページに掲載させていただきましたが、ふざけているわけではないんです(^^;

ディズニー★JCBカードは確かにポイントの換金性で考えると還元率が低いんですが、ディズニーリゾートを含む様々なディズニー関連施設で使えるポイントが貯まるところがポイント。

また、ミッキーをかたどったキーホルダータイプのQUICPay端末「UICPay for ディズニー★JCB Card」はディズニー★JCBカード会員しか持てない超レアアイテムです。

まとめ

せっかくクレジットカードを利用するのであれば、少しでもお得に便利に使いたいですよね。
還元率というとポイントばかりに目を奪われがちですが、お得に使うのであれば直接的な値引きの方が還元率が高い場合もあります。

クレジットカードは一人で複数枚発行することができますが、何十枚も保有することは難しいです。
ショッピング機会の多い商業施設で高い還元率のクレジットカードを見極めて、利用してくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカードDXの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカードDXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ステータス別に比較する還元率が高いクレジットカード27選

  • 発行会社で比較する還元率が高いクレジットカード25選

  • 申込属性ごとに比較する還元率が高いクレジットカード20選

  • 年会費で比較する還元率が高いクレジットカード30選

  • 還元率は電子マネーとクレジットカードの併用で高くする

  • レジャー最強還元率のクレジットカード26枚を徹底比較